ドラマ

それぞれの断崖 動画 5話/4話ドラマ無料視聴/8月31日見逃し配信/再放送

それぞれの断崖 ドラマ[動画]5話4話ドラマ無料視聴/8月31日見逃し配信/再放送

 

フジテレビで『<オトナの土ドラ>それぞれの断崖【君を一人にはしない!】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

それぞれの断崖 ドラマ見逃し配信5話4話
 

2019年8月31日23時40分からフジテレビで『<オトナの土ドラ>それぞれの断崖【令和最大の大修羅場】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

それぞれの断崖 ドラマ見逃し配信5話
 

それぞれの断崖/5話動画番組内容

 

それぞれの断崖 第5話 予告動画見逃し配信

志方(遠藤憲一)は、はつみ(田中美里)に心惹かれてしまい、自分は恭介(渡邉蒼)の父親だと打ち明けられず苦悩していた。一方、志方家では長女・真弓(仁村紗和)の結婚話が復活したことで久しぶりに家族に笑顔が戻り、仕事上でも新たなプロジェクトに抜擢され、悪いこと続きだった志方の日常は変わり始めていた。しかし、ついに妻・雪子(田中美佐子)に、はつみとの関係を知られてしまう。「あの女は誰?」「言えるような相手じゃない…」さらに、はつみにも偽名を使っていることが露見してしまう。「あなたは一体誰なんですか!?」「俺は…君の息子が殺した志方恭介の父親だ」

テレビドラマ「それぞれの断崖」は。遠藤憲一さん主演のドラマになっており、このドラマの制作サイドが遠藤憲一さんのスケジュールが空くまで、この企画を温めていたと言われる理由がわかる演技をではないかと思います。

やはり主演をされている遠藤憲一さんの演技力に説得力がとてもあるドラマになっており、リアルな物語を更に向上させている展開になっているのではないでしょうか。

このドラマは少年法をテーマにした作品になっており、自分の息子を殺されてしまい、その時の自分のアリバイに不信感があり、警察にも疑われる日々を送り、そしてこの事件に関わっていた犯人は少年法が適応されている年齢になっており、今の日本においては少年法が存在しているので殺人事件を犯したとしても罪にならないのです。

このドラマを見ていて感じてしまうのではやはり少年法が本当に必要なのでしょうかと、視聴している側に考えさせられる内容になっているところではないでしょうか。主演でもある遠藤憲一さんの演技でよりリアルなドラマ展開にもなっているのですが、よりドラマ展開がリアルにありそうなので、深い思いになってしまう作品になっていると思います。今後の展開がとても気になるドラマではないでしょうか。

 

それぞれの断崖 キャスト

 

それぞれの断崖/見逃し配信/遠藤憲一  田中美里  清水大登  渡邉蒼  永瀬莉子  仁村紗和  内田滋  目黒祐樹  /  田中美佐子

 

それぞれの断崖動画5話4話みどころ

 
加害者が嘘を付いていたことを自白して、これまでの謎が解けました。

恭介は自首を進めて、八巻に殺害されてしまいました。

殺す気はなかったと言っても、なぜ刃物を持っているのか?不思議でなりません。八巻は少年院に入ることになり、重い罪になりましたが、それでも2年で出てこれます。

しかし死んだ人間は戻ってこないので、2年は重いとは思いません。

恭一郎は、八巻の母を尾行して家を探すことができました。その後、八巻の母はきれいな衣装に着替えて街に向かいます。

向かった先は、クラブマリーで働いているところも突き止めました。

客を装って、お店に入る恭一郎は、八巻の母を指名します。自分が恭介の父と言えないもどかしさがあり、名刺を渡すと取引先の丹野部長のものを手渡します。完全に丹野さんだと思い込んでいる八巻の母は、恭一郎を気に入っている様子です。

お店が終わり、素に戻る八巻の母はどこか悲しい感じに見えました。恭一郎と再度遭遇して、辛くても生きていかなければならないと言われます。お互いが辛い立場にあるので、気持ちが通じるのだと思います

。今後の事は誰も知らないので、未来は自分でつくるしかないと思います。断崖を見つめて落ちてしまったら人生終わりです。

恭介が何故殺されたのか?高城秀子が病室で「私のせい…」と恭一郎に話していた真相とは何か?等々がずっと気になっていましたが、恭介と犯人だった八巻満が、秀子の所から盗んだ10万円の入った封筒を巡り押し付けあっていたシーンが、恭介が自首する様にと何度も会って満を説得していたシーンの一つだったと分かり、ようやく納得出来たかなと思いました。

更に満が神社で恭介を刺し殺した経緯も、バラされたくないからだったと分かり身勝手な考えだなとは思いましたが、誰でも追い込まれたら先の事が見えなくなるという陥りやすい典型的なパターンに感じ、満にも多少は同情してしまいました。

そんな満に会う事を拒絶された母親のはつみのクラブマリーでの気丈ぶりな笑顔は、辛いのに我が子の為に踏ん張ろうとする気持ちも感じられました。

高城秀子と恭介との出会いを見て、売れない役者の彼女も恭介の写真に励まされ仲良くなり、恭介も好きな人が出来て、あのくらいの年代の淡い青春や純な恋心にきっと毎日恭介自身も救われただろうなと想像出来ました。

満が少年院に入る事になり、これから被害者遺族の恭一郎と加害者家族のはつみが、この事件を通じてどう関わっていくのかという今後も、非常に気になるなと思いました。

それぞれの断崖4話5話動画の考察

元々少年犯罪に興味がえり、尚且つ遠藤憲一さんが好きなこともあり、ドラマを視聴しておりむす。まず、少年事件に関しては「何もそんなにひどい方法で金を盗らなくても」「何もそんなひどい方法で痛めつけなくても」と感じることがあります。

今回のドラマでも描かれている、計画性のなさそうなナイフでの滅多刺しや遺体放置…そして、事件を犯した少年を見てみれば、「何でこの子が」と思う、一見真面目そうな風貌。これはドラマの中だけでなく、現実の世界でも実際に起きている現象です。

そして、共通して感じるのは、犯人の少年には「やられた人がどう思うか」という想像力が欠けているように思える事。

※これは少年ばかりでなく、20代くらいの若年成人でも同様の傾向を感じる。少年による刑事事件数そのものは、年々増えていると聞きます。

犯罪を犯した少年とともに社会を作っていかなければならない現実を前に、本当に考えさせられる題材です。また、今作では、被害者家族が社会の非難の対象として描かれ、加害者側が全体的に守られている状態が描かれているのも気になります。

これは、フィクションだからなの?

それとも、現実でも、こうなのか?そんな恐怖のような疑問が視聴者には残ります。

良くも悪くも、見る人間に何かを残す作品だと思います。

「それぞれの断崖の第4話」では、被害者遺族として苦しんでいた状況において、今度は別の苦しみを抱えることになるという点が見どころになると言えます。

今までは自分たちの家族が殺された苦悩を抱えており、さらには家庭に問題があったのではないか?といったというバッシングを受けることとなり、加害者の家族や世間に対する怒りを持っていたわけです。

しかし、被害者遺族のうち父親が徐々に加害者の母親と親しくなっていく様子が描かれていくことになりますが、こういった状況から今度は別の問題が浮上することになるのです。加害者やその家族、世間に対する怒り、不満を持っていた被害者遺族は今度は父親に対して不信感を抱くことになるのです。自分たちの家族を殺されたことがきっかけで起きていた対立というのがかすんでしまう、父親の行動がきっかけで別の対立を生み、ストーリーが大きく動き出したと感じられるのがこの第4話と言えるでしょう。

単なる殺人事件から発生する被害者遺族と加害者の家族の対立という話では終わらないということがこれでよく分かり、より複雑な状況へと発展していくことが期待されます。

結末がどうなるのか?楽しみに感じさせる展開になってきていると感じさせるのが第4話と言えると思います。

それぞれの断崖動画4話5話感想

「それぞれの断崖の第4話」では、息子を殺された被害者遺族の父親が自身が勤める会社にて、懲罰人事と思えるような理不尽な状況に遭遇します。

息子を殺されて、世間からバッシングされて、会社でも居場所がないような状況に、負の連鎖は一体どこまで続くのだろう?と思えてきます。

しかし、一方で加害者家族の側もそれはそれで過酷な状況を抱えており、加害者の母親と加害者である息子の関係がどんどん冷えていき、母親としてももはやどうしていいのか?分からないような状況になっていきます。

被害者の父親と加害者の母親がまるで同じような境遇になっていくという部分が見られるのです。

そして、当初は加害者の母親に謝罪をさせるために近づいたものの、気が付いたら加害者の母親としての苦悩に共感をしてしまうような状況が起き、次第に気持ちが変わっていってしまうのです。

しかし、被害者遺族の父親の妻はもう加害者遺族に会わないでと懇願します。

加害者遺族にかかわったところで息子は返ってこないし、加害者遺族にかかわったばかりに世間からバッシングを受けたり、裁判の傍聴を許されないなどの経緯があったわけですから。

しかし、父親は本来の目的である謝罪をさせるとは違う目的で加害者の母親とかかわろうとしており、このドラマは急展開を迎えていくことになり、そこが見どころになると思います。

本来はものすごい憎い存在でも、自分と同じような苦悩を抱えている人間がそこにいたら、つい優しくしてしまうということは現実でもあるのではないか?と思うのです。

そういった部分が徐々に垣間見えてくるのです。

それぞれの断崖『動画』4話ネタバレ

殺してやりたいほど憎い相手を気が付けば、抱きしめている自分が情けなく思います。それぞれ窮地に追い詰められると、感情のコントロールができなくなる気がします。

抱きしめてる自分は、いったい何を考えているのか?分かりません。恭一郎は人事異動になり、さらに追い討ちをかける人生になりました。妻は、加害者の母と会っていることを知って家庭崩壊の危機になっています。

そんな時、取引先の丹野が投身自殺してしまいます。自殺現場に花束を置く姿は、人間はとてもちっぽけな生き物と恭一郎は考えます。

丹野は、どんな気持ちでここに立っていたのだろう?自分もその場所で気付くこともあると思います。息子を失い、仕事は異動になり、妻とも冷め切ってしまった恭一郎は、人生の崖っぷちに立たされています。一層の事、死んでしまえば楽になりますが、それでも生きなければいけない自分が嫌になります。

できないでは済まされない現実と、この後何年生きれるか?分からない人生は、ゴールの見えないマラソンです。結婚して幸せになった人など一人もいないのが現実なので、自分だけが辛いと思わない方が無難です。それぞれの岐路になっても、幸せは向こうから勝手に歩いてきません。

みつるの母親に会ったことを妻に話すが、なんて言われるのか気になります。志方とみつるの母親やまた再会し、居酒屋に誘うがそこで何を話すのかお互いの存在を知らずに終わってしまうのか分かってしまうのか2人の会話が気になるところです。

休職させられていた志方は仕事を復帰することになるが、部署が変わり雑用ばかりになってしまうそんな中でどのような仕事をするのか、志方は感情のままに動くところがあるので、怒り狂ってしまったり反発したりするのではないかと少し心配です。

さらに、以前の取引先の丹野さんが電話をかけてきて、一緒に飲むことになるが、何故か断崖へ一緒に行くことになります。

なぜ断崖に行ったのか、そこで何を語り合うのか断崖に意味があるのではないかと思い、見どころになってくると思います。丹野さんが何を悩んでいて苦しんでその断崖から飛び降りてしまうのか、それを聞いて志方が何を思うのか楽しみの1つです。裁判で判定がつけられたみつるくんは少年院でどう過ごしていくのか、自分の罪をちゃんと償うのか、母親との関係性にも変化が出てくるので、ストーリーの展開が大きく変わる回になるのではないかと期待しています。志方一家が幸せで笑顔のシーンが多いと個人的には嬉しいです。

それぞれの断崖動画4話 5話【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でみれないときは

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

それぞれの断崖/見逃し配信4話5話
 

これまでのストーリー

傷害事件で意識不明だった秀子が意識を戻し、志方の元を訪れた。

秀子は恭介と交際していたことに、大人になった恭介に心を熱くする志方と雪子だった。

秀子は俳優でオーディション用の写真を恭介に頼んでいた。

二人が仲良くしているのが満は気に入らなかったのだろうと、秀子は言った。

満は欲しい物を聞かれ、ギターと答えた。

志方の部署は統合され、志方はしばらく休職することになった。

満の家庭裁判所での傍聴ができなくなった。

満の担当弁護士の事務所に訪れるが、そこで偶然に母のはつみと遭遇した。

後をつけてアパートと突き止めた。

勤め先のクラブ「マリー」で働いていることも確認した。

家庭裁判所で裁判が行われ、全て自分がやったと自白した。

やはり秀子と3人で仲良くしたかった。

秀子の家を訪れて障害事件を起こしたと認めた。

はつみは唖然とした。

次の審判も行われる予定だ。

真弓は家を出て行くことにした。

真弓は民事の損害賠償について調べた。

志方はお金をもらっても、恭介は戻らないが真弓に感謝した。

満は母を拒絶して「2度と来るな」と言った。

恭介は満に自首しようと言ったが、それが嫌で恭介を刺した。

裁判が終わり少年院に行くことになり。
良ければ4年で出てくる。

志方はどこの少年院か知りたかった。

母にはどこの少年院か知らされる。

志方はマリーを訪れ、はつみを指名した。

志方は偽の名刺をはつみに渡した。

志方とはつみはデュエットした。

志方は最後まで本当のことを言えなかった。

店を出た二人は偶然に出会ったが、そこでも言えなかった。

「辛くても生きていくしかない」と言い別れた。

今後の展開

志方が息子を殺した満の母親に会いに行くというドキドキの展開がおもしろかったです。

どんなふうにはつみのことを志方が責めるんだろうかと思ったけど、結局言えなくてなんだか切ない展開に胸が苦しくなりました。

特に、スナックからの帰り道に見つけたはつみが、「生きるのってつらいですね」と、志方の息子が亡くなる前に行っていた言葉と全く同じことを志方に言うシーンが衝撃的でした。きっと志方はこの言葉を聞いて、息子のことをまざまざと思い出してしまっただろうなと思います。

だから、自分が被害者の父親だと名乗り出ることができなかったんだろうなと思いました。

はつみは志方の言葉にものすごく力をもらったようだし、ここから二人の禁断の恋が始まってしまうのかなとドキドキです。

また、二人がスナックで腕を組みながら愛が生まれた日をデュエットしたことには思わず笑ってしまいました。まさにドラマのストーリーの中でも愛が生まれた日になるんじゃないかなと思います。

はじめは憎しみの感情でいっぱいで、息子の殺された真実を見つけるためには無茶なことでもしていた志方が、目の前の加害者の母に何も言えなかったというのが意外でした。

だけど、それだけ心動かされることがあったんだろうなと感じました。

突然息子を殺されてしまった父親を遠藤憲一さんが熱演しています。不登校で家庭内暴力をする息子の気持ちがわからず、悩む父親の姿はリアルでした。

ようやく息子と心を通わせることができたのに、同級生に殺されてしまい、しかも少年法に守られているために被害者家族ばかりが報道され、苦しむ毎日は見ていてつらかったです。

世間は同情するよりも敵になることの方が多いという現実を思い知りました。弟が殺されてしまったことにより、婚約が破棄されてしまった長女も気の毒でした。でもきっとよくあることなのだろうと思ってしまいました。

父親のいいなりで最後まで何も自分の意見をいえなかった婚約者の姿を見て、破談になってよかったのかもとも思いましたが、事件が起こらなければきっと幸せになっていたのかもしれないとも感じました。

加害者が少年なので、事件の真相を知ることもできず、息子が悪いといったような報道もあり、怒りの持っていき場のない被害者家族の気持ちはリアルでした。きっと毎日が地獄なのだと思います。

それでも家族が団結し、なんとかしていこうとする姿を見て、応援したくなりました。

ようやく事件の真相がわかり、納得できました。しかしながら、少年の本心はまだ全部明かされていない気がしました。

それぞれの断崖のストーリーまとめ

ドメスティックバイオレンスをしている引きこもりの息子を抱える、家族の話なのかと思い、途中まで期待せず視聴しておりました。

しかし、まさかの息子が殺されてしまい急展開、まったく予想していなかった方向に進んでいきました。息子の友達だと思っていた少年が殺しを自供するも、少年法で1〜2年で世の中にでてくるという。

今の世に投げかけられる強いメッセージをうけとるドラマになりました。遠藤憲一さんの演技がうますぎて、本当にのめり込んで観てしまっています。事件が発生してからは、とても考えさせられるお話でした。

週刊誌やテレビは、遺族の気持ちは考えずに、面白いと言う事をネタとして扱っていました。

そこに反論するために、父親が手記を出したり、座談会にでて、反論をしました。

息子を殺された怒りをぶつけているだけなのに、世論が父親をバッシングするシーンは、まさに現代社会を現しているようで怖かったです。インターネットの普及で人の気持ちがわからない人が増えてきたと思います。

もしも息子が殺されたのが自分だったらと、置き換えて考えられなかった人たちの意見が怖かったです。

無実を訴えるほど世間から厭われ、加害者は守られて、逃げ延びることができているのが、現代社会なのだと痛感しました。

今後はどのような方向に行くのかも想像できないので、結末を予想しながら楽しんで観ていきたいと思います。

さかの息子の死や、そこから浮き出てくる親子の苦悩、家庭内暴力、いじめ、結婚できない、不貞問題、リストラ、両親の離婚、片親。

現代の社会問題が多々組み込まれ、最初から引き込まれてしまうドラマです。

役者の厳選や演技がまた素晴らしいですね。

両親や姉として、息子、弟の死はどうやってもやり切れない、立ち直れない、受け止められないと思います。

原因を追求すればするほど、自分たちがどれだけ息子のことをわかっていなかったか、そんなことを思って苦しめても結局息子は戻ってこない。

そんな中、息子の親友だと思っていた出来の良さそうにみえる男の子がまさかの息子を殺した犯人で、親としてはその子、母親を殺してしまいたいくらい憎い。が、その子がどの様にその子になってしまったか。家庭環境の大切さ、難しさ。

ただ、その子を育てた母親ひ一般的にらみたらアホですが、一生懸命なアホで、自分にできることをするしかないのかもしれません。片親や水商売をしてる人ふたくさんいます。それでもどの様に子供を育てたらいいのか。

ただ一生懸命ではなんの言い訳にもなりません。今後の展開では今回の事件がきっかけで結婚が破断になり、独り立ちを決意した姉が気になります。どう現代社会問題と組み合わせてくれるか楽しみです。

息子が同級生に殺されてしまうという重いテーマで、見ごたえがあります。

父親、母親、姉、それぞれの立場での見解は異なりますが、世間から注目され、被害者なのにつらい思いに苦しむ毎日が伝わってきます。

加害者は少年のため法に守られており、彼の弁護士は更生することを前提になんとかよい処置をうけられるよう尽力します。

被害者の父親は加害者を許す気になれず、なんとかしようとしますが、すべて裏目に出てしまいます。なんとかしたいと思いつつも周りの利益優先主義や好奇の目により、自分が思いもよらなかった方向にことがすすんでいくことの怖さを思いました。

父親はちょっと軽率な気もしますが、混乱している状況ではだれもが同じような状態におちいってしまうのかもしれません。今まで事件の報道を信じていましたが、本当のことが書かれていないのかもと疑う気持ちが生まれました。

加害者の少年についてはあまり描写がないので、どうしても一方的なものの見方になってしまうところが残念です。

実際にこのような悲惨な出来事がもうおこならないようにするには、どうしたらいいのか、何ができるのかなどを考えさせられました。どの役者さんの演技もリアルで本当の家族のように見えます。なんとか良い方向へ向かってほしいです。

それぞれの断崖の4話以降への期待

最初は難しそうなドラマだと思いました。

今までの土曜の大人ドラマと違う感じがして社会派ドラマだと思いました。

実際に出演している主役の遠藤憲一さんも出るかどうか迷ったと中日新聞に書いてありました。でも、遠藤さんが出ようと思ったドラマを見てみたいと思いました。

今までの感想は結構ヘビーで少年が殺人を犯すとどうなってしまうのかと加害者や加害者の家族、被害者の家族の視点で描かれていてよかったです。

実際に遠藤さんや妻役の田中美佐子さんらが被害者の家族になりきって、オーバーになるほど体当たりで演じてくれました。

少年法で守られる加害者も良く現れていて、子役の人も被害者はドラマの「なつぞら」に出てくる人などを起用しているので、上手です。

加害者の子役の人も上手かったです。また、加害者の家族に田中美里さんを起用していましたが、色っぽさがあって、スナックのホステスにぴったりでした。遠藤さん演じる志方恭一郎も田中さんが相手だと好きになってしまうと思います。

思い出は遠藤さんが中日新聞で今までの下積み時代の習得した演技を取り入れていると描いてあったので、それを参考に遠藤さんの演技を見ていることです。志方は結構勝手なことをやる人なので自分と似ていると思いました。

年頃の息子がいる父親が仕事でがんばる姿と家族のことはほったらかしで妻にまかせきりという描写に今の日本の家庭はきっと同じようなのだろうと思いました。

自分と同じ悩みをもつ仕事関係の相手に的確なアドバイスをうけ、息子に自分のはずかしい過去を告白し、心を通わせるシーンはよかったです。海の景色もきれいでした。

それなのに、突然息子が殺されてしまい、しかもそのとき自分は遊んでいたことで主人公はかなり自分をせめます。

いつもしないことをしたばっかりにそんなことになってしまうのかと思う気持ちは共感できました。しかも息子を殺した犯人は同級生ということを知り、相手から悔やみを言われたり、お葬式に参列されたりしていたことを思うと腹が立つ主人公の言動はリアルでした。きっと自分も同じようなことをするかと思います。

どうすることもできない状況の中で悪くなるとはわかっていても息子のために何かせずにはいられないと行動する父親はすごいと思いますが、もう少し結果を先に考えた方がいいのではないかと感じました。被害者なのに家族はつらいことばかりがおき、思い気分になってしまいました。加害者の母親は息子の気持ちを何にもわかっていないようで、いらいらしました。

それぞれの断崖動画4話Dailymotion

違法動画についてはアップロードする事で、サイトにアクセスする人数を稼ぐ事を目的として利用しているのではないでしょうか。それにより広告アフェリエイトやクリック数などによって収入を得ているのだと思います。

もちろん、その人自身が面白いと思い、インフルエンサーとして他の人々の伝えて行く事は、動画を作った本人や出演している方々の知名度が上がり、有名になって行く事もあると思います。

特にひと昔前のアニメなどはそうだったのではないでしょうか?もちろんTSUTAYAやGEOに行けばDVDやブルーレイを借りる事で視聴する事は出来ますが。

果たしてTSUTAYAやGEOに行って、1話も見たことがないアニメを借りようと思うかといえばそうでは無いと思います。

インターネットサイトでアニメを視聴して、ハマりそしてグッズを購入したり、発売されたDVDやブルーレイなどを購入し、人気があればアニメの続編や映画化など。

一瞬にして広がり作者にも大きな収入があったのではないでしょうか。違法動画を無償で見ていた分を料金に換算したら大きな額になるかも知れません。

ただ、どんなにいい作品であろうとも誰の目にも入らないようでは人気が出ることは有りません。

それぞれの断崖動画pandora

違法動画をアップロードしただけでなく、見ただけでも逮捕されてしまうなど一時期話題になり、違法動画サイトなどが削除され、一時的減った時期もありましたが、現在はまた増えてきております。

しかし、必ずしも逮捕されたり、訴えられたりとするわけではなきことに疑問を覚えます。

全部取り締まるのは確かに難しいのですが、何か対策を行わなければ増えて行く一方だと思います。取り締まりが出来ない状況は何故なのかを考える必要があると思います。

ニュースでもたまになりますが、違法動画をアップロードし某有名動画サイトにネットアップしたということで訴えられたりすることがありますが、その人だけではないと言いたくなることがあります。

どういった基準で訴えられているのかを明確にし、国民に提示するべきだと思います。

今は映画を見に行くと映画が始まる前の予告等でも違法動画禁止の広告が流れますが、それだけでは伝わりにくいと感じます。

罰則を国民に伝えたところで、取り締まる件数が少ないため現実味がない気がします。そこで私は違法動画をアップロードしている人を一斉に摘発するべきだと思います。

違法動画を見ている人を裁くことは難しいと思うので、まずはアップロードをしている人から行い、見る人も減らすべきだと思います。

それぞれの断崖動画4話5話9tsu/b9/フリドラ

情報化社会と言われる現代、小学生低学年であればインターネットにアクセスし、youtubeを始め様々な動画を閲覧することができる。

違法動画と言われる類の映像は、日本国内であれば子供の発育の妨げや公序良俗に反すると判断されたもの、著作権侵害にあたるものが主に対象となる。

「違法」扱いされ、排除対象となるには理由がある。

しかしながら、正規動画と比較し安価であったり、はっきり「違法」と判断することが難しいのも事実故、閲覧数が伸びてしまう。

アクセス数が伸びたり、ある程度の収益が確保できると違法であると知りながらもそのビジネスに便乗する人も増える。結局、「違法」を助長しているのは消費者である。

うま味が無い領域には金儲けの発想が生まれないのが世の常なのだから。

日本は違法動画に対する規制が甘い。投稿をしたからといって、閲覧をしたからといって、実際のところ処罰の対象になることもない。「みんな見ているから大丈夫」という日本人の横並び意識も影響しているように思えてならない。

「自分は見ない。それによって守られるものがあるから。」と考える人がどれほどいるかと問われれば、何も考えていない大人が大半なのではないだろうか。

日本人の社会への無関心さ、自分は目立ちたくないがみんなですれば怖くないという集団意識、顔が見えないから安全と感じる弱さ。こういったものがインターネット社会の違法動画というものに心理的にリンクします

総括

息子を殺された被害者遺族が裁判の傍聴を断られるという、理不尽にも感じるシーンがあり、息子の父親である主人公は今まで以上に怒り狂うことになります。

その後、偶然にも加害者の少年である母親と遭遇し、後をつけ、勤務先の特定に成功します。そして、その母親に会って、直接謝罪をさせるという思惑を持つのです。

主人公の父親はその母親の勤務先であるクラブお客として入り、その母親を指名して事の重大さを突きつけ、この場で謝罪を指せようと目論むのです。

息子を殺されて以降、いろいろな事情によって怒りが膨らむ一方である父親の行動はどんどん過激になっていくのですが、こういう状況はまさに象徴的と言えるでしょう。それに裁判の傍聴を断られた理由というのも、これまでの発言の過激さなどを踏まえたうえでのことであり、裁判の場で何をしでかすか?分からないという判断があったからなのです。

直接謝罪を要求する程度であれば、問題行動とは言えないかもしれませんが、怒りが本当に頂点に達しようとしている心理状況なので、これで済むのか?というのは疑問なところです。

仮に母親が謝罪をしなかったとすれば、どんな状況になってしまうのだろう?そういった不安を感じさせる部分が逆に期待してしまう、観てみたいと思える部分です。
、殺害した少年があんなにも淡々と被害者のことを語れるものなのだろうかと恐ろしく感じました。

あの表情も、主演の遠藤憲一さんの演技にもぐっと惹きこまれてしまい見ているのが苦しくなりました。

四話のあらすじに「感情のやり場のない志方」と書かれていましたが、正しくその通りだと思います。

裁判を傍聴できないともあり、理不尽なような気もしましたが自分がもし同じ立場だとしたら、果たして冷静に裁判を傍聴できるのだろうかという気もしました。

また、加害者の母親が弁護士のところへ姿を現すとありますが、これはどういう場面なのか、被害者の父親にどんな思いを抱いているのか、と思いました。弁護のためだけに現れたのか、それとも父親がいると知って謝罪のために姿を見せたのか、ドラマの本編を見て確かめたいと思います。 

父親は自分の息子を殺害した少年にどのように向き合うのか、またその母親に対して抱く「許さない」という怒りがどのように現れてくるのか、怖いし辛いですが先が気になります。そして加害者の母親も殺人を犯してしまった自分の息子とどう向き合っていくのでしょうか。被害者家族に対してどう謝罪していくのか、なにを思って生活していくのか、想像するのもつらいですがこの先の展開を見守りたいと思います。

4話ではとうとう加害者の母親であるはつみへの想いを抑えきれなくなる被害者の父志方…という展開でいよいよ目が離せません。

未成年による同級生への殺人という重い設定から端を発して被害者の家族が崩壊し怒りに満ちた被害者の父が何故か加害者の母親に惹かれていってしまう…という禁断のストーリーですがドラマ版、これから一体どうなってしまうんでしょう。

被害者の母を演じる田中美里さんがなかなかそれっぽい感じで遠藤憲一さんが思わずそういう想いを抱くのもわからないではありません。特に遠藤憲一さんの演技は見どころ満載。

遠藤さんを見るだけでこのドラマの価値は十分あるといえましょう。

でもこの話、実はかなり前に原作を読んでいてあまり共感できなかったんですよねー少年法に守られた加害者と被害者家族にも関わらずマスコミや世間から糾弾される父親、この父の会社での処遇あたりはとても面白かったんですが(ほんのちょっとした対応ミスが波及していくあたり現代の方が恐ろしくてあっているかもしれない)加害者の殺害の動機(これがもう全然共感できない)やその後の顛末がねー原作通りではどうもこの父母の関係を応援する気にはとてもなれなくなっちゃうんですよ。そのあたり今回のドラマ版ではうまいこと変えていってほしいと思います。

それぞれの断崖動画5話4話 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でみれないときは

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

それぞれの断崖/見逃し配信4話