zi-o

(仮面ライダージオウ 動画(最終回)無料視聴/daily最終回pandoraまとめ

(仮面ライダージオウ 動画(最終回)無料!8/25ネタバレ、感想まとめ見逃した!視聴

 
仮面ライダージオウ動画最終回Dailymotion

仮面ライダージオウ動画最終回無料

仮面ライダージオウ動画最終回pandoraや仮面ライダージオウ最終回Dailymotionでは

削除されていて見れない方も多いと思います

2019年8月25日9時からテレビ朝日で『仮面ライダージオウ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 動画 最終回
 

仮面ライダージオウ/動画/最終回 ネタバレ

 

ツクヨミが裏切り、最後の戦いの決意を固めたソウゴを庇って盾になり命を落としたゲイツを見て、怒りと悲しみに落ちたソウゴがオーマジオウに変身してしまった瞬間は正直この先の展開が読めずハラハラしてしまいました。

今回のラストを締めくくるソウゴのグランドジオウに変身するシーンがいつもより、ゆっくり丁寧に描かれていて各レジェンドライダー達の変身時の効果音等に身震いして興奮しました。

「どんなに歴史が壊されても、仮面ライダーは壊れない!」とソウゴが言い放ったセリフも鳥肌モノでした。

オーマジオウになったソウゴの力も想像していた以上に圧倒的な力で、アナザーディケイドになったスウォルツを一切寄せ付けない様はまさに圧巻の一言でした。

ツクヨミが最後にスウォルツに剣を刺して一緒に消えていったシーンを見て、ツクヨミが裏切った訳では無かったと分かり、これもまた良かったと感じました。

皆が居ない世界で王になっても仕方ないと歴史を作り直す道を選んだソウゴに、やっぱりソウゴらしい決断だったなと感じました。

門矢士が「新しい旅が始められそうだ」と話していましたので、もしかしたらゼロワンの世界にも現れるのかもと密かに楽しみになりました。

20個の地球が21個になり、最後に1話のシーンに戻り、ソウゴ、ゲイツ、ツクヨミ、ウール、オーラが光ヶ森高校の生徒として笑顔で学校に登校するハッピーエンドなシーンに感無量となり、まだまだ見続けたいなと感じた最終回でした。

まず、裏切ると最後まで言い続けていた順一郎オジサンが最終回までとてもいい人で、まさか、ソウゴのために徹夜で壊れたライダーウォッチを直すとか、いくら時計屋とは言え、無償の愛がないと絶対やらない仕事だと思います。

そして、ちゃんと朝食を作り、ソウゴを送り届ける姿は凄く感動です。

晩御飯のリクエストは聞くことが出来なかったが、きっとオジサンは笑顔で晩御飯も作ると思うと、そのシーンも見てみたいと感じております。次にゲイツが死に、ソウゴは無事オーマジオウとなったが、世界を破壊する道ではなく創造の道を選んだことにゲイツたちの出会いが、まったく無駄ではなかったことの証明だったように思えます。

だから、未来は混とんとなり、それを変えるために危険を冒してまで過去にやってきたのに、オーマジオウになれとゲイツは促すことができたそう感じております。

最後に個人的に贔屓にしている士と海東のツーショットはゲストではなく準レギュラーと言う立ち位置であることを証明するようなカッコよく、この人たちならではの終わり方になっておりいます。

結局、士の作戦は上手くいかなかったが、ソウゴたちの世界が無事補完でき、新しい世界に旅立つ、それが目的だったのではないかと感じます。

仮面ライダージオウ キャスト

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮 仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳 ツクヨミ:大幡しえり 仮面ライダーウォズ/ウォズ:渡邊圭祐ウール:板垣李光人 オーラ:紺野彩夏 スウォルツ:兼崎健太郎 常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久
◇ゲスト
オーマジオウ:(声)小山力也 仮面ライダーディケイド/門矢士:井上正大 仮面ライダーディエンド/海東大樹:戸谷公人

 

仮面ライダージオウ最終回8/25感想

仮面ライダーツクヨミになったツクヨミが突然裏切った展開に驚きましたが、元々疑問だった何故ツクヨミやスウォルツ達の世界が消える運命にあるのか?が、門矢士の言葉により、ツクヨミ達の世界には仮面ライダーが居ないからという理由だったとは、これもまた驚きの真実でした。

門矢士が何故そんな事まで知っていたのかは明かされませんでしたが、元々は門矢士も仮面ライダーごとに世界が存在する事を仮面ライダーキバの紅渡からディケイド本編で聞かされたので、ひょっとしたらそれで気づいたのかもと思いました。

気づいたと言えば、順一郎が最後の戦いに向かうソウゴに気づき、皆に晩御飯のリクエストを聞いておいてとソウゴを送り出したシーンは、最後まで優しく暖かいおじさんだったなァと感激してしまいました。

そして直せない時計は無いと、ライドウォッチを修理して渡したシーンも本当に頼もしいおじさんを持ったなとソウゴが羨ましくも感じました。

今回のラストはディケイドの時みたいに劇場版で最終回を迎えるパターンでは?とヒヤヒヤしながら見ましたが、劇場版とテレビ版のifの世界(もしもの世界)的なモノとして描かれたみたいなので、個人的に良かったなと思いました。
ついに最終回になってしまいました。

予想としてはゲイツとツクヨミが消えて世界が平穏と予想してたのですが消えるどころか絶命したのは予想外でした。

予告でオーマジオウになるのはわかっていたのでウォズが間違いなく「祝え!新たなる王の誕生を!」と喜んで言うかと思ったらジオウから催促されて「は?」ときょとんとしていた挙句言わされてたのは予想外且つちょっとクスっときました。

ツクヨミに関してはいきなり裏切ったふりをしてここぞという機会を伺っていたわけですが、もうちょっとライダーとしての戦いもみたかったなぁというのが本音でした。

オーマジオウに結局なってしまったわけですが無双すぎてもはやチートレベルでしたね。今作の歴代平成ライダーで最も出番が多かったであろうディケイドは本編では終わり方が救われなかったはずですが、ジオウの終わりでまだいい感じ?に終われたので救われたのかなと思いました。

そしてラストシーン。

世界創造前ではさんざん報われない待遇だったウールくんも一緒に元気に学校に向かっている姿を見てよかったなぁと言いたくなったのは自分だけではないだろうと思いつつ、他の仲間達と共に過ごしている姿をみてほっこりとしました。

こうなると劇場版での別の終わり方も気になってきたのでそちらも是非確認したい所です。

仮面ライダージオウ動画最終回までのまとめ

最終回では仮面ライダーツクヨミが、ソウゴを裏切るようですが本当に裏切るのでしょうか?裏切ると見せかけて、最後の方でソウゴ達の力になるような気がします。

また、前回順一郎が危険を犯してまで直そうとしていたのは、やはり壊れたライドウォッチのようです。それにしても、順一郎は時計だけでなくデンライナーやライドウォッチまで直してしまうとはすごい技術です。

結局映画でもそうでしたが、ソウゴはオーマジオウになってしまうようですね。

未来のオーマジオウも、酷いことをしているようですが本当の悪人なのでしょうか?

前回ではソウゴを助けるような素振りを見せていますし案外ツンデレな部分があるのかもしれません。そして、ソウゴが変身するオーマジオウの実力は如何に?ゲイツが力尽きソウゴにオーマジオウになれと託す姿がありますが、ゲイツはなくなってしまうのでしょうか?気になるところです。

ライドウォッチが直り、グランドジオウに変身してもスウォルツの変身するアナザーディケイドには勝てず、映画でも別格の力を持ったオーマジオウが活躍するのでしょう。

今回はウォズについて触れている情報が少ないように感じますが、やはり最後までウォズは裏で動きソウゴのため、力になってくれると信じたいです。

ジオウ動画最終回の期待していたこと

「仮面ライダージオウ」最終回の見所は、なんといってもやはりとうとう変身した仮面ライダーツクヨミではないでしょうか。仮面ライダーツクヨミがどんな戦いをするのか、どのような役割を持つのかがとても楽しみです。

そしてピンチに陥ったソウゴ達の世界の行方も気になります。

鍵はやはり仮面ライダーディケイドなのでしょうか。ディケイドの活躍にも期待が高まります。ソウゴとゲイツそしてウォズの三人の関係性も気がかりです。

別々の目的を持ちながら、仲間としての友情を育ててきた彼らが最終回どうなっていくのかも注目ポイントだと思います。

楽しみな点は、劇場版との関わりです。劇場版のストーリーとは繋がりがあるのか、それとも全く別の物語になるのかとても楽しみです。

これまでに色々と張られてきた伏線がどのように回収していくのか、はたまた謎のままなのか、その辺りにも注目していきたいと思います。仮面ライダージオウと言えばやはりレジェンドライダーです。

今までの番組に出演してきた平成ライダー達が登場することで話題になりましたが、最終回に彼らが再登場したりもするのでしょうか。もしレジェンドライダー達も登場してくれたらとても嬉しいですね。

仮面ライダージオウ動画最終回までの感想

レジェンドライダーたちが登場するのが魅力的なジオウですが、私はジオウ組もジオウ組でいい味を出していて好きだなぁって思っています。

ソウゴは最初、底が見えなくて得体が知れずあまり人間らしさを感じなかったため実はアンドロイドだったりしない?と思い、この人間味があまり感じない点が魔王らしくて初期のころからソウゴのことは好感をもて好きでした。
そんなソウゴは話数が進んでくうち、どんどん人間らしくなって本来の性格がわかってきて、ジオウ終盤の今では怒りを表すようになったりとこの最初のころとの違いもまた魅力的でとても惹かれています。

ときには可愛く、ときには魔王らしさをだし、ときには普通の高校生らしさをだすなど、いろいろな面をもったソウゴが見ていて飽きず歴代ライダー主人公の中でも好きだなぁと感じます。

ゲイツ、ウォズ、ツクヨミのキャラやソウゴとの関係も好きで見ていて楽しいです。ゲイツとは最初、殺伐とした雰囲気になって最終的に戦ってどちらかが死んでしまうのかなぁと思っていたのですが、実際は頼れる仲間となってくれて安心して見ていられる状態になりました。

ウォズは怪しさ満載で絶対どこかで裏切るぞ……だったのですが、今ではすっかりソウゴに惹かれてしまって裏切る様子がない、たとえ裏切ったとしても実はそれは作戦だったんだな。

と感じられるほど、良き主従関係だぁと思っています。ツクヨミも思っていたイメージとは違い、ソウゴ、ゲイツ、ウォズをまとめるおかん的キャラクター、しかも歴代ヒロインの中では珍しく自ら戦い、地面をよく転がったりと守られているだけのヒロインよりも自分で戦う勇ましいヒロインの方が好きな私にとってはツクヨミはとても好きなヒロインです。

ジオウはもう少しで最終回ですが、もっともっとこの4人の活躍や関係をみていたいなど、ジオウ組とのお別れが寂しくてたまりません。

仮面ライダージオウ動画初回~

平成仮面ライダー20周年記念作品ということで、10周年記念の仮面ライダーディケイドとは違う制作陣の力の入れようを感じます。

ディケイドは、過去の主役ライダーたちが登場したもののほとんどがオリジナルキャストで、物語の世界観設定上、仕方のないことでありますが、ファンには少し物足りなさがありました。ただ、今回のジオウは、全ての平成ライダーが当時のキャストがそのまま登場。

各作品のその後を描いたライダーもあり、ジオウにて真の完結を迎えた剣や竜騎編はとても胸が熱くなる内容でした。

キャストも当時から時間経過とともに、演技力の上昇も見られ、当時と比較してみるなど新しい楽しみも出来ました。

ストーリー自体も未来から自分を倒しに来たゲイツと仲間になったり、各先輩ライダーと心を通わせていくというヒーロー特有の友情を感じるストーリーは視聴者を引っ張り、次回予告では、次にどの先輩ライダーが出てくるのか。毎週の楽しみにもなっていました。現在では物語も終盤。

10周年記念ライダーであるディケイドも実質4号ライダーとして戦線に加わっており、先輩の圧倒的安心感と演技力の高さが魅力です。主人公も18歳の学生であった序盤に比べて見違えるほどの演技力が上がっており、どのような終わりに繋がるのかが残り数話ですが楽しみです。

以前から疑問・謎となっていた、今のソウゴが何故、逢魔ジオウとなったのか?おそらくその謎が解き明かされる回だと思います。

予告の内容から想像されるのはこれまでの未来では、スウォルツによりソウゴが逢魔ジオウとなったようですが、新しい未来ではどのようになるのか?

おそらくこれまで語られた逢魔ジオウとはならないと思いますが。その原因となるのがツクヨミ。彼女の存在、能力、これからスウォルツとどのようになるのか?対峙するのか?何かしらスウォルツを良い方向に導くのか?その辺りを期待させる回になりそうです。

それ以外の楽しみとして、未来のゲイツとツクヨミについては、あまり映像として表せていませんでしたが、次回は映像として出てきそうな感じです。

あとはこれまでのストーリーの要所でないかと関わってきた、仮面ライダーディケイドとディエンド。彼らが次回は活躍する映像が流されていますが、彼らが何を求め、探して、これまで暗躍していたのか?

それも少しずつ明らかになるかと思います。

とにかく、クライマックスまであとわずか。全てのライダーが本当に消滅するのか?ソウゴはジオウとなるのか?なる場合はどのようなジオウとなるのか?ゲイツ・ツクヨミはそれぞれ自分の世界に帰り、そこで何を見るのか?そろそろその結果がで始める

総括

とにかくゲイツがかっこいいです。ソウゴには癒される感じです。最初は本当にソウゴが大魔ジオウになれるのかと思いました。鈍臭いし、子供と見ていて心配になるくらいでした。

でも、ソウゴの成長にはやはり仲間の存在が大切でゲイツが反発しつつもソウゴへの気持ちがわかって、愛があるんです。

8月4日でゲイツがアナザーワールドに引き込まれてしまった時に白ウォズが出てきて、これもまたかっこよかったです。

白ウォズの企みにちょっと気がつけませんでしたが、ツクヨミと二人でゲイツの本心が聞けて、感動してしまいました。

元の世界に戻りたい気持ちと新しい未来を作りたい気持ち。

私的にはゲイツが大魔ジオウでもいいんではないかと思うくらいです。二人がお互いに高め合っている姿を見ていると、子供の見ている番組なのに感動してしまいます。

そして、今後気になっていくのがスウォルツとツクヨミですね。

やはりツクヨミの正体がわかったからといって二人の仲間である事は変わらないし、見捨てることは出来ないでしょうね。

スウォルツの知的で冷たい感じが魅力ではありますが、ソウゴにステキな未来を手に入れてほしいですね。

もう少しでも終わってしまうんですが、最後まで目が離せないです。

最初はレジェンドライダーが順番に出てきて、平成最後の仮面ライダーということで豪華な内容になっているなと感じました。

特に、何年か前のライダーだった人たちが時を経て大人になり、今はこんなことをしているという当時では知ることのできなかった将来の姿を見ることができたのはとても嬉しいことでした。

ジオウの最初のストーリーはレジェンドの力を貰うと、そのライダーは歴史からいなくなり記憶もなくなるという内容に大人でも複雑で混乱するのに子どもには理解できるのか?子ども向けの内容になるのか?と思ったりもしました。

それでも、最新話まで見てこられたのはキャラクター達とストーリー、演出に引き込まれたからだと思います。

シリーズの締めごとにキャラクターの成長を大きく感じ、愛着がわいてきました。

戦い以外の日常のご飯やおやつを食べるシーンがほのぼのできたのは、キャストさん達も慣れてきて肩の力が抜け楽しんでいるのが伝わってきたからだと思います。

物語も佳境に入りほのぼのシーンは減りましたが、様々な伏線が回収され向かっているのが伝わってきています。
最近はウールやオーラなど、キャラクターが死んでいくという悲しい展開が多いのですが、最後にはハッピーエンドで皆が幸せになる最終回になってほしいと思います。

『仮面ライダージオウ』 今までの感想

平成最後の仮面ライダーとして話題になっていた中で、これまで見てきて各レジェンド仮面ライダーの登場や劇場版にしか登場しなかった仮面ライダー達を含め、本編で演じられてきたご本人が多数出演されたのが、凄く印象的だったなと思っています。

そんな見てきた印象の中でも、ジオウの変身フォームも飽きずに見られたかなとも思っており、レジェンドライダーの力を借りて、アーマーとして合体したジオウも其々に個性的な武器と技で楽しかったですし、龍騎編ではジオウIIという過去と未来を操る力を手に入れた新フォームになったのも、ついこの間の様に懐かしく感じています。

30話では仮面ライダーウォズと仮面ライダーゲイツと仮面ライダージオウが三位一体となり、仮面ライダートリニティとなった姿も初の三人で一人の仮面ライダーという設定に、とても興奮してしまったのを思い出します。

その後、全てのライドウォッチが一応集まり、グランドジオウという最終形態か?と思われる姿にまでジオウが進化していったのも、ストーリー的にも盛り上がったなと感じましたし、見ていても派手な進化した姿に飽きずに見られて良かったなとも思いました。

そんな平成最後にして半分は令和最初の仮面ライダージオウのてんこ盛りな、数々のライダー達やジオウの姿にとても楽しく見て来られたとも思っています。

auビデオパス

  ビデオパスの魅力は、ドラマ・アニメ・映画・バラエティなど観られるジャンルが豊富なところだと思います。同様の動画視聴サービスでもオリジナル作品を扱うものは多いですが、そのなかでも面白そうな作品が多い印象です。見逃し作品も多く扱われていて、忙しくてリアルタイムで観られなくても時間ができてからまとめて観ることもできます。バラエティも好きなので、これだけ充実していれば見飽きることはないです

。auユーザーだけでなく入会するだけですぐにコンテンツを楽しめる上に、初回30日間は無料なのでそれだけでも十分楽しめます。継続して使っても月額562円で見放題ですし、会員特典も充実していてかなりお得です。特に映画チケットが同伴者もお得に使えるのは魅力的だと思います。サイト自体もとても見やすく、何を観るか決まっていなくても観たい動画が沢山見つかると思いました。

再生時間を限定して検索できるのも面白い取り組みで、15分の作品も豊富のため隙間時間も暇を持て余すことはなくなると思います。テレビでも観られるのも嬉しいです。

1人がビデオパスに入っていてテレビに繋いでおけば家族全員で観られます。いつもは1人で楽しんで、休日に家族で鑑賞会をするといった楽しみ方ができるので、家族の時間も大切にできるところが良いと思います。

仮面ライダージオウ動画最終回までフル視聴できるauビデオパスのレビュー

基本的にビデオパスがあればテレビは必要が無くなります。そのくらいコンテンツが充実していて気に入っています。私はアニメ系の月額サイトとビデオパスを利用しているのですが、この2つで見たい映像作品はほぼカバー出来るのがすごいところ。個人的に一番気に入っている点が、毎月無料で最新作も見れるという点です。

以前はレンタルサイトを使っていたのですが、ビデオパスって毎月1作品までなら無料でレンタル用の最新作を観ることができます。同じサイトで利用した方が便利という点はもちろんですが、なんと言っても無料で観られるというのがすごくお得感があります。やっぱり全作品網羅とまではいかないにしても、結構気になる最新作ってあるじゃないですか。

私は古い作品を好んで観ることが多いのですが、それでも気になる最新作って出てきます。

そんな時に気軽に観れるというのが本当にありがたいですね。最近も気になっていた作品があったので無料で観ちゃいました。

ビデオパスを観るのは基本的にパソコンが多いです。夫婦で使っているパソコンデスクの真ん中に専用モニターを1台置いて、そこに流しながらゆっくり観るような感じ。テレビやスマホでも観れますし実際に使ってみるとマルチデバイスって本当に便利ですね。

最後に

常磐ソウゴがオーマジオウとなり世界を最低最悪の王として支配した為に、レジスタンスだったゲイツやツクヨミが2068年の未来から2018年のソウゴがまだ高校生だった世界へとやって来ましたが、ソウゴには過去にバス事故で両親を失うという悲しい出来事があり、親しい友人も居ないという環境の中で、ソウゴを倒しに来たゲイツとツクヨミと知り合い、大切な友達となっていったストーリーにも、とても感動しながら見てきました。

ゲイツは口数は少なく、思っている事を素直に話さない所がありますが、真っ直ぐなソウゴを見て、友と呼べる存在となりましたし、ツクヨミもソウゴがジオウⅡになった時に一度はソウゴを危険だと感じ、側を離れた事もありましたが、最高最善の王になるというソウゴの変わらない姿勢に再びソウゴを信じる様になり、そしてそんな三人をいつも然り気無く暖かく見守ってきたソウゴの叔父さんの順一郎の存在も忘れてはいけないなと感じています。

いつもドラマを明るくしてくれる順一郎には見ていてホッとしますし、頼まれたら何でも修理してしまう凄い面にも一目置いて見ています。

中でも電王編で壊れたデンライナーを修理してしまった時は、時計屋なのに電車も直せるという突き抜けた展開に思わず笑ってしまいましたが、順一郎なら直せるかもと思わせる伏線的なエピソードが今までに沢山ありましたので、自然に受け入れられ、楽しく見られたのも良かったと思っています。

「仮面ライダージオウ」もとうとう最終回になってしまいましたね!前回では、スウォルツは自分達の世界を破滅させないためにと、ソウゴにライダーウォッチを集めさ、別々の時間軸にいた仮面ライダーをすべて集結させることで、スウォルツがいた世界以外の世界を一つにまとめようとしていることが分かりました。

全てのライダーウオッチを集めて最高の王になると思っていたソウゴにとっては、あまりにも悲しい現実でしたね。

しかし、悔いてばかりはいられないと、反対にそれを上手く使って人々だけでも、スウォルツたちがいた世界に避難させようと考え、ツクヨミにウオッチを渡して仮面ライダーツクヨミを誕生させたものの、ツクヨミが裏切ってしまうようで、計画が白紙になってしまうようですね。せっかくソウゴたちが、出来ることを何とかしようとやっているのに、、。

ツクヨミはやっぱり兄であるスウォルツを裏切れないということでしょう。スウォルツはそこまで睨んでいたのかどうかは分かりませんが。たくさんの怪物たちで溢れかえり、もはやここまでか!と思ったときに順一郎おじさんがやって来て、ソウゴの修理したライダーウオッチを渡してくれるようなので、そこから巻き返すのではないかと期待しています!最終回だけに華々しく闘って欲しいです!仮面ライダージオウ最終回でした。

まず思ったのは撮影したのがいつなのか?は分りませんが、中の方暑そうで大変だなーって思いました。今回かなり敵味方含めて勢揃いしていましたからね。

当時はよく仮面ライダーを見ていたのですが、そのころと比べると戦闘シーンの迫力がすごいですね。CGをフルに使っているのでしょうが、まず俳優の演技とCGがマッチしているのがすごいなーってすごく感じました。あとナレーター役の方もいましたね、分りやすく申し上げると本をもった方ですね。

ラストシーンはこの続きは本に描かれず別の物語となるというお決まりのセリフがでましたか。

最後は高校に通うシーンでしたが、戦闘シーンから日常シーンへ移行したわけですが、ほのぼのとした雰囲気は昔の自分を思い出したようで懐かしかった。出演者の好みとしては腰まである長い女性の方ですね、名前だれでしょうか。

いずれにしても次シリーズへ移行となりました。俳優さんにしてみれば長期シリーズの撮影で週ごとに放映されるので個人的に撮影スケジュールはきつかったのかもしれません、まずはお疲れ様ともうしあげたいです。そして次の舞台で頑張って頂きたいです。

最後になりますが、仮面ライダーの次のシリーズも楽しみにしています。

違法動画はダメよ

インターネットなどに自身の作成した映像物や著作権を自身が保有しているものに関して動画をあげ、公開することは認められている権利です。

しかし、中には自分が作成した映像物または著作権が自分にないものなどをあげている人たちが中にはいるが、それは映像物を作成した人や、著作権を有している人に多大な損失を与えるため、そのような行為についてはきちんと処罰をする必要があると思います。

しかし、中には違法にインターネットにあげた動画で収益を得ていなければ公開してもいいのではないかという人もいるが、自分自身で収益を得ていなかったとしても、その映像物や著作権の所有者に正当に公開されていれば入っていた収入が入らなくなってしまうためどちらにせよ違法にインターネット上に動画をあげることは違法であると思います。

また、法律上はインターネット上に違法動画をあげることが禁止されているという状況ではあるが、その動画が違法にあげられているということを認識するためには、そのサイトを閲覧した人からの通報や報告がなければ分からないわけで、たとえその事実を認識したとしても、違法動画をあげた人を逮捕するためにはサーバーを辿っていく必要があり特定をするのがいま現在では困難であると思います。

そのため違法にあげられている動画などを検出するAIを導入することができれば違法動画をあげる人の抑制になるのではないかと思います。

日本では違法動画のダウンロードに関する取り締まりがどんどん厳しくなってきているような感じがします。著作権が侵害されるような違法動画をダウンロードすることは以前から禁止されていましたが、漫画や写真のような静止画であっても海賊版のものなら2年以下の懲役または200万円以下の罰金という刑に課せられてしまう法律が最近施行されました。

特にyoutubeで投稿されている動画をよく見る方にとってはその取り締まりの迅速な対応を何度も見かけたことがあるでしょう。自分もyoutubeでよくアニメやプロ野球の違法動画を投稿している方をよく見ますが、そういった動画がその日のうちに配信停止になっている状況をよく見かけます。

現在インターネットを利用すれば色んな情報を得られたり自分の好きな動画を見ることができるなどという点からインターネットを日常的に利用しているという方はとても多いことでしょう。しかし日本の違法動画を取り締まる法律について詳しく知らないという方もきっと多いかと思います。

ですので自分の気づかないうちにインターネット上で何か法律に触れてしまうようなことをしているという可能性もあるかもしれないというのが非常に怖いことではありますね。特に未成年者のインターネット利用者には特に気を付けてほしい点だと感じます。違法動画というものは近年非常に大きな問題になっていると考える

。SNSが発達し広く世代を超えて普及した今日では、情報の伝達速度も著しく上がり著作権が関わるあらゆる作品が瞬く間に拡散されている。TwitterやYoutubeなどにも著作権違反が疑われるようなアニメや映画がアップロードされているのもよく目にする。

このような行為を平然とやってのける人たちというのは、正直どれほど著作権元の利益を侵害しているかに疎く、その罪の重さを全く理解していないのであろう。

そのような現状から、現代人の著作権に関する意識の低さが浮き彫りになっていると思う。このような現状を改善するためにはどうすればいいのだろうか?その1つには学校教育でその被害の深刻さを教え込むことがあげられると思う。日本の教育制度の問題点に、学問の分野以外の社会で役立つような内容をあまり取り扱わないことがあると思う。

例えば、性教育や薬物関係、投資などの金融リテラシーなどだ。

このような日本の教育の弊害を克服し、著作権等の現代的な問題を義務教育のうちから外部講師を呼ぶなりして叩き込むことができれば、幾分かは著作権侵害が横行している日本のインターネットが良い方向へと向かうはずである。
(仮面ライダージオウ 動画 最終回)pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、kissasian、tver(ティーバー・ディーバー)ないときは

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダージオウ 動画 最終回
 

仮面ライダージオウ 最終回予告動画