バラエティ倉庫

ハートネットTV 8月31日の夜に(nhk)動画/見逃し配信amazarashi再放送8月31日

ハートネットTV 8月31日の夜にnhk動画/見逃し配信amazarashi再放送8月31日

 

2019年8月31日22時からEテレで『#8月31日の夜に。~2019年夏休み ぼくの日記帳~』が放送されます

 

当記事では8月31日の夜にamazarashiの見逃した時の無料視聴できるサイトのURL紹介

さらに8月31日の夜にamazarashiの見逃し配信(動画配信)を視聴しての視聴者意見をまとめました。

8月31日の夜にamazarashi 動画8月31日2019年は

下記のURLにて
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

8月31日の夜にamazarashi 動画8月31日
 

#8月31日の夜に。2019年8月31日動画/番組内容

 

夏の終わり。10代のみなさんは今、どんな気持ちで過ごしていますか?「学校に行きたくない」「死にたい」。10代にとって、新学期が始まるこの時期は憂うつかもしれません。この夏10代からよせられた投稿「ぼくの日記帳」。部活や勉強、友達や家族との出来事…。うまく言葉にならない、誰にも言えない気持ちの数々。“元10代”のゲストと共に、生放送とライブ配信で振り返ります。「#8月31日の夜に」でメッセージ募集。

 

#8月31日の夜に。 キャスト

 

中川翔子,石井志昂,ヒャダイン,山戸結希,生駒里奈,戦慄かなの,amazarashi

 

視聴者の評価

 

つらい気持ちを乗り越えて

学校や生きるのがつらい十代の子たちの気持ちをみんなと共有できるところがあるなんて知りませんでした。

今いろいろなことで悩み苦しみ生きていることが不安だったり辛かったりそういう気持ちをため込みすぎないで書き込んだりほかの人の心の叫びを読んだり自分一人だけが苦しんでいるわけじゃないと思えて心が少しでも軽くなって死ぬという一番悲しい選択肢にならない助けやきっかけになっていたらとても素晴らしいなと思いました。

私も十代のころは学校にも行けず不登校で辛く苦しい毎日を送っていたしだれにも頼れなくて孤独を感じて生きているのがつらいと思っていました。でも今も生きていて毎日じゃなくても笑える日が来ています。

このサイトを多くの人が知ることができて少しでも楽になったり救われる人が増えることを心から祈っています。

辛く苦しいと思うし人間のことが怖くなってしまっていると思うけれどこのサイトのようにそういう思いをしている人を助けたい力になりたい寄り添いたいと思っている人もいることを知ってほしいです。

逃げてもいいし強くならなくてもいいから生きてほしいと心から思います。

少しでもこのサイトや番組で救われてどんな状態でもいいから死んでしまう選択をする人が少なくなることを心から願っています。

まとめ

夏休みの明ける8月は、自殺で命を落とす子供が1年で最も多いという統計が出ています。自殺を考えてる人が少しでも思いとどまらせる為に作られた番組が『#8月31日の夜に。』です。

毎年8月31日になると、放送されています。この番組の大きな特徴は、番組と連動してTwitterで番組を観た視聴者がリアルタイムで感じた事や思った事を投稿できるところです。Twitterのアカウントさえあれば、番組名を投稿に加えるだけで誰でも呟く事ができるので、今悩みを抱える10代は勿論、苦しい10代を過ごした大人の皆さんも参加できます。また番組ホームページでは、「日記帳」というタイトルで10代が日常で感じたモヤモヤした事、辛かった事などを書き込めるようになっています。これは学校に限った事ではなくても、家族の事、将来の事、些細なことでも書き込めます。

そして書き込むだけでなく、他の人の書き込むを読む事も出来ます。

特に、番組に出演する戦慄かなのさんを始めとするタレントさんがかつてどんな気持ちだったか、またどうやって乗り越えたのか綴られてたりもします。

この番組の1番の見どころとしては、苦しい経験をどう乗り越えるのかがメインではなく、今の苦しい気持ちにまず寄り添ってくれる所でしょう。

ヒャダインさん、中川翔子さんなど学校で辛い思いをした事のあるタレントさんが、10代の辛い気持ちを共感、自分の経験を踏まえて助言してくれます。

今、誰も味方がいないと感じてる人には是非見て貰いたいです。

番組の期待点

学校に行きたくない、生きるのが辛い、そんな不安で憂鬱になる夏休み最後の8月31日に10代の皆さんの気持ちに寄り添いながら、共有できる場として放送される内容を見て、個人的にも長い夏休み明けに毎日学校へ登校するというのは、本当に憂鬱で休みが長い分、長い2学期に感じれてしまい、自分のクラスでも高校時代によく学校を辞めてしまった友人達も居て、卒業時には三分の一の友人が辞めてしまったのを思い出しました。部活にテスト、宿題に補修授業で授業に付いていけなくなる等、様々な理由があるのも原因だと思っていますので、そんな本音を聞けたら良いなと思いました。

今の10代の子供達は、自分の頃と違い、色々と置かれている環境や、自然災害や携帯等を使ったイジメ等々、かなり違う点が多いなとニュース等を見て感じていましたので、そんな今どきの子供達の大変さも知りたいし、悩んでいるポイントも少しずつズレている所もありそうで、そんな自分と照らし合わせて番組を見られたら面白く見られるのではとも感じています。ぼくの日記帳というアイデアも、顔が分からない分、切実な悩みが聞けそうなので、一緒に考えてみたいなとも感じました。自分にも10代の姪っ子が居ますので、今の子供が悩む出来事には大変興味があり、2学期を迎える上での心境も知りたいなと思いました。

みどころ

HPを見て、「8月31日の夜」の意味がわかりました。以前、夏休み最後の日から学校が始まっての2.3日くらいの間に子供たちの心の中が深刻な状態になっているという話を聞いたことがあります。ひとり思い悩み、暗闇に迷い込んで最悪の事態になってしまうというものです。核家族で共働きの多い時代となり、家に帰ってもひとり。友達といてもそれぞれのスマホに興味が向けられていてひとりでいるのと変わらない状態。子供たちがひとりを感じ誰にも何も言えない状態に陥ることで心細い思いをし、マイナス思考になっていってしまう。その状態を救おうと大人たちが立ち上げた番組。そんな子供たちの声を聞き、みんなが考え、そして適切な意見が聞ける。「自分ひとりではない。同じ思いをしている人がいる。」ということを知り、ひとつのテーマに向けた言葉が聞けるだけでも心は軽くなり、前向きになれます。専門家の方からの適切なアドバイスもあり、人に対してのやさしさ、いたわり助けようとする思いやり、解決に導く冷静な意見。人間である上で一番大事なことが含まれている番組だと思いました。スランプに陥った大人でも前が見えてきそうです。これからの自分の生き方を探している人生後半の私も是非拝見したいです。

大人への過程ともいえる

楽しかった夏休みが遂に終わりを向かえてしまうので、子供達にとっては憂鬱だと思います。

明日から学校だと思うだけで嫌気がさして、ずっと夏休みならいいなぁと思う時がありました。十代は、何かと傷付きやすい年頃で大人が思っている以上に繊細です。大人も日曜日の夕方サザエさんの時間になると、明日会社に行きたくないと思う人もいるはずです。

学校は確かに面白いところではありません。会社も決して行きたい場所ではありません。

どうしてこんな気持ちになるのかは、勉強が嫌いだったり、仕事が嫌いだったり、嫌な人と会いたくないからです。

しかしながら、こう思う人の方が正常な気がします。夏休み期間は大人から見れば、凄く長い期間なので、休んだ感じになると思われがちですが、物足りないと思います。体が怠けてしまったせいで、動きたくないことや神経を使うのが疲れます。

一度怠けた体は、すぐ元には戻らないので休み明けは疲れると思います。夏休み期間で学ぶことは、毎日何をするかで計画的になれると思います。

休むことが悪いわけではなく、自分から何かを見つけ出すチャンスの期間でもあります。

8月31日の夜は憂鬱でしょうが、切り替えが上手になる点もあります。

人間関係も

夏休み最後の夜は人間関係に、今まで解放されてきたのにまた同じ環境に戻ることになりますから、憂鬱になります。改善方法を試行錯誤しながら進めていくテレビです。

テレビでは本音が言えるのに、学校では人間関係があり本音を言えない所があります。

これが原因だと思いますから、何人か本音を言える人を見付けるといいと思います。

無理に聞こうとする人がいますが、あまり本当の事を言ってない事が多いです。

本音は自分から言う事で解決策にも繋がりますから、夏休み前はどうやっていたのかを考える機会でもあります。

1年で学年は変わりますから、夏休み後の学校生活を考えてみましょう。いろいろ考える事が多いと思います。

1つづつ問題に向き合っていくといいと思います。全部の問題を考えると少しパニック状態になるので、ゆっくりと考える時間が夏休み後にもあります。

夏休み後に憂鬱になることは誰にもある事ですが、ならない人もいます。深く考えないで普段通りに生活している人達ですから、解決しなくても聞いてみるだけでもいいと思います。確かに共同生活の学校で疲れる事もあります。共同生活の中でも助けてくれる人もいます。

1人で悩まずにテレビで言ってみる事もいいです。現在問題がありますが、少しでも改善するといいと思います。

信頼できる人が必ずいると思います。気持ちは溜め込むよりこの機会に吐き出した方がいい事です。

どんどん溜まりますから、手段はいっぱいありますが、日記にしてみるといいです。解決の糸口が見つかると思います。

2018年も見て居た感想

去年もこの番組は観ていました。

私はもう30代の中年のおばさんですが、だからこそ、今の子どもたちや、思春期を必死で生きてきた思いというっものから遠ざかってしまっています。

この番組は、そういった今を必死で生きている10代前、10代~20代の人たちの生の声を聴けるのが大変興味深いです。

「ぼくの日記帳」も読みました。本当に虐待を疑われる記述から、投薬治療が必要な精神病に罹患しているように見える記述まで様々でした。

しかし、興味深いのは、虐待を受けているわけではない、親はきっと普通に接している、大人から見て大きなトラブルもないケースです。

このケースも、先述した虐待や精神病に勝るとも劣らない深い悩みが見えてきます。

これをあえて隠さず、番組で去年と同様に扱ってくれることが面白そうです。

大人は何かと、環境のマイナス負因だけ取り除けば子どもは大丈夫と思っていたり、つい大人目線で子どもの世界を実感することができないものです。

「何が問題なの!?」と大人がつい言いたくなってしまうことを、子どもは真剣に悩んでいて、答えが出なくて、という状態でしょう。そこに寄り添って言葉をかけたり、そっと寄り添うことだけをしているのがこの番組だと思います。

つい理屈で色々考えてしまう大人の私は、大人が作った番組ではありますが、どのように今困っている子どもたちに「寄り添う」ことができるのか、どんな心持でいればいいのか、子どもの世界をどう理解したらいいのか、ということが、番組内のトークなどで観られるので、大変楽しみにしております

タイトル

まずこのタイトルコールの内容ですが、10代の若者が「学校に行きたくない」「生きているのが辛い」といった気持ちをはきだし共有するサイトです。ハートネットTVでは10代の気持ちに寄り添って番組をしているそうです。

世間では学校関係者が恐れる9月1日がやってきます(明日ですが)。なぜ、恐れるのか。それは中高生の自殺率が最も高い時期が夏休み明け9月1日前後であるからなんです。なぜそうなってしまうのか?「友だちがすべて」、1日のほとんどを学校で過ごすことになる子どもたち。

その人間関係は狭くなりがちで、場合によっては、自分の所属している「友達グループ」が世界のすべてとなり、そこで仲間外れになってしまうと学校に行けなくなることも珍しくない。これは学校だけでなく地域コミュニティ・会社でも同様の環境だと思います。

おそらく若いうちは仲間はずれにされる辛さに耐えれないから自殺率がこの時期に高い、ということでしょうか。生きている年代がながいほど命の大切さを理解し、病魔を恐れたりもします。

また最近の家庭内での児童虐待、貧困も原因があるように思えます。少子高齢化、格差拡大で生きづらい世の中になっているのは間違いないでしょう。

そんな10代の声をきいて呼びかけるサイトが興味をもっている点です。だからこういいたい「無理に学校へいかなくていいよ!と」

疑問点

NHKで放送される『8月31日の夜に』。番組タイトルを最初に見た時に思ったのは、「8月31日は何の日だったかな?」という疑問です。

しかし、この番組が10代の少年少女のための番組だと知った時に、疑問は氷解しました。大人の立場では8月31日という日付けに、特段の意味は見い出せません。

しかし、学校へ通っている子どもたちにとって、この日付けはとても重要な意味を持ちます。なぜなら一般的に長い夏休みが終わることを意味する日付けだからです。思い出せば、私も子供時代は、毎年8月中旬のお盆の期間を過ぎると、晩夏に活動を始めるツクツクボウシの鳴き声を聞くようになり、「ああ、もうすぐ夏休みが終わってしまうんだな」と悲しい気分に陥ったものです。子どもにとって、夏休みという長期休暇はとても重要ですからね。

そんな夏休みは、家族と旅行へ行ったり、お盆に親戚で集まるといったイベントが多く、多感な年代でいろんな体験をする時期でもあります。そんな夏休みに、10代の少年少女たちが体験したこと、感じていることについて特集したこの番組。今の子どもたちがどんなことを考えて、どんなことについて悩んでいるのか、いろいろ知るのに良さそうな番組で興味深いです。

子供の大切な命の日でもある

学校に行きたくない、死にたいなど、辛い気持ちを抱えている10代の子たち。#8月31日の夜には、そんな苦しい思いをした子供たちに寄り添ってあげる唯一の番組だと思います。

なんとテレビだけではなくライブ配信もされるようなので、家族がいる部屋で見ることが出来ないという子も、自室でこっそりスマホとかパソコンで番組を見ることも出ます。

一人でも多くの学校に行きたくない悩みを抱えている子が見てくれるといいのですけどね。

番組では夏休みが終わる憂鬱な気持ちと新学期の自分へのメッセージを募集しているそうです。

9月1日に自殺が増えるというのをニュースで見ましたが、その気持ちは凄く分かります。私も中学生の二学期で今まで耐えていたけど学校に行けなくなりました。やっぱり死ぬことも考えていました。

しょこたんくらいの壮絶ないじめがあったわけではありませんが、最近しょこたんは色々な所で辛い思いをしてる子供たちに寄り添っています。

とても素晴らしい女性だと思います。子供だけではなく子供を持つ大人にも見て欲しいですし、会社勤めの方も辛いなら無理して行かなくてもいいのではないかと思います。この番組は視聴者の作る番組です。辛い気持ちの子が行かないという選択をしてくれるといいです。
 

総括

10代だけの人ではなくて、大人でも見るべき内容の番組だと思いました。学校にいきたくないなと言う気持ちはよくわかりますし、めんどくさいなとか生きていること事態が嫌になるきもちもよくわかります。それは大人でも一緒だからです。

この番組を見ることにより少しでも心が楽になればいいなと思いました。自分だけ、自分のせいだと考える前にこの番組を少しでもいいので除いてみれば、少しは心が晴れたりするのではなのかなと思います。

私も、生きたくないですし、行きたくもないのでこの番組を見てみようかなとおもいました。

自分だけの考えで、すぐに自殺とか考えるのではなくて、もう少し先の事を見据えれば、いろんな選択肢とか出てくると思うのでやはりこの番組は見た方がよいと思いました。

辛いおもいをしているのは、自分だけかもと今は思っているかもしれませんが、そんなことはなくて、大人も子供もみんな辛い思いをしている人だらけだよというのが少しでも伝わって、行きたくない気持ちとかが少しは晴れればよいなとお思いました。

だから是非、学生も大人もみんなが見るべき番組だなと思いました。私も見て見たい番組だと思いましたし、学生の時にあったら良かったのになと思いました。そしたら、少しは救われたのかなと思いました。

 
ハートネットTV 8月31日の夜にamazarashi 動画8月31日youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】
tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないです

下記にて
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

#8月31日の夜に。