バラエティ倉庫

歴史秘話ヒストリア 動画 三国志/8月28日無料視聴/スピードワゴン井戸田潤/nhk2019年まとめ

歴史秘話ヒストリア 動画 三国志/8月28日無料視聴(スピードワゴン井戸田潤出演)nhk2019年まとめ

 
ということで記事をお伝えします。
 
2019年8月28日22時30分からNHK総合で『歴史秘話ヒストリア「徹底解明!三国志 英雄たちの秘密」』が放送されます

 

当記事では

歴史秘話ヒストリア動画 三国志/8月28日を

無料視聴したい方へURLを掲載してみんなの感想をまとめた記事です

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア動画 三国志/8月28日
 

歴史秘話ヒストリア 2019年8月28日動画/番組内容

 

英雄たちの激動のドラマ「三国志」。名作漫画からゲームまで、圧倒的な人気を誇る歴史絵巻だ。今回、お笑い界屈指の三国志マニア・スピードワゴンが中国へ飛び、突撃取材を敢行!決戦・赤壁の戦いの“謎”や巨大兵器の恐るべき威力を大実験で徹底解明。子どもたちの胸を熱くした「人形劇三国志」が一夜限りの復活!当時のスタッフや声優が再結集し、英雄たちの知られざるドラマを描く。誰も知らない究極の三国志ワールドへご招待!

 

歴史秘話ヒストリア キャスト

 

井戸田潤,小沢一敬,
キャスター
渡邊佐和子,

谷隼人,森本レオ

三國志ファンのスピードワゴン出演

スピードワゴンの井戸田さん、ネタでもよく通る大きな声が印象的でもありますよね。

チャレンジ精神を感じたり、ハートが強いというイメージもあります。そして井戸田さんといえば三國志マニアとしても有名ですよね。

三國志検定模擬試験で100点満点を叩き出した程。

小沢さんは井戸田さんとは逆にかすれたハスキーボイスで声の小ささや聞き取りづらさも笑いになりますよね。

小沢さんはきっかけが漫画でそこから三國志が好きになったそうですが、漫画から三國志ファンになった方はやはりとても多いですよね。

お二人ともなかなかにクセが強くて、世界観を持っていて、スピードワゴンはネタもとても面白いけどそれぞれのキャラクターも好きです。

コンビともに三國志好きのスピードワゴンのお二人、歴史秘話ヒストリアの三國志回に出演されるというのは楽しみです。

でもなんとなく、あまりでしゃばって無理に笑いに繋げようとしなそうな気がしています。

あくまで主役は三國志という体をわきまえつつ、楽しく進めてくれるのではないかと。

スピードワゴンのお二人はNHKで、8月にもBSで三國志をとりあげた番組に出演されていたんですよね。今回また三國志の番組で、どんな話をするのか気になってます。
 

歴史秘話ヒストリア 動画 三国志の英雄まとめ

歴史秘話ヒストリア 動画 諸葛孔明

布や関羽・張飛・趙雲などの豪傑に憧れがちですが、知略で戦う軍師という時点が好きなところです。

特に、欲があまりない人物というところが素晴らしいと思います。当初、劉備玄徳が軍師の打診をしに行った時に居留守を使って何度も伺う事で軍師を引き受けるのですが、なんといっても士官する事や出世に一切興味がない無欲さが素晴らしいです。

又、有名な赤壁の戦いでは、弓矢を集める作戦などはまさに知略そのものです、当時では天才的に頭がよかったのではないかと思います。

天下三分の計を考えたのも諸葛孔明で有り、国を3つにする事で均衡を保つという、現代でも考え付かないような世界観を持った非常に優秀な軍師に感服致します。

その中でも最大の知略と言えば、なんといっても自分の死期が近付いた時、自分の死すら部下に指示をしておき作戦にしたところが素晴らしいと思います。

裏切る事もなく最後の最後まで蜀の為に尽くした諸葛孔明はやはり三国志を語る上では好きな人物と言わざるをえません。

実際の人気も高く、他にも有名な軍師はたくさんいますが、三国志全体の中でも一番人気といわれる諸葛孔明が好きな人物になります。

歴史秘話ヒストリア 動画 曹操孟徳

『三国志演義』では独裁や虐殺の面が強調され、『続後漢書』では漢王朝の正当な継承者から国を奪い取った悪人として描かれていますが、近代における『三国志』では古い慣習にとらわれず合理的な考えを持って頭角を現していったことが評価されています。

子供にも分かりやすく描かれた横山光輝氏の漫画『三国志』では、主人公として登場した劉備玄徳とは異なる魅力で曹操が描かれているので、曹操が主役に感じるシーンも多々あります。

私が曹操を魅力的に感じる一番の理由は、実力主義であったことです。曹操に認めてもらえれば普通では考えられないチャンスに出会えること。もちろん不正をしたり、実力があっても融通が利かなかったり自分の腕に溺れたりすると、曹操の元では生き残れない厳しさもありますが、曹操は芸術を発展させ、時代に合った政治を行い、平民の文化や商業を発展させ、結果としてたくさんの人間に安全で幸せな生活を提供しました。

また、それまでの権力争いでのし上がったリーダー達は自らが国のリーダーとなり傍若無人となり果てていきましたが、曹操は自らが国のリーダーになることは目指さず(曹操の人生の終盤に魏の皇帝になりますが)魏の基盤づくりに励んだところも好感を持ちます。

歴史秘話ヒストリア 動画 劉備玄徳(りゅうびげんとく)

「劉備玄徳(りゅうびげんとく)」となっていてのちの蜀の皇帝になる人物となっていて、漢室を再興させるために最後まで戦い抜いた人物であり、関羽と張飛が義兄弟であることは有名かなと思います。

「劉備玄徳」はもともとは貧しい暮らしをしていた村民でありましたが、たまたま訪れた街にて関羽と張飛と出会い互いに意気投合しこのときから漢室を復興させようと計画をたて、そのときにおきた黄巾の乱をきっかけに戦乱に足を踏み出すことになるのです。

ちなみに「劉備玄徳」は中山靖王と知られた劉勝また劉貞の末裔でもあり、高祖は項羽と激戦を繰り広げた劉邦となっています。

そのため、「劉備玄徳」は漢室を救わないといけない使命もあったのであります。黄巾の乱以降も反董卓連合軍に参加し最初は冷遇を受けながらも曹操や孫堅、袁紹などをはじめとする有名な人物たちの力を借りて、徐々に戦力を伸ばし実績を積んでいくことになるのであります。

この頃に趙雲とも出会い、はじめての猛将・勇将を迎え入れることになるのであります。

また「劉備玄徳」は実績や戦果を上げながらも苦しい状況が続いたり張飛や関羽らと一時的に離れ離れになってしまったり、味方の裏切りにあい窮地にたたされたり、城を奪われ流浪のみになってしまったりしながらも最後まで漢室を再興するという志は諦めず、辛い苦しい状況を経験しながらも黄忠、魏延、諸葛亮、馬超、馬岱、厳顔、呉懿などの部下を手に入れつつ関羽や張飛の息子たちも配下に加わり、蜀周辺を統治していき蜀を建国したのであります。

「劉備玄徳」は志半ばで病に倒れ、これからというときにこの世をさりましたが、息子である劉禅があとをつぎ諸葛亮が丞相として支援していくことになり、その後も漢室を再興するということは行われていたのですが、魏軍の勢力が強まり蜀は衰退していってしまうのであります。

歴史秘話ヒストリア 動画 周瑜

私が好きな三国志の英雄は周瑜です。

若くしてこの世を去った彼ですが、非常に濃く中華の舞台で活躍しています。

ただし、天才であることが好きというわけではありません。もしそれならば、そこには諸葛亮がいるわけですから。

周瑜の魅力は人間味あふれる振る舞いにあります。赤壁の戦いでは曹操と対峙する総大将として大群を率い、これを撃退しました。

まさに主役の働きです。その際、諸葛亮の智謀を戦いに利用するわけですが、その中には諸葛亮に対する嫉妬も見え隠れしています。希代の天才軍師諸葛亮は、実は周瑜に命を狙われていたとも言います。

実際、赤壁の勝利の後、諸葛亮が蜀に戻ってこれたのはさすがと言うところです。

周瑜の晩年は病が進行している中での合戦の日々でした。

普段は取らない戦を急いだような戦術も、周瑜の「自分が生きているうちに」という思いからです。周瑜亡き後、呂蒙が関羽を討てたのも、ある意味周瑜が呉の道筋を立てていたからだとも言えるでしょう。

周瑜と言えば、孫策にとっては親友、孫権にとっては道しるべともいうべき存在であり、呉の至宝だった人物です。

至宝のような人物なのにも関わらず、血気盛んで短気なところが、ある意味歴史のドラマとして見るのに好きであるところです。

歴史秘話ヒストリア 動画 劉備

日本で昔から人気の三国志。「三国志演義」はかなり古い時代から伝わってきました。

日本においてもっとも読まれたであろう吉川英二の「三国志」は演義を元にしていますので主人公は劉備となっています。

劉備も確かに魅力ある人物ですが、物語の中でもっとも魅力があるのは曹操ではないでしょうか。

乱世の奸雄ともいわれ小説の中では悪役的な存在ですが、当人は知性がずば抜けていて政道にも深い理解がありそして司令官としても優秀。

人望は序盤ではあまり良い感じには描かれていませんでしたが、優秀な人材を集めることに積極的で劉備や関羽も配下にしようとするなど、見所があればてき陣営からでも登用しようとする人物としての大きさがあります。

本人が強烈な個性を放ち自陣営の部下があまり目立たないといったこともありますがおそらく作中で一番輝いていたのは曹操でしょう。完全無欠、クールな印象はありますが自身の性格から来る失敗も多くそのために窮地に陥ることもたびたびあり憎めない点も見逃せません。

自分のミスで部下を失ってしまったときは涙し詫びるなど人材を大切に思っていた印象が強い人でもあります。

小説では千年に一人の人物と称されていますがまさにその通りで、彼のようにすべてにおいて聡明な人物は現れないでしょう。

乱世を収束させる人物は彼のようにずば抜けた優秀な人物でなければ出来ないことでした。

歴史秘話ヒストリア 動画 魯粛

私は三国志の登場人物の英雄の中で呉の魯粛が好きです。

なかには魯粛が英雄?と思う人がいるかもしれません。確かに勇猛な武将のイメージが少ないばかりか、三国志演義では赤壁の戦いの前に劉備陣営の諸葛亮と呉の周瑜、その他降伏派の幕僚、主君の孫権の間で板挟みになって右往左往しているイメージで描かれています。

実際三国志演義をベースにした横山光輝の漫画では丸顔のお人よしそうなおじさんのように描かれています。しかし、史実では魯粛は武芸に秀でた有能な武将で、厳格で冷静、誰からも信頼度の高い実力者であったそうです。

実際周瑜亡きあと後継者として呉の軍略のトップに就いています。

呉の後期の呂蒙をとりたてたのも魯粛です。

お人よしの優柔不断な人がそんな立場になれるはずがありません。冷静に考えると、三国志のハイライトの赤壁の戦いで劉備と孫権の同盟自体が魯粛の計らいです。単身劉備陣営に乗り込み、説得役として諸葛亮を連れて降伏派を説得して赤壁の戦いに挑んだというのは、劉備や周瑜の活躍に目が行きがちですが筋書きを書いた魯粛こそすごいです。

そんな、自分が目立とうとせずに陰でいろいろな人と折衝して、最終的に自国の勝利を導くという渋い活躍ぶり、それなのに間抜けに描かれがちなところにシンパシーを感じて、私のお気に入りの英雄は魯粛です。

みんなの感想

 

人形劇の復活まである

自分は生まれる前だけど、NHKで三國志の人形劇がやっていたことは知ってる。

それだけ伝説的な番組だったといえるんだろうなぁ。
人形の美しさや、衣装などのすごさとか、動きや技術、そして話もとても良かったらしい。

とても興味がある。それきっかけで三國志の面白さに目覚めたって人もいっぱいいるわけでしょ?

三國志にくわえて人形とか衣装とかにも目覚めたりするパターンもあったみたいね。

子供達が夢中になるだけじゃなく、大人がみても深くて夢中になるとか。

うちの親も、こんなにすごかったんだから!って熱弁してたのを今でも覚えてるんだ。

その人形劇三國志が、なんと今回限りの復活っていうんだから観なくちゃ。

出演者に谷隼人さん、森本レオさんの名前もあったけど当時人形劇で声優をつとめていたんですね。

声優さんも同じで復活させる、素晴らしいですね!これは楽しみです!

スピードワゴンの小沢さんと井戸田さんは、中国に行って各地で取材をして謎に迫ったり、三國志にまつわる武器とかにふれたりもあるんだって。

三國志マニアという点も好感が持てるんだよね。貴重な話も聞けそうだし、兵器の威力をみられるのとかも楽しみ。

観てるときはたぶんめっちゃ目が輝いてる自分がいると思う。

 

日本にもファンの多い三國志

三國志ファンは日本人でもものすごくいっぱいいますよね。

本当にどこにいっても誰かしらはいると思います。マンガ、ゲーム、人形劇のような様々な人気コンテンツまで生み出していますよね。

そこから興味を持って三國志の沼にハマっていく人が増えていくんですよね。

三國志のキャラクターの性別を変えたり、設定を変えたりするマンガも沢山作られていて、どれだけ三國志が人気があるのかを感じられます。

三國志がきっかけで中国の歴史に興味を持つ日本人は間違いなく多いと思います。

歴史秘話ヒストリアで三國志をピックアップするというのだから今からとても楽しみです。

この番組には、丁寧にテーマを掘り下げてみせていくという印象があるので期待しています。一体どんな50分になっているのでしょうか。

子供にみせてもなかなか興味深くみてくれる作りなのもいいなと思ってます。大人が楽しめる番組だとは思いますが、子供もへーそうなんだと物語のように楽しめたりして観られるので、勉強にもなってます。こういう番組ってありがたいんですよね。

三國志をよく知らないけど気になっているとか、何がそんなに魅力なんだろうと思ってる人にもその世界の片鱗に触れることで、興味を持つきっかけにもなるかもしれませんよね。

 

人気の秘密

「歴史秘話ヒストリア「徹底解明!三国志 英雄たちの秘密」では、ファンが非常に多い三国志に関して特集されています。

マンガやゲームの題材になることも多い三国志というのは、日本人でも好きな人はかなり多くいるのが特徴です。

そして、この番組では三国志好きというか、マニアレベルのスピードワゴンの2人が中国まで行き、取材をしてくるという内容になっています。

三国志がかなり好きな2人なので、相当気合いを入れて現地でいろいろなことを調べてくるのではないか?と思います。三国志好きな人は多くいるはずなので、そういった人にとっては非常に楽しめる内容になっているでしょう。

また、三国志の魅力を伝えていくという意味では、三国志に対してそこまで関心がない人にとっても興味をそそる内容になっていると思います。

三国志のファンがこれだけ多いとなると、それ自体に惹きつけるものがあると思うのです。

だから、三国志とは何か?といったことを含めて、三国志にかかわることを見聞きすると、そこから興味を示す人もいると思うので、多くの人におすすめの番組でしょう。

三国志が好きな人にとってもなかなか知ることができない現地の情報などを知るきっかけになるので、見どころは満載だと思います。

まとめ

 

数々の英雄たちを生み出した三国志は、今もなお多く語り継がれていて、一度は三国志を読んだことがあると思うし、三国志の世界を知ると三国志の面白さを知ることが出来ます。

スピードワゴンの井戸田潤さんが中国へ取材に行き、現地で赤壁の戦いの謎に迫ったり、巨大兵器の威力を実験したり、三国志の奥深さを追求してくれると思うと、どんなことを語ってくれるのか楽しみです。

歴史に名を残した武将達がこの土地で歩んだ世界を肌で感じることによって、更に三国志を好きになることが出来るし、生きるための知恵や原動力がそこには沢山詰まっていると思うので、中国で見たこと景色を目に焼き付けることが出来る井戸田潤さんが羨ましいなと思えると思います。

子供達の胸を熱くした三国志の人形劇も一夜限りで復活し、再び私たちの胸を熱くしてくれると思います。英雄達の数々のドラマを描いてくれると思うし、知らなかった彼らの姿を見られる一面もあるかも知れません。

三国志の世界にどっぷり浸かって、三国志の世界の魅力を堪能して見るのも良いかなと思います。

沢山出てくる英雄達を知って、その人物に惚れるかもしれないし、新しい発見を見る事が出来ると思うと、胸が一杯になること間違いないです。

歴史の解明をするので、三国志は有名

三国志正史と三国志演義それぞれ歴史は違いますが、似てる部分もあります。

人形劇とコーエーのゲーム、携帯のゲームもあります。携帯版の場合は時空がありますのでやり方が違います。

スポットライトは赤壁の戦いですが、世に言う連環の計が主要な所でもあります。

曹操は大群兵力と船で呉を圧倒していました。

曹操の軍師は味方でありながら、敵国の援護をしましたから何故そのような事をしたのかはテレビを見ていたら分かると思います。曹操は大群兵力に被害を受けたので、引き上げるしかありませんでした。

その間に軍備を整えとくことができます

赤壁の戦いには秘話がありますから、連環の計が上手くいかなかったら、呉は滅亡していたかもしれませんので、次は蜀になります。ある学者の集まりで知り合いでしたから成功しました。

蜀の五虎将軍は関羽・張飛・超雲・馬超・黄忠が存在します。将軍の活躍がなかったら、蜀の建国はありませんでした。関羽雲長は後の神として奉られています。

巨大兵器の謎は当時には岩を飛ばすしかありませんでしたから、どのようにして飛ばしたのか解明してくれると思います。劉備元徳は義勇軍を率いていましたから、最初の頃は客将で各地を転々としていました。

こんなエピソードがありました、曹操の所に客将として行ったので、些細な事に驚いて見せています。

気が弱いのかと曹操に思わせたかったみたいです。後の最大の敵になる事に曹操も気付いてなかったみたいです。

スピードワゴンさんなら解明してくれるはずです。後漢末期の三国志で魏には呂布武力には優れていますから、関羽と張飛でもてまどいます。

呂布は赤兎馬を持っていましたから、優れた馬と武力を使いました。

呉には周瑜の他に陸遜は優れた知力を持っています。

何かに優れている所を使ってもらい三国志がなりたっています。

三国志は当時の英雄しか分かりませんけど、少しでも解明する事は可能です。余

談:三国志の英雄武将の外伝をたまにしています。

 
歴史秘話ヒストリア動画 三国志/8月28日/youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないときは
下記にて
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア動画 三国志/8月28日