バラエティ倉庫

鳥人間コンテスト 2019 動画 8月28日/第42回無料視聴/再放送!Iwataniスペシャル

鳥人間コンテスト2019動画8月28日/第42回無料視聴/再放送!Iwataniスペシャル

 
ということで記事をお伝えします。

2019年8月28日19時から『【空前絶後の新記録誕生】Iwataniスペシャル鳥人間コンテスト2019』が放送されます

 

当記事では、鳥人間コンテスト2019年8月28日の無料動画視聴ができるURLや視聴者の評価などをまとめた記事です。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

鳥人間コンテスト2019動画8月28日無料視聴
 

鳥人間コンテスト2019 8月28日動画番組内容

 

琵琶湖を舞台に開催される自作の人力飛行機による競技会、鳥人間コンテストの第42回大会。

ついに空前絶後の新記録が誕生!

▽全長60kmの新コース。 2年前、40kmを飛行した王者・伊賀に日本大学、東北大学ら学生チームが挑む!

超過酷な人力プロペラ機部門を制するのは?

▽目まぐるしく変化する天候に滑空機部門は大波乱の連続!本命なき戦いを制するのは果たして!? ▽今年も珍パイロット続々登場!

 
前回は台風の影響で、飛べないチームもあったりして、思う存分この番組を楽しめなかったので、今回は天候に恵まれて、全チーム飛ぶことができたのか?とても楽しみにしています。

全長40kmのコースから更に伸びた60kmの新コース!ただでさえ、40kmでも長いと思っていたのに、20kmも増えるなんて驚きました。

40kmのときでも、全て飛びきるチームも多くはなかったのに、こんな長い距離になって、飛びきることができるチームが現れるのか、伊賀のチームに一番期待しています。

伊賀チームの操縦士の方の、鳥人間に対する熱がすごいし、機体もスマートでかっこいいです!

今回も安定感のあるフライトで、スマートに飛び切ってほしいです。また、学生チームも、みんなで頑張って機体を作ったり、トレーニングしたり、目標に向かって頑張っている姿がとてもかっこいいです。

青春だなと、懐かしく思いながら見ています。

番組内容の最後の一文も気になります!

今年も珍パイロット続々登場!とは?!どんはパイロットが見れるのか楽しみです。

毎年参加しているパイロットの方やメンバーも個性的で面白いと思いますし、機体もそれぞれの個性が出ていて、注目してみています。

鳥人間コンテスト2019 キャスト

 

MC
矢部浩之(ナインティナイン)、羽鳥慎一
スタジオ
滝沢カレン、武井壮、紫吹淳、真壁刀義、アインシュタイン
プラットホーム
向井慧(パンサー)、秋元真夏(乃木坂46)
ボートリポート
荻原次晴
解説
鈴木正人
大会アナウンス
中矢由紀

滝沢カレンさんの魅力的なコメントも見たい

滝沢カレンはモデルだけあって、スタイルが良くて綺麗ですよね。

日本人離れした顔だなと思ったら、ハーフだったんですね。お父さんがウクライナ人らしいですが、ウクライナって美人が多い国として知られているので納得です。女性はモデルとして認識していたのかもしれませんが、男性はタレントとして認識している人が多いのではないでしょうか。

今やバラエティ番組に引っ張りだこですよね。

その美しい見た目とは裏腹に、おバカタレントとして活躍しています。

美人な人って一方で冷たい印象を受けたりしませんか。斜に構えている人も多い印象が。

彼女はその真逆だと思います。馬鹿なことも堂々とできる、潔さがあると思います。

というより、元から天然な感じなのかもしれませんね

。たまに大御所芸能人と共演して失礼なことをしてしまう彼女ですが、けっこう許される。それはあの端麗な外見と天然な中身のギャップからでしょうかね。

何でも笑いに変えてしまうような感じがあります。彼女の魅力は、やはり話す日本語でしょう。たとんちんかんなことを言って、みんなを困惑させてしまいます。

様々なおバカキャラがいましたが、新時代のおバカタレントが出てきたなと思いました。愛嬌があって可愛いので、許しましょう。
 

鳥人間コンテスト2019動画8月28日視聴者の評価

 

夏といえばこの番組ですね。鳥人間コンテスト。

子どもの頃から見ている番組で、今年もとても楽しみです。

自分が子供の頃はおもしろい参加者で笑ったりしていた記憶が強いのですが、今は我が子と一緒に参加者の涙や言葉にできない喜びに、こちらまで熱くなりながら見ています。やはり今年の大会で一番気になるところは新コースです。

体力の限界に挑むパイロットたちが初めて挑戦する新コース。60キロという今までにない長さに、生まれるであろうドラマに期待せずにはいられません。

ただ、天候も気になります。

一年間この日のために努力し続けてきた参加者たち。

今まで、どうすることもできない強風のために満足いくフライトができなかったり、フライトそのものが中止されたりして、参加者が涙する回もありました。

天候が不安定だった今年の夏、どうか全参加者がチャレンジできるといいのですが。

最後に、前人未到の新記録が樹立されたということに、いったいどんなフライトがあったのか予想もできません。

王者と、青春をかけて挑む学生チーム。いったいどのチームが新記録を樹立したのでしょうか。

その瞬間は見逃せません。いろいろ予想し、熱い展開を期待しながら、放送日を楽しみに待ちたいと思います。

 

昭和~平成そして令和へ

鳥人間コンテストは、昭和時代から行われていて当時は、飛行機も珍しかった時代なので人間が、空をちょっとの間でも飛行するのが、すごい驚きでした。当時の鳥人間コンテストでは、手作り感のある工作もあり仲間たちと長期間かけて作った飛行道具が、すぐに落下していたりしていました。

しかし、落下してもそれをも皆で楽しむのが、鳥人間の面白い所です。

人間の夢でもある鳥のように飛ぶという経験に挑戦することに意義が、あると思います。

なのでたとえ飛べなくてもその道具を作っている時は、ワクワクすると思いますし仲間と一定の飛行道具を作り上げた達成感もあると思います。

海に向かって飛ぶところが、見どころになりますが、遠くまで飛行すると歓声をあげたくなります。人の常識を超えて飛んでいるような感覚になります。

今回も大学生たちが、自信の人力飛行機で挑戦するのが、楽しみです。

プロペラなどにもこだわり頭脳も駆使しているのでかなり期待できる飛行距離になりそうです。

珍パイロットの登場も楽しみです。琵琶湖に向かって飛行するのも景色が、良さそうですね。

パイロットが、走って飛ぶ瞬間が、ドキドキします。

視聴者の参加できる番組なので恒例化し続けてほしいですね。

まとめ

 
鳥人間コンテストは、昔からある素人の名物番組です。

飛ばなきゃ、ならないワケがある!と言うように次第に熱くなってきてます。

最初は、湖に落ちるだけで笑いが取れるものでしたが、年々グレードが上がっています。

軽量設計により遠くに飛べるようになりました。羽根も横に広がり、風を切るように設計されています。

乗る人は一人ですが、ペダルをこいでプロヘラを回しています。送り出すタイミングが合わないと、せっかく造った飛行機が台無しになってしまいます。

押す力と操縦士のタイミングで距離は出ると思います。

これまで足場の上からドボンばかりでしたが、高度な技術により飛距離が出ています。

どうしたら距離が出るか?考えた末、浮力を使うことに思いつきました。

華奢な造りだと、すぐ壊れてしまうので軽量で丈夫な骨組みと羽根の耐久性です。

尾翼も参考にすると、尚効果が出て来そうです。

いつかは落下しますが、少しの時間でも鳥になれたらいいなぁと思います。

低空飛行でも距離が出ると嬉しいものです。人間はいつも羽ばたきたい気持ちがあるので、この番組は無くならない気がします。

チャレンジ精神があり、大きな夢があります。本番で失敗しないで欲しい限りです。

Iwataniスペシャル鳥人間コンテスト2019は、空前絶後の大記録が出るということなのでとても楽しみだなと思いました。

人が空を飛ぶという夢のある企画なだけじゃなく、それに並々ならぬ思いを込めた人たちの努力や知恵などいろんな感動も味わえるところがとてもおもしろいです。

全長60メートルもある新コースが今回は用意されているようだけど、どんなコースなのかが気になりました。

たくさんの人の気持ちがこもっているから、1メートルでも数センチでも長くみんなが飛ぶことを達成してくれたらなと期待感でいっぱいです。

特に、2年前に40kmを飛行した王者の大学生たちのチームがとても気になります。

24時間テレビ、ビックイベント鳥人間コンテスト

歴史も長く今年で42回目の大会となりました。大学生の参加が多く、この大会に学生生活すべてをかけている学生も多いので、毎年のように感動を呼んでいます。

記録も年々更新され、まさにこの道のプロが参加するようになってきました。

この40年ほどの間にレベルが高くなり、技術の進化がうかがえます。人力プロペラ機部門は60キロの新コースが出現しました。

昨年40キロを飛行した伊賀をはじめ、常連の東北大学や日本大学がどのような記録を残すのかに期待されています。

また他のチームが優勝をさらっていくかもしれないので、新たなチームの出現も待ち焦がれています。

毎年開催地の琵琶湖特有の風向きも勝敗を分けることが多いの、大変な作業が待ち構えております。

台風で中止になったこともあるので、開催された今年は天気にも恵まれたようで、一安心です。

40キロを飛行するには1時間以上、狭い飛行機の中で自転車をこぎ続けなければならず、体育会系の競技ともいえます。

世の中にはこんなすばらしい情熱を持った若者が多いことに頭が下がります。

死力を尽くして頑張ってください。
 
鳥人間コンテスト2019動画8月28日無料視聴youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー)でみれないときに

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

鳥人間コンテスト2019動画8月28日無料視聴