ドラマ

ヤヌスの鏡 動画 1話/ リメイク 桜井日名子(公式)2019年無料視聴FODオリジナルスピンオフ

ヤヌスの鏡 リメイク 動画 1話桜井日名子(公式)2019年無料視聴FODオリジナルスピンオフ

 

2019年8月16日24時から『ヤヌスの鏡のリメイク版の動画配信』がFODで動画配信されます

 
当サイトでは

① ヤヌスの鏡の無料動画視聴第1話
や視聴者の感想などまとめた記事になります。

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ヤヌスの鏡 リメイク 動画 1話
 

ヤヌスの鏡 リメイク 1話/番組内容

 
桜井日奈子さんの主演で、FODオリジナル連続ドラマ『ヤヌスの鏡』の制作が決定して、8月からフジテレビの動画配信サービスであるFODにて配信されることが決まっています。

こちらのドラマは以前放送されたドラマのリメイクになっており、前回の放送からなんと34年ぶりになっています。

1981年から1982年に『週刊セブンティーン』にて連載されていた同名漫画が原作になっており、1985年にフジテレビでドラマ化されて、今回は34年ぶりにの時を経て再び映像化されることになりました。物語は、厳格な家庭に育つ優等生の高校生である小沢裕美(ヒロミ)が、ある日、鏡台を見つけたことをきっかけにして、ユミという全く別の人格を持った不良少女に変貌してしまう姿を描いたサスペンスドラマになっています。

主演の桜井日奈子さんは、この難しい役どころになっている主人公の大人しい優等生のヒロミと夜の繁華街に現れる不良少女のユミという正反対の人格を演じ分けるようですので、彼女の女優としての真価が問われる大事なドラマになっているのではないでしょうか。

主演の桜井日奈子さんは、2014年に「岡山美少女・美人コンテスト」で「美少女グランプリ」に選出されています。

 

ヤヌスの鏡 キャスト

 

桜井日奈子
白洲迅
塩野瑛久(男劇団 青山表参道X)
仁村紗和
森マリア
萩原聖人
国生さゆり

 

視聴者の感想

 
1980年代に放映された人気ドラマ『ヤヌスの鏡』がリメイクされて現代版として放映が決定していて、FODオリジナル連続ドラマ『ヤヌスの鏡』として再びテレビにカムバックしてくるため、これは楽しみであったりします。こちらの作品はもともと1981~82年に「週刊セブンティーン」にて連載していたものであり、漫画版も販売され多くのシェアを獲得しつつ読者もかなりいたものとなっています。1985年に実写化されドラマ版として放映され、こちらも大きな人気を集めた作品となっていたのであります。

その人気ドラマが現代版としてリメイクされたため、オリジナルの要素も多少含まれている部分がありそうな感じがします。キャストも少しずつ公開されていて、既に主要キャラたちは出演者の情報が明らかとなっていて、主役は若手人気女優の桜井日奈子さんが演じることになっています。

他にも白洲迅さんと国生さゆりさんの出演も決定されているため、こちらも話題を呼んでいたりします。リメイク版となっているため、旧作版のストーリーと原作版のストーリーをしっかりと受け継いでいたりするかと思いますが、現代版としてのドラマ『ヤヌスの鏡』となるのでどういった演出がされるか気になるところです。

35年ぶりの復活

これは懐かしいヤヌスの鏡の現代版が約35年振りに復活するのですね。

それだけで、一世を風靡した漫画ドラマが、新しい俳優さん達によってどの様に描かれているのか大変楽しみです。

桜井日奈子さん演じる小沢裕美の心の中には優等生の裕美とは別に不良少女としてのユミが存在しているのですね。

人間誰しも大小はありますが、こういった二面性を持っています。

裕美とユミの落差がどの位のものなのか楽しみです。そして、白洲迅さん演ずる生徒会長の健一は、そんなユミの存在に気付き、助けるのですが、事はそんなに簡単ではありません。

そこには色々な出来事や敵や障害が待ち構えているのです。

でも、それらを一つ一つ解決して行く所にこのドラマの存在価値があるのです。

白洲迅さん、いえいえ、まだまだ学生さんの役は充分にこなせます。

ご心配御無用です。イケメン俳優は若い役も何の違和感もなくこなせるので、羨ましい限りです。
このラストの屋上シーンだけはなんでしたっけ?覚えておりません。

ただ、普通、屋上シーンというと、飛び降りるだとか、危ない場面がつきものですが、こればかりは見てみないと軽々に推測できませんので、テレビでその場面が現れるまて、言葉は悪いですが、楽しみにまちます。

でも、令和の時代になってヤヌスの鏡が見られるとは長生きするかもねですね。

 

原作

原作が人気漫画である「ヤヌスの鏡」!私は1985年にドラマになっているものを少しだけ見ていましたが、今回はそれをまたリメイクして新たなドラマを作り出されたようで楽しみですね!

主人公・小沢裕美が良い子であり続けることに疲れて果て、不良少女ユミを作り出してしまうため、ヒロミとユミの二つの人格に翻弄されるのを、高校の生徒会長である進藤健一が裕美を助けようと行動していくようですが、なかなか上手くいかずにどうすればいいのか悩むようで、かなり見応えがありそうです。

主人公のユミとヒロミの二つの人格を演じるという難しさ!

ここがすごい見どころになりますね。そして二つの人格を統合させていく過程も見逃せないように思います。裕美に対する進藤の気持ちにも注目したいですし、おそらくこの物語すべてが見どころになってしまうのではないかなぁと思います。

「ヤヌスの鏡」はすでにドラマ化されているだけに、過去に見たことがある人がリメイク版をみて、どう思うだろうか?というのもドラマ製作者として危惧されていると思うので、きっとより良いものになっているのではないかと期待しています。是非とも桜井ひなこさんが演じる「ヤヌスの鏡」を見てみたいと思います。

杉浦美幸さん

面白そうな所は、懐かしいドラマをリメイクしている所です。

このドラマは、昭和時代に杉浦幸さんが、主人公を演じていました。

マジメな学生の小沢浩美の時と不良少女のユミの時のギャップが、見どころです。

当時は、浩美の祖母の説教シーンが、印象的でした。

このドラマの時と時代も違うので今回は、不良少女のシーンをそう演出するのかも楽しみです。

主演の桜井日奈子さんは、岡山の美少女として有名な女優さんなのでそこも見どころだと思います。

マジメな優等生の小沢浩美は、清楚なイメージの桜井日奈子さんに似合っていますが、ユミとは、イメージも違うのでどんな風に演じるのか楽しみです。

ユミになる時には、条件が、あったと思うのですが、今回のドラマで何をきっかけにユミになるのかが、興味深いです。生徒会長が、ユミになってしまった浩美を助ける物語ですが、ユミになっている時は、乱暴な口調になっているので話し合いにならなそうですね。

昔のドラマでは、ユミの濃いメイクも驚きましたが、今回もあの濃いメイクをするのか楽しみです。ユミの格闘シーンもあるのでそこも見どころです。

合気道を得意としていたと思うのでケンカは、強かったです。懐かしいドラマのリメイクが、現代では、どんな演出になっているのか興味あります。

まとめ

 

令和VER

現代版としてのストーリーが展開される作品となっているため、オリジナルの要素も多少含んでいそうであります。

こちらの作品はもともとはコミックスで連載していたものが実写化されドラマとして1985年に放映し人気を集め注目を集めた作品となっています。

原作版の『ヤヌスの鏡』をリアルタイムで読んでいた人とか旧作のドラマ見ていた方にとっても朗報かなと思います。『ヤヌスの鏡』はあることがきっかけで二重人格の性格になってしまった1人の女子高校生が色々なアクシデントやトラブルとかに巻き込まれながら、学生ライフを過ごしつつ、異変に気づいた同じ学校に通う生徒会長が彼女を救うために翻弄するストーリーが展開され、それに取り巻く環境とか人間関係もなかなか見ごたえがあったりします。

ドラマ版のほうも原作版の内容をそのまま実写化しているため、リメイク版のほうもどこまで原作版とか旧作版のドラマに近づけているかが大きなポイントになりそうであります。キャストも少しずつ明らかにされていて、既に主人公役と生徒会長役などのキャストは発表がされていて今後も注目を集めるのは確かであります。

シナリオは?

34年前の作品ですのでその時の設定を元にドラマは作られますが、現代にシナリオや演出を直すとほぼ別物になるのではないでしょうか。

リメイク作品ではありますが印象はまったく違ったように見えるかと思います。もちろん主人公の二重人格が起こす悲劇的な話はそのままなのでしょうけど。

かつてのドラマはおなじみのナレーションも話題となりましたが今作ではそれがどういった風になるのかもカと思います。桜井日奈子さん演じる小沢裕美(オザワ・ヒロミ、ユミ)がどういった感じになるかも興味あります。不良少女は当時と現代では捉えかたが違っていますのでそれをどう演じられるのか楽しみです。白洲迅さんが演じる進藤健一も注目でしょう。

ヒロミに恋心を抱いて距離を縮めていこうとしてことで、ヒロミの中にユミという別人格がいることにいち早く気づき彼女を救おうする役柄です。二つの人格とどう向き合っていくのかの葛藤を演じるのはとても難しかったようですが見て欲しいところだと述べています。

旧作とは違いますがラストシーンは今作もかなりの見所となっているようで一番の見所なのではないかと思います。

往年の名作のリメイクですのでやりづらさはあったでしょうが演じている方はすべてかなりの意気込みを持って演じたそうです。

面白いドラマを作ることそれがうまく表現されていることが出来ている作品となっているでしょう。

注目点

現代版の『ヤヌスの鏡』を見れるため、これは1985年版のをリアルタイムでみていた方とかにとっても嬉しい朗報かなと思っています。

キャスト陣は旧作のものとは違い一新されていて、主人公を演じるのは若手の人気女優である桜井日奈子さんが二つの人格を持つ主人公を演じることになっているため、どのような感じの主人公を演じるか楽しみであったりします。

キャストは細かくは明確にされてはおりませんが、徐々に明らかになっていて、既に白洲迅さんと国生さゆりさんは出演が決定しているため、こちらも話題となっているのであります。

ストーリーとしては厳格な家庭に育ちなに不自由なく過ごしている1人の優等生がある日些細なことでトラブルを起こしてしまい、厳しい祖母の対応を受けることになり、閉じ込められた納戸の中で、鏡台を見つけてしまいそれがきっかけとなりもうひとりの人格が憑依してしまい、不良少女に変貌してしまい、それから二重人格者として色々なトラブルとかアクシデントなどをおこしつつ、様々な展開を起こしていってしまうストーリーが展開されていくのであります。

ちなみに「ヤヌスの鏡」は、1981から82年にかけて「週刊セブンティーン」にて連載された宮脇明子さんの人気漫画となっていて、多くのシェアを獲得したものでもあります。

往年のファンとしては

昔放送されていた時に面白くて毎週欠かさすが観ていました。

面白かったのでストーリーはよくおぼえているのですが、今回のドラマもキャスティングが変わっているのは勿論のこと、内容も今の時代に合わせている内容に変更されている部分もたくさんあるのでしょうね。昔このドラマの主題歌も大好きだったので、また主題歌もどなたが歌うのかドラマの内容以外でも楽しみに出来ることがあります。

私の個人的な意見としてはSuperflyさんあたりがパンチのある曲を歌ってくれればこのドラマに合うように思うのですが。

今回の主要キャストのひとりの白州迅さんは最近本当によく色んなドラマに出ておられますよね。

若いけれどすごく男の色気がある俳優さんで今回のドラマでもどのようなキャラクターで演じてくれるのか楽しみです。そしてこのドラマの主役となる小沢裕美(役名)の祖母役はどなたが演じられるのでしょうか?

昔観ていたドラマの祖母役の女優さんはかなりインパクトがあったので、それに負けないぐらいインパクトのある女優さんが演じてくれればなと思います。リバイバル版も今からすごく楽しみで又昔の時と同じようにヒットしてほしいと思います。

総括

そして今回はこのドラマがリメイクされて、主演は桜井日奈子さんが二つの人格を持つ主人公を演じています。

そしてその主人公に恋心を抱く、同じ学校の生徒会長役を白洲迅さんが熱演します。

今回、桜井日奈子さんが演じる主人公キャラクターである小沢裕美(オザワ・ヒロミ)は、性格はおとなしい優等生なのですが、厳格な家庭での生活の中において自分の中にもうひとりの人格である、不良少女ユミが生まれてしまうのでした。

そして白洲迅さんが演じる生徒会長の進藤健一は、そのヒロミの中にユミという別人格がいることに、最初に気づき彼女を救おうする役柄になっています。

今回の注目ポイントと言えば、やはり1985年に放送されていた作品を現代にリメイクすることではないかと思います。この不良少女系の物語は1990年代においてはたくさんありましたが、最近は不良少女という言葉自体を聞くことがありませんので、今回のリメイクではいかにしてそのキャラクターをどのようにアレンジしているのかかなり期待できるドラマではないでしょうか。

  のドラマでは大げさなセリフやナレーションが話題になっており、いわゆる「大映ドラマ」の一つになっていました。しかしながら本放送当時のセリフに一部差別的な表現が使用されており、(「人買い」や「頭おかしい」や「淫らな血」など)が含まれており、発売されたDVDでは、該当箇所の音声を消す編集が行われているなどの当時のドラマとしてはかなり表現が乱暴だった作品ではないでしょうか。

しかしながらそれこそが本作の見どころになっているのではないかと思います。

本作の物語は、普段は真面目で気弱な優等生である裕美が、突然として別人格であり、そして凶悪な不良少女のユミになるのでした、そしてそんな夜の繁華街を我が物顔で闊歩して、暴走族などを相手に大暴れする内容になっていました。そんな裕美とユミの2重人格の姿を通して、誰もが抱える変身願望や多重人格の恐怖を描いたサスペンス調の学園ドラマになっていました。果たして今回のリメイクはどうなるのでしょうか。

強烈な印象を残したドラマだった記憶はある、という事でした。

34年もの年月を経て映像化される点には本当に驚きましたし、令和のヤヌスの鏡の主な出演者が昭和のヤヌスの鏡が放送されていた時にはまだ生まれていなかった点も面白いと感じました。

見ていないだけに先入観は殆どなくまっさらな気持ちで撮影に臨んだと思いますし今回はどのような印象を残すドラマになるのか、以前とストーリーは同じなのか少々違うのか、ストーリーそのものを楽しむ事も勿論、昭和版と比べながらという楽しみもあります。ヒロインの桜井日向子さんは以前からお気に入りの女優さんですのでその点はかなり見たいという気持ちに駆り立てられました。

22歳ですがまだ高校生の制服姿が似合っていて全く違和感がなく見られる点もドラマを壊さないので良い点です。

役柄としては彼女のこれまでのイメージはどちらかと言えば心が穏やかな女性を演じるというものでしたがヤヌスの鏡では2つの顔を持つ女性でしかも両極端ですしこれまでの彼女のイメージからは想像がつかない分、逆にどう演じるのか、特に不良少女の面が出た時の不良ぶりの振り幅がどれほどの大きさになるのかを注目したいです。

遺法動画アップ、リーチサイトはやめよう

今の時代、違法動画を全滅させるという事は非常に難しいのだろうなと思います。

アダルト的な物、人の死に関わるようなものなど、目を覆いたくなるような動画が溢れているように思います。

時には見たく無くても、思わぬ所に貼られていて、勝手に見させられてしまうというような事もあると思います。昔はそこまで深く考えることはなく、「しょうがないか……」と思っていましたが、子どもが生まれてからはとても心配になりした。

スマホに制限をかける事もできるようですが、現代の子であればそのうちそういったものをくぐり抜けて見てしまうのではないか、また縛りつければ縛りつけるほどに、そういった動画に興味が湧いてしまい、見たいと思わせてしまうのではないかと、思ってしまいます。

そういった動画を発信する人たちも、わたしたちのような考えの人が、阻止しようとすればするだけ、くぐり抜けようとしてしまうのではないかと感じてしまいます。本当にいたちごっこのようだなと思います。そういった動画をアップする人の気もしれません。

一体何が目的なのでしょうか。

需要もあるということなのでしょうか。子どもを持って親としては、そういったことがしたいなら、そういう事をしたい人たちだけでしてほしい、子どもたちの目の触れるような所には絶対に掲載しないでほしいと願っています。

ヤヌスの鏡 リメイク 動画 1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunで見れないです

tver(ティーバー・ディーバー)でもみれません

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ヤヌスの鏡