バラエティ倉庫

グレートヒマラヤトレイル/見逃し配信/動画/再放送が無料視聴/8月24日放送分

グレートヒマラヤトレイル/見逃し配信/動画/再放送が無料視聴/8月24日放送分

 

2019年8月24日19時30分からNHKBSプレミアムで放送されます

『グレートヒマラヤトレイル「遥かなる天空の道」の見逃し配信動画2019年8月24日」や

無料動画配信のURLを紹介しています。

 

みんなの感想のまとめもあります。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グレートヒマラヤトレイル/動画/無料視聴/
 

グレートヒマラヤトレイル 2019年8月24日動画/番組内容

 

世界で最も高い所に刻まれた一本の道「グレートヒマラヤトレイル」8000mを超える山々を望み1700kmにわたってネパールを横断する世界でも最難関の縦走路。標高8463mのマカルーを望み、エベレスト山群の展望台までのトレッキングに2人の山岳カメラマンが挑む。酸素の少ない6000mの峠を3つ越え、強風が吹き荒れる40kmもの氷河地帯を進み、数々の困難を乗り越えて目にしたヒマラヤの巨峰の圧倒的な光景!

最近のランニングブームから発展して、トレイルランニングの番組や本なども流行してきましたこの頃ですがこの番組では世界で最も高いヒマラヤでトレッキングを行うということでかなり過酷な行為だと思います。

しかし過酷な道だからこそ、それをどのように切り抜いていくのかどんなトラブルが起きてしまうのかという興味が高まります。なのでこの番組では自然の過酷さと人間の強さという二面性を見られることについて大きく期待しています。

誰も見たことがないエベレストの光景についても書かれているので、そちらも楽しみです。

そもそもヒマラヤとは名前を聞いたことはあるのですが、その実態はいまいちわかりません。なのでこの番組ではヒマラヤの内部はどうなっているのか、傾斜や地面の感じなども詳しく知ることが出来るのではないかと思っています。

そしてトレッキング初心者の人も、プロのトレッキングをこの番組で観ることによってもしかしたら学べる点もあるかもしれません。

私はトレッキングは全くやったことがないのですが、雄大な自然の映像を見るのが結構好きなのでヒマラヤの風景だけでも楽しみたいと思います。

もしかしたらこの番組を見て憧れて、トレッキングを始めだす人もいるかもしれません。 

グレートヒマラヤトレイル キャスト

 

語り
石丸謙二郎,
きき手
市毛良枝,
出演
石井邦彦,中島健郎

 

みんなの感想まとめ

 

みどころ

世界で最も高い所に刻まれた一本の道「グレートヒマラヤトレイル」8000mに挑戦する二人の山岳カメラマンに密着する番組となっているため、これは見応えがありそうであり、極限状態のなかで目標達成に向けて果敢にチャレンジしていく姿はほんとに見ている人たちに勇気と元気を与えてくれそうであります。

広大な山岳地帯を背に挑戦するため、道中色々なことが起きそうでありますが、頑張ってほしいと思っています。

誰も見たことのないエベレストの光景も見れたりするかもしれないためこれは感動を呼びそうな番組であります。

山群の展望台までのトレッキングに2人の山岳カメラマンが挑むため、番組を見つつエールを送りたいと思っています。

大規模な山岳地帯はほんとに気象変化もよくありますし、急なアクシデントとかもあったりするため、挑戦するのもほんとに勇気が必要であります。酸素の少ない峠とかも通過しないといけないため、酸欠とか高山病とかもあったりするのでそういったのに耐性のついている人たちが挑戦することかなと思います。

この番組は多くの人たちに希望とか勇気をはじめ、元気を与えてくれる番組になりそうであるので多くの人たちに見てもらいたいです。

魅力的なところ

・誰も見たことのないエベレストの光景、という惹句が魅力的。

NHKの自然ドキュメンタリーは映像が本当にすごいので、雄大な自然のスケールが大いに楽しめることを期待しています。

・世界で最も過酷なトレイル、とありますが、同じNHKのグレートレースも大好きで、自分では絶対にできない過酷な道を歩む姿には感動を覚えます。

また、疑似体験としても滅多に見られないもの。

6,000メートル級の峠が3つとありますが、日本で一番高い山富士山が3,000メートル級であることを考えると、標高がの高さがわかります。

ということは、酸素がとにかく薄い、また高山病との戦いや40kmを歩いて進まないといけないはずなので、ドキュメンタリーとしての迫力も感じます。

・山岳カメラマンということは、この過酷な環境で、さらに機材を抱えていくということ。挑戦しているなあと思います。

・世界の車窓からの素敵な声でおなじみの石丸謙二郎さんの語り。素晴らしい景色に石丸さんの声は本当にしっくり来るので、土曜日の夜をしっとりと過ごせます。

まだまだ暑い日が続く中で、ヒマラヤの高地は雪に覆われていると思うので、目だけでも涼しいを通り越して冷やっと寒い気分になれるはず。

世界で最も高い所に刻まれた一本の道「グレートヒマラヤトレイル」はヒマラヤを東西に貫く世界で最も過酷なトレイルです。

8000mを超える山々を望み1700kmにわたってネパールを横断する世界でも最難関の縦走路となっています。3つの6000mの峠を越え、無人の氷河を進むのは選ばれた者しか進めないことでしょう。

標高8463mのマカルーを望み、エベレスト山群の展望台までのトレッキングに2人の山岳カメラマンが挑みます。酸素の少ない高地を乗り越え強風吹き荒れる40kmもの氷河地帯を進んでいく。訓練された者しか行くことのできない過酷な道を必死に歩んでいく姿はただ尊敬するのみです。

数々の困難を乗り越えて目にしたヒマラヤ巨峰の圧倒的な光景は何者にも変え難い感動の景色として一生記憶に残り続けます。

まず見れないであろうエベレストの光景。

この番組はその特別な場所を見せてくれます。圧倒的なスケールで人々の前に立ちはだかるエベレストの光景はテレビを通しても畏怖の念と感動を抱かずには入られないものとなるでしょう。

大自然の壮大さを余すことなく伝えてくれるであろうこの番組、グレートヒマラヤトレイル「遥かなる天空の道」はNHKBSプレミアムで8月24日放送されます。

『グレートヒマラヤトレイル「遥かなる天空の道」』。見逃し配信動画まとめ

ヒマラヤ山脈と言えば、言わずと知れた世界最高峰の8000メートル級の山々が連なる山脈。インド亜大陸が、ユーラシア大陸にぶつかったことで生じた大山脈です。

今回は、よくある山頂を目指す登山ではなく、山麓を回るトレッキングということで、それだけ聞くとのんびりとした印象を受けます。私もトレッキングと聞くと、山麓の森をゆったりと歩きながら、足元に咲いた綺麗な花や、頭上を飛び交う美しい野鳥を探すようなイメージを抱いてしまいます。

しかし、この番組で挑むトレッキングコースは、酸素の薄い6000メートル級の峠を3ヶ所も越えて、強風が吹き荒れる40キロメートルもの氷河地帯を走破するというもの。その縦走距離は実に1700キロメートルで、登山以上にハードルが高そうなトレッキングです。

世界で最も過酷なトレイルと銘打つあたり、とてものんびりとした気分で進めるものではなさそうですね。途中には、世界最高峰のエベレストや世界5位の高峰マカルーが登場するとのこと。

この過酷すぎるトレイルの果てに、一体どんな光景が待ち受けているのか、とても楽しみです。

なぜ厳しい環境のところにあえて挑むのか?は、人間がもつ冒険心です。グレートヒマラヤトレイルは過酷な道のりで人間が歩けるようなところではありません。

それでも挑戦してしまう人間は、達成したい気持ちが強くやめようとしません。

険しい道のりと、酸素濃度が低いこと、厳しい寒さがあります。

酸素が低いと、偏頭痛を起こしてしまい登山どころでは無くなります。

頭がガンガンすると人間は、ストレスを感じてしまい正気では無くなります。

それに付け加えて、寒さからは逃げられません。

強風が吹き荒れる氷河期を40キロも制覇するのは、人間の極限を超えています。厳しい状況が続くと、心が折れそうになりますが、目的があるので挑めると思います。

ここまで来たら引き返せない状況が、人間の心を奮い立たせて頑張れます。

これまで見た事がない絶景を見る事が出来れば、来てよかったとこれまでの苦しさを忘れられます。

こんな景色があったのかと得した気分になり、最高の思い出になります。

自然の力が造り出した山々は、人間の心を動かします。

自分がいかにちっぽけなものだったのかと感じる瞬間が待っています。知力・体力・時の運が重なって、壮絶な道のりは幕を閉じます。

総括

「グレートヒマラヤトレイル」では、誰もが知っているヒマラヤ山脈を歩き続け、ネパールを横断していくという内容になっています。世界でも有数のヒマラヤ山脈ですが、名前は知っていてもどれだけの規模なのか?というのは、山に詳しい人以外は想像もつかないと思います。

ヒマラヤ山脈は数々の山が連なった場所のことを指しているのですが、標高8000mを越える山々がいくつもある中で、その道のりは非常に険しいです。あの富士山でも標高は4000mないので、8000mの山々がいくつもあるというのがいかに壮大な場所か?というのが分かるでしょう。

そして、ヒマラヤ山脈というのは氷河地帯も含んでおり、普通の地形ではないような場所があるため、そういったところは想像を絶するきつさになっています。

普通に歩くことができる地面ではないので、自然とはこういうものなんだというのを実感できるシーンになっていると思います。

そういった困難な難所を含めて、ヒマラヤ山脈を歩いた結果どんな光景が待っているのか?ここは視聴者も大注目です。

自然の光景というのはテレビよりも実際に見た方が良いとは思うものの、ヒマラヤ山脈の光景はテレビでも魅力は十分に伝わると思うので、そこは楽しみだと思うのです。

誰も見たことのないエベレストの光景、という惹句が魅力的。NHKの自然ドキュメンタリーは映像が本当にすごいので、雄大な自然のスケールが大いに楽しめることを期待しています。

・世界で最も過酷なトレイル、とありますが、同じNHKのグレートレースも大好きで、自分では絶対にできない過酷な道を歩む姿には感動を覚えます。また、疑似体験としても滅多に見られないもの。6,000メートル級の峠が3つとありますが、日本で一番高い山富士山が3,000メートル級であることを考えると、標高がの高さがわかります。

ということは、酸素がとにかく薄い、また高山病との戦いや40kmを歩いて進まないといけないはずなので、ドキュメンタリーとしての迫力も感じます。

・山岳カメラマンということは、この過酷な環境で、さらに機材を抱えていくということ。挑戦しているなあと思います。

・世界の車窓からの素敵な声でおなじみの石丸謙二郎さんの語り。

素晴らしい景色に石丸さんの声は本当にしっくり来るので、土曜日の夜をしっとりと過ごせます。

まだまだ暑い日が続く中で、ヒマラヤの高地は雪に覆われていると思うので、目だけでも涼しいを通り越して冷やっと寒い気分になれるはず。

グレートヒマラヤトレイル/動画/無料視聴/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)では、みれません。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

グレートヒマラヤトレイル/動画/無料視聴/