ドラマ

サ道 7話/動画/7話ドラマ無料視聴/8月30日見逃し配信/再放送

サ道 7話動画7話ドラマ無料視聴/8月30日見逃し配信/再放送

 

2019年8月30日24時59分からテレビ東京から放送されます

本記事では、『ドラマ25 サ道 第7話「ゴッドファーザーと共にととのう」』を見逃した時に再放送がないので無料視聴したい方と視聴者の感想をまとめた記事です

 
ドラマ25 サ道 ドラマ7話動画第7話は、下記で

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

サ道 動画 7話
 

サ道 /8月24日の第7話動画番組内容

 

ナカタアツロウ(原田泰造)は、ある日を境に全国のサウナに足を運んでいる。突然ととのわなくなってしまい、苦悩する偶然さん(三宅弘城)が会ってみたいという“サウナ界のゴッドファーザー・米田さん”。その存在を知ったナカタは米田さんが経営している“店内にはフィンランドがある”と噂のサウナ施設がある名古屋へと向かう。店内にあるサウナの1つ“森のサウナ”は米田さんが作った渾身のサウナらしいのだが…。

 

サ道 キャスト

 

ナカタアツロウ…原田泰造 偶然さん…三宅弘城 イケメン蒸し男…磯村勇斗 ○ 赤井君…荒井敦史 米田行孝…米田行孝

 

原田泰造さんの魅力

元気で勢いのあるイメージは昔から変わりません。

ぱっと見、おちついたおとなの雰囲気のある方ですが、お笑い番組やバラエティ番組では無邪気な一面をのぞかせたりして、色々な顔をもつ芸人さんです。「はーらーだ・たいぞーです!」の持ちネタはおなじみですが、今やお笑い業だけではなく、俳優業としてもベテランの域に達してきた泰造さんです。近年ではドラマやCMでのお父さん役でも定評があります。

私生活でもきっとよいお父さんなのでは?と思わせるような演技をされます。

最近一番印象に残っているのはCMで、ケガをした娘をすごく心配そうにみつめるもの。娘がいたら、本当にこんな感じで接していそうと思ってしまいます。

しかし優しい役だけでなく、悪人役も上手にこなす方なので、器用なだけでなく、役柄に関しても研究熱心な方なのだろうなと思います。

さまざまな作品ににひっぱりだこな泰造さんはは、良い俳優として認められている証なのだろうと思います。

泰造さんは声も素敵なので、ナレーションにも向いていると思います。

とても聞きやすい声なので内容がスッと入ってきやすい。声優としても活躍が期待できると思います。

もとはお笑いタレントなのに、マルチな才能がある泰造さんの今後の活躍がより楽しみです。

大河ドラマでは『龍馬伝』で近藤勇役、『花燃ゆ』で主人公の兄である杉民治役に大抜擢される等、3度も重要な役柄で出演しています。

趣味が読書と知的な面もあり、中でも幕末歴史ものが好きなこともあって、重要な役柄を等身大で見事に演じました

。みんなから愛されるタレントである原田泰造さんの今後も益々楽しみです。

原田泰造さんの良さと言われると、まず挙げられるのがノリの良さだと思います。

どんなに無茶ぶりをされても、嫌だ嫌だと言いながら結局は相手のフリに乗ってくれ、その上面白いというのは、他の芸人さんにはなかなか真似のできないことだと思います。

ネプチューン内での立ち位置としては、堀内健さんと絡み、名倉さんをなだめる、といった感じですが、これだけたくさんのお笑いトリオがいる中で、こんなにも役割分担がはっきりとし、また見ていて楽しいと思える芸人さんはなかなかいないと思います。

さらに、原田泰造です、というギャグや、俺に任せとけ、と言ったギャグは、視聴者の視線を一気に集める効果があり、彼にとってのトレードマークとなっていることは言うまでもないでしょう。

また、ゲストを招くタイプのバラエティ番組では、ゲストの裏事情などを余すところなく引き出すことができるというのも原田泰造さんの大きな魅力だと感じています。

ちょっとしたコントなどで垣間見られる表現力の高さだけではなく、相手の本音を引き出すトーク力の高さにも、日頃番組を見ていて驚かされています。

加えて、数多くいらっしゃる芸人さんの中でも目鼻立ちがすっきりとしているというところは、男性ファンのみならず、女性ファンも多く獲得できている要因のひとつだと考えられます。

みんなの感想

 

サウナがテーマ

サウナがテーマということで、今までにないドラマになりそうです。

淡々とサウナに入るシーンが繰り広げられるのか、それとも何か別の話題がからんでくるのか予想がつきません。

ほかのドラマにあるような謎とか裏での画策、策略、暴力シーン、殺人などは一切出てこなそうなので、安心して見られそうです。

見た後、凄惨なシーンなどにうなされることもなさそうです。

サウナにはあまり興味がなく、何がよいのかさっぱりわからないので、どんな風に楽しめるのか、なにがいいのかを教えてもらえればうれしいです。

また、ととのうというのはどういう心境なのか、どうすればそんな境地に達することができるのかすごく興味がわきました。

その境地に達することが一つの目的のようで、儀式があるみたいなので、誰もが同じようにすればととのえるのか知りたいです。

また、ドラマの中に出てくるサウナは実在するのかどうかも気になります。

もしあるなら、登場人物たちが入ったサウナにぜひ入ってみたいです。同じことを考えている人がいるかもしれません。

サウナに入った後に出てくる食事もいろいろ種類があるようで、食事シーンも楽しみです。

サウナのうんちくも語られるようなので、詳しくなれそうです。

ナカタアツロウ

いろいろなサウナで試す、サウナ好きのナカタアツロウですが、水風呂に入ることで体を整えることが出来ています。

まず身体をきれいに洗い、浴槽に入り、その後サウナに入ります。

サウナの中は、90°Cくらいですが湿度のバランスで苦しさを紛らわすことができます。

サウナから出て、水風呂に入ると体には薄い膜ができていて、冷たさを感じません。

水風呂の下からバイブラがあると、体の膜が剥がれて一気に冷たさを感じます。あまり水風呂に入っていると体がだるくなるので、すぐ出る事をオススメします。

露天風呂があるところで、休憩に入りますが外の風を浴びることで心地よさを味わえます。日光浴は、体を光合成させる効果があり夜ぐっすりと寝れます。

再度、サウナに入り水風呂に直行して休憩を取り、これを3セット行うことで、初めて身体が整います。サウナ室の中で行われるサービスの熱波ですが、タオルを相手に振りかぶり熱い風を起こします。

一気に身体は熱くなりますが、熱波師には上手い人と下手な人に別れます。

薬草サウナやテントサウナなど多彩なサウナも存在しています。

サウナ室120°Cの高温ですが、湿度が低いので意外と我慢できます。サウナの道を極めるには、いろいろな土地巡りをすると分かるかも知れません。

まさに茶道じゃなくサ道

『サ道』の「サ」とは何ぞやと思いきや、何とサウナの「サ」とのこと。

つまり、サウナをテーマにした一風変わったテレビドラマです。原作であるタナカカツキさんという漫画家はよく知らないのですが、その原作漫画「サ道」はサウナ伝道漫画とのこと。

そう呼称する通り、主人公の原田泰造さん演じるナカタアツロウは、伝説のサウナ―を探し求めて日本全国のサウナを巡り歩いている男です。

そこに三宅弘城さん演じる偶然さん、磯村勇斗さん演じるイケメン蒸し男さんと、個性的すぎるキャラクターが集結して、サウナについて熱く語り合う。

もちろん、語り合う場所もサウナの中ですから、お三方とも裸の付き合いです。特に主人公役の原田泰造さんの引き締まった裸体は、これでもかとテレビ画面に大映しの連続です。

彼のファンにとっては、たまらない作品になっているのではないでしょうか(笑)。

とにかくサウナにこだわりまくったドラマで、サウナについては、感心させられるような豆知識も次々に披露されてゆきます。

見ていて原作者のタナカカツキさんのサウナへの熱い想いがひしひしと伝わってくる。

そんな感じのドラマでした。

まとめ

 

サウナ―Z

サウナの奥深さ、楽しさを教えてくれるドラマです。主演の原田泰造さん自身、大のサウナ好きだそうです。

そのためか、演技にもわざとらしさがなく、本当にサウナが好きなんだなという気持ちが伝わってきます。

このドラマを見るまではサウナはサウナでしたかいと思っていましたが、サウナに12分入り、水風呂、休憩を1セットとして、3セット行うという入り方を実践しています。さらに、これまではスポーツジムのサウナにしか入っていませんでしたが、自分でインターネット上でサウナを調べ、入りに行くようになりました。そのくらいの影響力を持ったドラマです。見どころは「整った」の場面です。

見始めた最初の頃は、ゆっくりしたドラマだ、くらいの印象しかありませんでしたが、気がつけば毎週見るようになっていました。

特に「整った」の一言には見ている側からもなんとも言えない達成感があります。

また、サウナに関する小ネタも挟んでおり、それも見どころのひとつです。

サウナの聖地が静岡にあることは初めて知りました。遠方で行くことは難しいのですが、機会があれば絶対にに行こうと思います。

伝説のサウナー「Z」を探しているようですが。最終話までに見つかろうと見つかるまいとどちらでも良いと思います。

なぜなら謎解きがこのドラマの見どころではないからです。

みどころ

このドラマは、サウナの良さを教えてくれるドラマです。

そして、サウナの友達が、ユニークです。常に適当な事ばかり言う常連さんとイケメン蒸し男の二人が、笑えます。

常連さんは、サウナの熱波師の弟子もいてナカタよりサウナの事を知っているのですが、ナカタも蒸しZとの出会いのために全国のサウナに通いだしているので常連さんと同じくらいサウナに詳しくなってきました。注目は、ナカタの男前なサウナの入り方です。石鹸で気持ちよさそうに洗ってからサウナを楽しみつつ水風呂に入るまでの流れが、とてもスムーズできれいです。

サウナは、皆できれいに利用するというマナーをきちんと守っている所が、良いですね。

ナカタたちの間でマナー違反の客の話題もするのでこういう事は、迷惑なんだなと教えてくれます。

かけず小僧などのネーミングもつけられているのでこのドラマを観た人は、注意深くマナーを守ると思います。

好きなシーンは、ナカタが、サウナでととのった後の休憩室での食事やお土産をみているシーンです。休憩室に貼られている食事メニューが、サウナ施設らしい味わいが、あって良いですね。
ナカタは、物静かに食べているのですが、常連さんは、ビールをグビグビ飲んでいたりして人によって食事の楽しみ方も違うなと面白く観ています。
 

総括

サウナという場所は正直あまり馴染みがなく、銭湯にいっても好んではいることは今までなかったのですが、ドラマを見て、サウナがどういう場所なのかというのが、初めて分かった気がします。店ごとに全然趣も設備も異なっていることには驚きを感じました。

サウナにも色んな種類があり、楽しみかたも何通りもあるのは初めて知ったので、今度銭湯に行った際には、必ずサウナに入ってみようと思います。

また、サウナ、水風呂、外気浴の流れを繰り返すことで得られる「整う」という感覚は是非、体験してみたいです。

本当にそんなに気持ちいいものなのか、それはすごく知りたいと思いました。

主演がサウナに通い詰めている原田泰造さんというところが、すごくいいなと感じました。サウナを知っている原田泰造だからだこそ、サウナの良さにも説得力が生まれ、見ている人にもサウナの良さが伝わるのだと思います。

脇を固める磯村さんと三宅さんもいい味を出しているし、サウナという場所に寄って年齢も職業も全く違う人が結びつくのも、素晴らしいなと思います。

現実にもこういう出会いはきっとあるのではないでしょうか。

そういう出会いもサウナの魅力ですね。次回からの放送も本当に楽しみです。

サ道動画7話 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtubeは違法

違法動画については正直難しいとこではあると思います。

ほんとは有料で見なければいけないものを無料で見れる。これは違法で違法動画です。

ただそういっても例えばアマゾンプライムの動画がYouTubeに載ってたらみてしまいます。

かといってこれを野ざらしにしてしまってはいいものかどうか。。というところです。

よく映画館でも最初に映画の始まる前にある映画泥棒のCM。あれが違法動画についてみなさんがわかりやすい例だと思います。

こんなん捕まらないでしょと思っていても、実際捕まっている人もいるわけですし、やっぱり違法は違法だと思います。ただこの違法動画の罰金や処罰が今後世の中にどうやってもっと広まっていくのか。そして広めていくのかを考えてみました。

遠藤憲一さんがCMで違法動画だめというCMをやっていますが、それを知っている人は一部だと思います。そしてテレビを見る人は今減ってきている。そうした場合どうしたらもっとこの情報が広まるのかというと、今の時代はSNSとYouTubeです。

この二つを使って違法動画はだめ、処罰を受けます。

ということをもっと広めていくべきではないかと思っています。

テレビから動画になりつつあるこの現代。違法動画はへっていってほしいものです。

インターネットはここ数年で大多数の人が使用するようになりました。

インターネット歴20年の私ですが、ここまで普及するとは始めた当初は想像もしていませんでした。

昔はネット人口が少なく、掲示板やHP、チャットなど静かなものでしたが、それでも脅しのような言葉や殺伐とした雰囲気が飛び交っているのは今と同じでした。

端末とネット環境は進化しましたが、使う人間のモラルの進化は・・・と考えるとあまり進んでいないように感じます。

youtubeが身近なものとなり、老若男女問わず動画の閲覧が可能となりました。

ですがネットリテラシーについて理解している人はまだかなり少ないと思います。

不況で節約倹約に厳しい時代です。音楽サービスや漫画などにお金を落とす人は圧倒的に少なくなりました。

法の目をかい潜り、不正に動画や漫画をダウンロードされる問題が多発しています。

音楽業界や出版業界などに正規のお金が流れないということは、クリエイターたちに正当な報酬が与えられないということです。

日本はものづくり国家と称されますが、せっかく才能あるクリエイターにお金が行き渡らないのは創作意欲の低減にも繋がりますし、業界全体の衰退も予想されます。違法ダウンロードは泥棒です。

ネットとの向き合い方を今一度振り返り、子供の手本となる扱い方を大人が示さないと日本経済の衰退にも繋がるのではないでしょうか。

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 
ドラマ25 サ道 ドラマ7話動画第7話は、youtube【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でみることができないときは

下記で

(無料視聴できます)
↓ ↓

サ道 動画 7話