ドラマ

なつぞら 92話 動画 7月16日無料フル視聴・見逃したテレビドラマを見る方法

なつぞら動画第92話7月16日無料フル視聴・見逃したテレビドラマを見る方法

なつぞらNHK広瀬すずさん連続ドラマを見逃した時や見逃した場合などのときや再放送を見逃し配信で視聴可能なサイトを紹介しています

なつぞら(NHK朝ドラマ)が放送されますが

7月16日放送日まで見逃した買いもあるかと思うので、92話7月16日のあらすじと

視聴者アンケートに基づいてこれまでの印象に残ったエピソード(ネタバレ、感想など)を紹介します

NHKの連続テレビ朝ドラマ『なつぞら』の第92話が放送されています。

 

放送地域にない、見れない方は(下記リンクにて)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

なつぞら 動画 92話無料
 

なつぞら 92話のあらすじ

 

 
日曜日、雪次郎(山田裕貴)の住む安アパートを訪ねたなつ(広瀬すず)と夕見子(福地桃子)は、3人で映画を見に行くことに。映画を鑑賞した帰り道、なつは久しぶりに川村屋に立ち寄る。川村屋では光子(比嘉愛未)が出迎え、なつは光子に咲太郎(岡田将生)の近況を報告。咲太郎が新しい会社を始めた背景に、なつの存在があると光子は3人に話す。すると突然、あることを相談したいと夕見子は光子に話しを持ちかけ…。

なつぞら 第92話動画まで視聴したネタバレや感想など

なつぞら 92話/7月16日放送分感想

戦争孤児となった主人公の夏が東京から北海道へ行き、そして大人になって再び東京に戻ってきました。幼い頃に生き別れていた兄や妹の安否もわかり、戦後の混乱の中でも強く生きる一人の女性を演じるなつが愛おしく感じます。

なつを演じている広瀬すずさんがかわいくて、毎日見とれています。そして幼馴染の男の子役に吉沢亮さんが出演され、最近では吉沢亮さんが北海道でお嫁さんを貰って吉沢ロスといった感じで切ないです。

なつの兄は岡田将生さんや中川大志さんが出演され、イケメンパラダイス状態のドラマで、朝から目のほようで見ていてうっとりします。イケメンはいつ見ても心が癒されます。漫画映画を作っているなつは、常に前向きで今まで一人で生きて生きたので強い女性です。周りの人たちはいい人ばかりで、支えられているヒロインのなつを見ると、こちらも力をもらいます。

物語はそろそろかきょうに入りかけています。なつの恋の行方が気になります。中川大志さん演じる監督の一久とかなりいい感じになっており、もっと二人が積極的になればすぐにでも恋に発展しそうです。

そして漫画映画だけではなく、北海道の酪農も気になり、なつが妹と再会できるかも気になります。

『なつぞら』の少女時代にはなつの辛くても健気に頑張っていた状況をみて、柴田家でどう生活していくのか我が子のように見守って毎回ハラハラドキドキして観ていましたが、広瀬すずさんの成人した時代を受け入れれるのか自分自身少し不安でしたが、すっかりアニメーターとして東京のど真ん中で人々に支えられながら自立していくなつを興味深く観ていました。北海道での恋を置いてきたなつが結婚した天陽君に受け入れが早く少し驚きましたが、新しい恋が動き始めていたからだと思いました。

なつの妹の千遥ちゃんの動向もきになりつつも北海道の姉妹夕見子の駆け落ちなどいろんな登場人物が同時に動いているストーリーにも気が気でないです。

兄の咲太郎が声の俳優事務所を立ち上げ、ムーランルージュを復活できるのかも裏で動いているのだと思います。現代も日本文化になっているアニメーションの先駈けに色んな苦悩があったりクリエーター達の時代背景もとても興味深いです。

あと、ナレーションのなつの父の語り(内村光良)の温かい雰囲気や少し噴出してしまうような内容も楽しみにしているところです。

北海道、東洋映画の製作所、新宿の人々とそれぞれに登場人物との繋がりがハッキリ入り組んでとても奥深い舞台なので面白いです

。戦後の日本に色々な人が色々な事に一生懸命に生きて前に前に進んでいく様子が朝から元気になるドラマだと思いました。

広瀬すずさんの演技力

主人公を演じているのは、広瀬すずさんで、朝ドラらしい素敵な配役ではないでしょうか。

最初の北海道編においては、なつ役を子役が演じていましたが、この子役も健気で可愛いくて元気な女の子で好演しておりましたが、やはり大きくなり有名な広瀬すずさんが演じているとまた違う意味で華やかな作品になってしまうものです。

なつの新しい家族もとても優しい人たちでなつも良い家族の元に行けて良かったなと思いました。そしてなつも成長して自分の夢を追いかけようと東京に向かいます。

そこには新しいキャラクターも登場しますし、北海道編とはまた違う困難もありました。

そしてなつの実の兄貴が登場するなど波乱の展開が待っていましした。

なんやかんやとトラブルに巻き込まれるなつでしたが、無事アニメーターの仕事に就くことになりました。

が次回予告においてやはりアニメーターの仕事は大変でこれからもなつにとっては波乱万丈が待ち受けているのではないでしょうか。

今回のドラマは舞台が2つあるのが特徴ではないでしょうか。最初は北海道編、そして今は東京編になっています。

このように同じ舞台ではなく場所が変わることで飽きませんが雰囲気がガラリと変わるので好き嫌いが分かれるところです。

警察沙汰にも

本作のヒロインでもある、なつを演じているのは広瀬すずさんで、その周りの家族が、松嶋菜々子さんなどかなり豪華な俳優さんが出演されています。

中でも広瀬すず演じるなつの周りに集まっている男子もかなりのイケメン俳優さんばかりになっています。

なつの同級生を演じているのは、今1番人気の俳優さんである吉沢亮さんが演じており、なつの兄貴役を岡田将生さんが演じています。しかしながらこの兄貴は本当に妹の足を引っ張ります。

北海道編においては兄貴は登場しておらず、東京編に舞台を移してから登場しました、しかしその時からも警察沙汰になったりトラブルを巻き起こしていましたが、それよりもなつには小さい頃からの夢があり、漫画映画を描きたい夢がありました。

その為、北海道から上京してきたのでした、そしてそこでアニメーターの仕事を目指して頑張るのですが、そこでアラタさん演じる役の人に出会えて、なつは評価されて一緒に働いてみないかと言われ、そこの就職試験を受けるのですが試験に落ちてしまいます。

採点を担当したアラタさんの役は必ず合格しているはずだと思っていたのでしたが、実は兄貴が社長になつの事をお願いしていたのですが、社長は兄貴の職業に不安だったのでした。

根はとても優しい兄貴なのですが要領が悪いのです。

心配してくれる人

千遥の境遇を思い、涙するなつ(広瀬すず)。その頃北海道で苦しそうに目を覚ます富士子ちゃん(松嶋菜々子)。

心配する剛男さん(藤木直人)に、富士子ちゃんは子供の頃のなつが一人で泣いてる夢をみたと言うんですよね。

母と娘、繋がってますね。そこで剛男さんは、大丈夫だよと声をかけるわけです。

もう子供じゃないだからと優しく安心させる夫。こういう時、眠いから気がついても無視する旦那さんて結構多そうな気がするんですよね。剛男さんらしいです。

そして泰樹(草刈正雄)も布団に寝転がっているけど、目はあいていました。

この人もまた、なつを心配しているんだろうなと思えましたね。

涙するなつ、東京の家族だけでなく北海道でも皆が心配してくれているんですね。

咲太郎(岡田将生)はなつに千遥のために描くんだと、またなつに前を向かせられました。

けれどやはり咲太郎も当然辛いんですよね。

なつがいなくなった時の涙が。兄として無理して振る舞ってなつを励まそうとしていた咲太郎。

なつが出掛けたら咲太郎に、「あんたも寝てないんでしょ、偉かったね」と。

さすがずっと咲太郎の母親がわりですね。

寝てない事も察しているし、偉かったねと誉めて泣く咲太郎の背中をさする姿は母親そのものといえそうです。

咲太郎にもこうして本音を出せる、無理せず甘えられる人がいるんですよね。

すごい新人

朝ドラのヒロインの出会いを観てきてると、気になる青年坂場さん(中川大志)との出会いがなつ(広瀬すず)の将来の結婚相手との出会いになるのだろうかと思えてしまう。

天陽くん(吉沢亮)と結ばれるというのは希望を持てないかもしれないし、そうなるとノブさん(工藤阿須加)なのかなとも思ってました。

でもこの感じは坂場さんなのかも?それとも仕事に対しての大きな影響だけで終わるのでしょうかね。

なつのあの感じは鵯越の坂落しを分かってないですね。

牛若丸においての重要な事を分かってないとか心配になりますよ。

知ったかぶりする素振りはイヤーな感じで、無知なのにプライド高いという。

皆の優しさが際立つシーンでもあり。もう少しテーマになる牛若丸の事を勉強はしていてほしい…。

麻子さん(貫地谷しほり)や坂場さんのような人がいないとなつはぬるま湯につかって、人間として成長がなくなるっぽい人物に思えちゃう、悪い意味での図々しさが目だってしまうから、やっぱりこういう人が出てくると引き締まるし面白くなるし良いですね。

なつが反論しようとすると、さらにこたえにくい問題点を提示してくるような坂場さん。そこに悪気はまるでない感じですよね。

描き直すことになったのを知って、プライドの高い絵描き達をよく納得させたと露木さんが驚いてもいましたね。

でも決して坂場さんは描き直してとかダメ出しをしたわけではない。

本人の言うように、ただ分からないから聞いた、それだけのつもりなんですよね。

無自覚に大物ぶりを発揮してってる感じが面白い。

これからも坂場さんの言動は面白いことになってきそうです。

雪次郎の家族が東京に

朝になつが何気なくみた窓の外には、雪月の3人の姿が!これはびっくりしますよね。

北海道からここまで来るのが、この当時はどんなに大変かもなつならよくわかっているでしょう。

今は北陸新幹線という物もあるけど。

とよばあちゃんも歳も歳だし、長旅ご苦労様ですよね。

しかも川村屋も空いておらず、雪次郎の居場所も分からない3人が、お店の前で朝早くおずおずしていたのかと思うと…。

なつをみて嬉しそうに抱きついてくるとよばあちゃんにほっとしますね。

なつの顔をみて嬉しそうなとよばあちゃん。雪次郎の両親は、なつの顔をみて嬉しそうでもあり、複雑そうな顔でもあり。

久々の再会はうれしいけど、今とにかく雪次郎の事があるからのこの表情だよなとちょっと苦い気持ちにもなりました。

まあこのタイミングで3人が来るとなれば、もう雪次郎が菓子職人になるのを辞めることしかないですもんね。

これまで雪次郎は跡取りになることを本人も皆も当たり前の事と思ってきてたのだから、雪次郎からの知らせにはそれはもう驚いたことでしょうね。

3人の境遇を思うと、やっぱりこの結果は切ないものもあります。

川村屋に挨拶するのはスジだと言ってたけど、家族3人で土下座はマダムもまいってしまいますよね。

しかも一人はおばあちゃんだし、立ち上がる時も辛そうにしてたし。

会わせてやれないこちらが申し訳ない、とお互いに申し訳なくなっている図。

冷静な野上さん(近藤芳正)は、土下座にもやると思いましたと一人だけ落ち着きはらってましたね。

マダムの事を雪之助がお嬢さんと呼ぶとすかさずマダムと訂正してきたり。野上さんは何があっても野上さん。

ついに完成

階段から落ちそうになってるなつ(広瀬すず)、何回みせられるのコレと思ってたし、今回なつが腕を何周まわしたのかまで気になってくる程のグルグル。でもこのグルグルの動きが、今まで悩んで苦戦してた作画のヒントになったからだったわけだ。

坂場さん(中川大志)の前でもグルグル、描いてるときには謎のイメージ映像もはさみ。ここの笑顔を観たとき、姉の広瀬アリスさんに似てるなぁと思った。

その出来上がった動画をみて、笑い出して面白いと喜んでくれた下山さん(川島明)。

おお、こんな反応はそうは引き出せないのでは?

馬を普段使いの移動手段にしてたなつは、この職場の誰より馬の動きには強いはずなのになと思ってたけど、かえってそれが無意識にリアルな動きに忠実になってたとかもあるのかな。

それが手をまわしてひらめいて、残像をそのまま描くという手段に繋がったんだよね。

あの麻子さん(貫地谷しほり)も面白いと思うわと笑顔をみせ…ツンデレキター!

麻子さんからこんな言葉と表情を引き出せたって事は相当良い手応えを感じちゃうよね。

といっても、色のつけ方次第でやってみないと分からないというのが正直な感想とも言われてしまう

。ここを色づけするときはちょっと口出ししたいよね。

って、もしかしてその色をつける時に仕上げ課にいるももっち(伊原六花)が活躍?

しかーし、露木さん(木下ほうか)は前足を4本描いた作画に怒り心頭!描いた人はもちろん、こんなものを許した人がいるのは問題と大層お怒りのご様子。

許したのは自分だと下山さんが名乗ると、麻子さんも。そして仲さん(井浦新)や井戸原さん(小手伸也)までが良いと思ったと許した事を口にして露木さんの前に。

てゆーか堀内くんや茜ちゃんも、作画課の皆が賛同して立ち向かってる雰囲気に。ここで坂場さん笑ってたんだよね~。

露木さんもさすがに仲さん達までとなるとならやってみるかとなるのね。はー、やっぱ信頼されてるんだなぁ。

この作画に色がついて、映画になったシーンを早くみてみたいですね!

雪次郎の乱の終わり

雪次郎(山田貴裕)にバタークリームでケーキを作ることを言い渡した雪之助(安田顕)。

これができたら認めてやるっていう感じ、あぁなんか朝ドラっぽいかも。雪次郎がしっかりケーキを作っていく姿に、見守る皆が笑顔になったりしてる中一人険しい顔のお父さん。この2年間しっかりやっていたかどうか、真剣に細かくチェックもしていたのよね。とよばあちゃん(高畑淳子)とお母さん嬉しそう。

息子の、孫の頼もしくなった姿は嬉しかろう。

2年間毎日しっかり真面目に修行して頑張って学んでいたってこと、食べる前にも伝わってきただろうな。

しかし出来あがったロールケーキのまあ美味しそうなこと。でもバタークリームなんだよね。

今日ロールケーキ買おうと朝から思った人絶対いっぱいいるわ。

見事合格した雪次郎!やったね。

この日食べたロールケーキの味は皆にとっても忘れられない味になっただろうねぇ。

こうして幕を閉じた雪次郎の乱。

夢を家族が認めて応援してくれるという最高の形で。

これからは役者人生の幕が上がるのね。

いくらでも諦める事ができる、生れた場所がある、何があっても恥ずかしがらずに帰ってこい、という父親のセリフもジーンときちゃったなぁ。

逆にこの言葉で、この先苦しいときでももう少し頑張ろうって思えるんじゃないかと思った。

とよばあちゃんは負けるのも人生の味、お母さんからはいつでも待ってるって言葉。

やる前からダメだった時の事ばかり言われて、そったらこと待つなよと涙の雪次郎。

うんうん、こんなの泣いちゃうよね~。ごめんとありがとうを言う雪次郎に泣けた。

お父さん、酔ったとよばあちゃんに私の夢背負わせて苦労ばかりかけて悪かったと泣きながら言われたのもたぶんすごくあったと思う。

あのシーン泣いちゃったよ。

3人は北海道に帰ったけど、雪月から雪次郎をずっと応援してるんだろうね。

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

なつぞら 動画92話無料