バラエティ倉庫

グレートヒマラヤトレイル/動画/無料視聴/8月24日NHK2019年BSサイト

グレートヒマラヤトレイル/動画/無料視聴/8月24日NHK2019年BSサイト

 

2019年8月24日19時30分からNHKBSプレミアムで放送されます

『グレートヒマラヤトレイル「遥かなる天空の道」動画2019年8月24日」や

無料動画配信のURLを紹介しています。

 

みんなの感想のまとめもあります。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グレートヒマラヤトレイル/動画/無料視聴/
 

グレートヒマラヤトレイル 2019年8月24日動画/番組内容

 

世界で最も高い所に刻まれた一本の道「グレートヒマラヤトレイル」8000mを超える山々を望み1700kmにわたってネパールを横断する世界でも最難関の縦走路。標高8463mのマカルーを望み、エベレスト山群の展望台までのトレッキングに2人の山岳カメラマンが挑む。

酸素の少ない6000mの峠を3つ越え、強風が吹き荒れる40kmもの氷河地帯を進み、数々の困難を乗り越えて目にしたヒマラヤの巨峰の圧倒的な光景!

世界5位の高峰マカルーを望み、3つの6000メートルの峠を越えてという内容を見て、正直高所恐怖症でもあり、山登りもキツくて、あまり登った事が無く、敬遠しがちな自分にとって6000メートル級の3つの峠を越えて行くというのもURLの説明文を読んだだけでも怖く感じてしまいました。

そんなヒマラヤに続く道がグレートヒマラヤトレイルと呼ばれているのも知らなかったのですが、更に8000メートルを越える山々を望み、1700キロメートルに渡ってネパールを横断する二人の山岳カメラマンが、展望台までの道のりを行くというのも、空気は薄いだろうし、強風吹きすさぶ氷河地帯を40キロメートルも歩き続けるのも、考えただけでも疲れそうだし、とても自分には無理な世界で肉眼で見る事は無いだろうと思われる極寒の山の世界を山岳カメラマンを通じて体感出来るのは、大変興味深いなと思いました。

そんな自然の試練みたいな状況下の数々の困難を乗り越えた先で見るヒマラヤの圧倒的な景色がどんな風に見えるのかも興味深いなと感じました。

山岳カメラマンの二人は直に見る訳ですから、そんなお二人の感想等も聞いてみたいなと思いました。そんな標高8463メートルのマカルーの景色を楽しみに見たいとも思いました。
 

グレートヒマラヤトレイル キャスト

 

語り
石丸謙二郎,
きき手
市毛良枝,
出演
石井邦彦,中島健郎

 

みんなの感想まとめ

 

みどころ

この番組の興味深いところは、まだ開通してそれほど時間がたっていない、ヒマラヤトレイルの映像を見る事が出来るという事ではないでしょうか。昨今、トレッキングが流行っているご時世です。

軽くトレッキングした事がある人も大勢いると思います。

そんな中で今回の番組は、ヒマラヤのルートの中で最も過酷といわれるルートの貴重な映像と誰も見たことがない氷河を見る事が出来ます。最高峰の映像を見れる非常に貴重な体験をすることができると思います。

又、6000m級の山が数々出てくる事もしかりですが、世界最高峰のエベレストも登場します。

酸素も少ない6000mの峠を3つも越えて、40キロの氷河を超えていくという、富士山が日本一といっても3000mクラスの山ですからすべて次元が違う映像だと思います。

又、語り手が石丸謙二郎さんという、ナレーションの語り手役としては聞き入る事ができる番組なので、映像を100%楽しめる事は間違いないと思います。

そして何より、この夏の熱い時期に涼しいいや寒い映像を見える事ができるのもお勧めできると思います。

8月24日の土曜日という休日の方も多い日に最高の映像と最高の涼しい体験をされてみてはいかがでしょうか。

あらすじ的にOK

二人の日本人山岳カメラマンが世界的にも有名な山を登り、立地的にも環境的にも色々と過酷ななかあらゆる難所やミッションなどをクリアしていき、目標を達成するために熱い魂を胸に「グレートヒマラヤトレイル」に挑戦する二人に注目が集まることは確かであります。

山岳カメラマンといえでも世界的にも有名なところで攻略するのが難しいところに足を踏み入れるので手に汗握るシーンとかハラハラ・ドキドキするような展開とかもあったりしそうであるため、見応えがかなりありそうです。

数々の困難を乗り越えつつ、酸素の少なく空気が薄い場所をひたすら歩き、世界でも最難関の縦走路とも言われているところにチャレンジしエベレスト山群の展望台までのトレッキングをするため最初から最後までいたるところに見応えがありそうです。そして、強風が吹き荒れるなかを歩くため、まさかの展開とかもありそうであるため、何が起きてもおかしくない状況の中で山を登るのでこれは見入ってしまいそうです。

ヒマラヤを東西に貫く世界で最も過酷なトレイルでもあるので放送される日が楽しみであり、多くの人たちに希望と勇気を与えてくれそうであり、夢や目標に向けて動世界で最も高い所に刻まれた一本の道「グレートヒマラヤトレイル」8000mを二人の山岳カメラマンがチャレンジし過酷な状況下なかでともに協力して世界でも最難関の縦走路に挑む姿が放映されるため、これは集中して番組を見そうであります。

なんといっても世界的に有名な山岳地帯に挑戦する日本人の山岳カメラマンとなっているため、これは注目を集めてしまうのはたしかかなと思っています。

そして、数々の困難を乗り越えて目にしたヒマラヤの巨峰の圧倒的な光景とかも見れそうであるのでこれは感動を呼ぶこと間違いなしかなと思っています。

二人の姿を見て勇気をもらったり、元気づけてもらったり、夢や目標に向けて頑張っている人たちにエールを送ってくれそうであります。こういった番組は貴重な放送となりそうであるので今から放映されるのが楽しみであります。

誰も見たことのないエベレストの光景とかも見れたりするという話も聞いているため、ますます興味と関心が出てきている感じです。

酸素の少ない6000mの峠を3つ越えないといけないミッションがあったり荒れる40kmもの氷河地帯を通過しないといけない試練もあるなかで必ずやり遂げるという気持ちを胸に挑戦する二人の山岳カメラマンの勇姿を刮目せよです。

いている人たちにエールを送ってくれることは確かであります。

日本にもトレイルがある

 

日本にも海外にもトレイルと名のつくものは数多くあると思いますが、名前から連想されるイメージからしてその中でも最も過酷な状況下にあるトレイルだと山のど素人の自分でも何となくの想像はつきます。

それだけに小さなテレビ画面と言えスケールの大きさや迫力には圧倒されるのではないかと思います。

数字だけを見ても標高が8000m、走路の距離が1700km、標高6000mの峠を3つ越える、というように日本では考えられない数字ばかりですしそこにはどんな世界が繰り広げられているのか、未知との遭遇という言葉がびったりのような気がします。

そして世界で5番目の順位の山ですら8463mもの高さがある事にもびっくりしましたし、この山は全く知らないので世界5位の山がどんな姿をしているのか知る事ができるのも楽しみです。最近ではこの人が登山に興味があるの?とまさかの意外な著名人が登山を好んでいますし、登山好きな著名人も以前より増えた気がします。

この番組に出演する市毛良枝さんと石丸謙二郎さんのお二方は全く登山のイメージがなかったのでまさにこの人が登山が好きなのかと驚きました。

特に市毛さんはそうでしたが、今回は聞き手ということで登山好きならではの話の聞き出し方、引き出し方もあると思いますし、どんな言葉を使いながらのインタビューになるのか楽しみです。

 

総評

 

ヒマラヤという言葉を聴くと思い浮かべるのは恐らく世界最高峰のエベレストなどでしょう。

ではヒマラヤはどこの国にあるのかはご存知でしょうか。

さてヒマラヤにはグレートヒマラヤトレイルと呼ばれる道がありますが、道といっても登山客が歩きやすいように整備された登山道のようなものではありません。

8000メートル級の山々に囲まれ、ネパールを1700キロに渡って縦断する道で、世界最難関の縦走路と言われています。まあスケールの大きいけもの道といった感じでしょうか。

この番組は2人の山岳カメラマンがグレートヒマラヤトレイルにチャレンジした記録になります。

ただでさえ標高が高くて酸素が薄い地帯なのに道中に6000メートルを越える峠が3つもあったり、40キロも続く氷河地帯がありしかもそこでは強風が吹き荒れたりというように次々と困難が2人に襲いかかります。

なかなか前進はできません。といってリタイアをするにも来た道を戻るしかなく結局どちらに進もうが困難しかないのです。果たして2人のチャレンジは成功できるのでしょうか。

この番組ではエベレストを始めとする数々のヒマラヤの美しい映像を見られるだけでも大収穫です。

そこに名手石丸謙二郎の語りがつくことで視聴者は番組から目が離せなくなってしまいます。

登山に興味がない人でも十二分に楽しめる番組です。

ヒマラヤの美しい世界を堪能したい

自分では行くことが難しい、ヒマラヤですがテレビを見ることにより、知らなかった景色や自然の豊かさを感じることができると思うのでとても楽しみです。

きれいな景色や今まで見たことのない景色をテレビで見ることができるのでとてもありがたいです。

酸素が薄く大変な山登りかもしれませんがその先には、計り知れないきれいな景色が広がっていると思うので、とても興味がわきます。

氷河も出てくるみたいなのでとても楽しみです。

氷河地帯を歩く時に、氷の音などがとてもここちよい音がするので、今回もそんなおとっが聴けるといいなと思っています。

強風が吹き荒れる氷河地帯を突き進んでいくなんてとても怖いことですが、それをテレビの前で時間できることはとてもありがたいことだなと思います。

危険を冒してまでも、山に登り続けるなんてかっこいいなと感心してしまいますし、尊敬です。

ヒマラヤなど、絶対に自分では行くことができないですし、興味はあっても難しいことだと思うので、テレビで見れてとても嬉しく思います。出演者の市毛良枝さんも山登りが好きな方なので、どんな解説が聞けるのか楽しみです。

語りの、石丸謙二郎さんも穏やかでいい声をされていて、とても聞きやすいので、安心してみることができると思います。

総評価

今回の番組の内容としては、ヒマラヤを東西に貫く世界で最も過酷なトレイルがあり、そこは、世界5位の高峰マカルーを望み、3つの6000mの峠を越え、無人の氷河を行くところであり、誰も見たことのないエベレストの光景があるというものを素敵なナレーションと絶景でお届けするというものです。

ナレーションをされるのは石丸謙二郎さんで、聞き手としては、市毛良枝さんです。豪華なナレーションと素敵な聞き手の方が出演されます。今回の番組の見所としては、絶景のヒマラヤを堪能できるというところにあります。

普段私たちは山を登らない限りにはあまり見かけない光景ではあるので、今回このような絶景をテレビで豪華なナレーションとともに見ることができるのはとても楽しみです。また、自分自身山についてそんなに詳しくはなく、調べたこともなかったので、今回ヒマラヤが特集されるということでいい勉強になりそうなのでそれも楽しみです。

また、ナレーションの方が慣れていらっしゃるナレーションのかたであり、とても聴きやすいナレーションだと思うので、それも楽しみです。

また、どんな風景が広がっているのか、どんな秘密が隠されているのかをしれるのもワクワクしてます。

ドキュメンタリー番組「グレートヒマラヤトレイル」では、世界で最も高い所に刻まれた一本の道でもある「グレートヒマラヤトレイル」とは、8000mを超える山々を望んでおり、1700kmにわたってネパールを横断する世界でも最難関の縦走路になっております。そんな標高8463mのマカルーを望んで、エベレスト山群の展望台までのトレッキングに2人の山岳カメラマンが挑むことになっています。

このエベレスト山群の頂上付近においては、酸素の少ない6000mの峠を3つ越えて、強風などが吹き荒れる40kmもの氷河地帯を進んで、数々の困難を乗り越えて目にしたヒマラヤの巨峰の圧倒的な光景をこの番組においれ私たちは感動する事が出来るのではないでしょうか。

これはかなり期待したいドキュメンタリー番組になっているのではないでしょうか。

これはかなり楽しみな作品になると思います。

語りを担当されているのが、石丸謙二郎さんになっており、石丸謙二郎さんはかなり聞きやすい声をされているので良かったでのはないかと思います。

仮面ライダー電王などのドキュメンタリー番組以外においても、一般的な知名度を獲得されている方ですので、この番組でも視聴している側にも臨場感が伝わるドキュメンタリー番組になっていることを期待しています。

グレートヒマラヤトレイル「遥かなる天空の道」はヒマラヤを東西に貫く世界で最も過酷なトレイルとなっているため、見応えがかなりありそうな感じであり、ネパールを横断する世界でも最難関の縦走路となっているのでこれに挑戦する人たちの生きざまとかチャレンジ精神を見たりすることができそうです。誰も見たことのないエベレストの光景も見たりすることができそうであるため、過酷な場所に挑む人は果たしてどういった人たちであるのか気になるところとなっております。

トレッキングに2人の山岳カメラマンが挑むため大変なロケになったのは確かであり、広大な場所をひたすら歩くため、精神と体力も極限状態になりながらも目標を達成するために情熱を注ぐ二人の山岳カメラマンに乞うご期待となっています。

難関といわれている場所に挑む精神はすごいと感じつつ、最後には感動が沢山ありそうなため、これは要必見な番組かなと思っています。

世界で最も高い所に刻まれた一本の道「グレートヒマラヤトレイル」8000mでもあるのでほんとにすごそうな感じがします。

これに挑む山岳カメラマン達も相当な訓練を積んでいる人たちかもしれないなと感じております。

果たして目標達成することができるかは当日の放送を乞うご期待というやつです。

チョモランマ

エベレスト、今はチョモランマと言うことが多いようですが、その世界最高峰に初めて登頂を果たしたエドモンド・ヒラリー卿は、危険を冒してまで山に登る理由について「そこに山があるから」と答えたといいますが、登山をしない者にとってなかなか理解しがたい世界です。

でも今はそんな登山家たちの手によって、さまざまな表情を持つ山々の風景が映像で見られるようになり、頂には立てないまでも、その疑似体験を共有できるというのは凄いことです。

疑似体験とはいっても、標高8000メートルの世界は、酸素ボンベ無しでは厳しいし、風も寒さも想像を越えているはずで、到底肉体的な過酷さは共有できませんが、少なくともほとんどの人が、自分には無理だなと思うだけのものを教えてくれることでしょう。

そんな極限状態でしか見られない風景を、くつろいでお酒でも飲みながら見られるというのは、おそろしく贅沢なことですし、ありがたいことでもあります。番組では6000メートル級の峠をいくつも越え、1700キロも縦走するそうですが、そこまで登山家を引き付けるものは何なのか、やはり最大の疑問はそれに尽きると思います。

彼らの気持ちがわかるとは言えないまでも、映像を通して同じものを見ることは、きっと何かを気づかせてくれる気がします。

グレートヒマラヤトレイル/動画/無料視聴/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)では、みれません。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グレートヒマラヤトレイル/動画/無料視聴/