バラエティ倉庫

ワールドポリスカム/見逃し配信/再放送/2019年8月31日土曜プレミアム

ワールドポリスカム/見逃し配信/再放送/2019年8月31日土曜プレミアム

 

21時からフジテレビで放送されます

本サイトですが『土曜プレミアム・ワールドポリスカムの見逃し配信再放送のurlや視聴者の評価などをまとめた記事です

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

視聴者の感想

世界の警察官がカメラで押さえた決定的瞬間の数々の事件の映像が見られるところが面白そうだなと思いました。

危険な現場での映像や思わず笑ってしまうような映像など世界にも様々な事件があるし、現場で何が起こっているのか、どの様にして事件の解決に向かうのか、奇跡の数々が繰り広げられると思うと、世界の警察官のお仕事を体感でき、すりを味わえるので楽しそうです。

警察官が犯人をとらえる瞬間の映像がこうて見られるところが今や現場でもカメラが使われているんだなと思うし、カメラがあることで、今まで知ることができなかった現場での緊張感が分かるし、間違えることを許されない仕事だからこそ、こうして映像として残ることは、そ件解明への一歩に繋がって行くんだなと思うと、人類の進歩を感じることが出来ると思います。

私たちの平和を守るために、凶悪な犯罪と戦い、命を恐れず立ち向かう力強い姿を見ることができると思うと、警察官の印象も変わってくるし、世界にはこんなに怖い事件があるのだと知ることもできるので、スリルが味わえると思います。

警察官のちょっと笑える珍事件も紹介されるので、辛い仕事だけじゃなく楽しいこともあることが分かって笑いが溢れると思うので楽しみです。

まとめ

世界の警察官が撮った重大事件、衝撃事件の緊迫映像をもとに制作したリアルドキュメントということで日本のこういう番組も面白いんですが外国のほうが犯罪レベルも高いしハラハラします。

日本の場合は警察官も多少怪我しないようとか気を使いながら逮捕に向かうイメージありますが世界の警察官はむちゃくちゃするし、犯人側も度が過ぎたことするんでそういった面で格の違う映像が見れるんじゃないかと思っています。

今回の放送内容で気になっているのは殺人ブルドーザーが街を破壊、警察カメラが撮った激戦の記録映像と犯人の肉声テープが明かす狂気の犯行動機。未だかつて日本でこの類いの事件は聞いたことないです。海外ならではだと思う内容ですね。映画とかでよくあるパターンなんで実際の映像はどんな風なことが起こっているのか見たいです。カーチェイスの場合とかでもヘリコプターで上から撮ってる映像とか海外のはリアル感が増しますね。

ナイアガラの滝に取り残された男を救う映像もあるみたいですが警察の仕事は幅広いですね。

犯人を捕まえるだけが仕事じゃなく困った人を救うのも仕事ですがナイアガラの滝はヤバそうな雰囲気しか伝わってこないです。凄まじい映像になってそうなんで早く見たいです。

ワールドポリスカム見逃し配信pandora

昨今、YouTubeやpandoraニコニコ動画など気軽に動画をアップロード、視聴できるサイトが増えています。利用者数が増えている理由は何も気軽に使えるということだけではありません。動画の視聴数によって収益が発生するいわゆる収益化というものが利用者の増大に拍車をかけているのです。

これはテレビのCMと同じでシステムで、動画の途中に動画投稿サイトのスポンサーの動画を数秒流し、そこで発生した広告費の一部が動画のアップロード者に入るというもので、このシステムは近年大きく成長しており、特にYouTube上で動画をアップロードし、活躍するする人物を“YouTuber”と呼ぶほど、その規模は年々大きくなっています。

例えばどのくらいの収益が出るかといいますと、世界で一番収入を得ているといわれているYouTuber、“PewDiePie(ピューディパイ)”氏は年収で換算すると、約14億円になるといわれています。

つまり動画をアップロードし、多くの人に見られればそれだけ多くの収入を得ることができるということです。

しかし、どの世界にも正当な方法ではない、または法律的にグレーや黒な方法で収入を得ようとする輩がいます。

もちろんこの広告収入システムにも、そのような、なりふり構わない方法を使う人物が多くいます。

それが“違法動画(著作権違反動画)”の投稿者です。違法動画とは、すでに市場で価値がつけられたコンテンツ、例えば映画のブルーレイ、DVDや定期購読型の映像コンテンツ(Netflix、Huluなど)、さらに現在放送中のドラマやアニメを複写や違法コピーしたものです。確かに視聴者側から見れば手軽に有名な映画や、最新のドラマやアニメが見れるのは嬉しいことかもしれません。

違法動画投稿者からしたらそういった視聴者に漬け込み、簡単に収益を得ることができる“違法動画(著作権違反動画)”は正に金の生る木といったところでしょう。しかし、製作者から見たらそれは大きな被害を追うことになります。なぜなら本来は、お金を払い見てもらう、または視聴率によって広告主から広告料をもらうことを前提にコンテンツを作っているからです。

もちろん“違法動画(著作権違反動画)”からは実際の制作者は1円たりとも収益を得ることはできません。つまり、これら違法動画は作成者の著作権に違反しているだけではなく、製作者側の利益そのものを減らすことになるのです。

この問題は製作者だけの問題ではありません。一般的に映像コンテンツは今まで作成してきたコンテンツの収益から次のコンテンツを作ります。つまり今市場に流れているコンテンツというのは次のコンテンツの橋掛かりにもなっているのです。

このような、いわゆる“違法動画(著作権違反動画)”を見れば見るほど、次の素晴らしい映像コンテンツを生む製作者をどんどん減らすことになるのです。また、これらは社会にも大きな影響を与えます。例えば近年話題になった“漫画村”は漫画の違法アップロードのサイトでした。

今は閉鎖されましたが、政府がサイトの閉鎖の際にはIP(インターネット上における住所)をブロックする当の行動に出ました。

この問題はインターネットの動画にも大きく影響することは間違いないでしょう。

今まで気軽に見れたサイトが、個人情報を紐づけたユーザーデータを登録しなければ見れなくなったり、アップロードする側も厳重な登録を求められたりなど、視聴に大きな制限がかけられるようになるかもしれません。

このようなことがないように視聴者側からも”違法動画(著作権違反動画)”の問題を重くとらえる必要があるでしょう。

総括

違法であるかどうかというのが、当人にもわからないで撮影に及んでいる事はあるとは思います。

この違法性が民事であれば、これは刑事的な要件とは異なり、自分が証拠を集めて訴状を作るという事になります。厄介なのが裁判というのは違法性があるとまでは言えないと判断された場合、この訴訟にかかった金銭はほぼ無駄となってしまいます。

素人が違法と考えても、そう考えられる場合があるというだけではなかなか訴訟まで考える人はむしろ少ないのでは特に、米国と違って日本は訴訟をする文化でもありません。こういう事から動画には、ある程度日本人の素行に期待して緩くしているのかもしれません。

しかし日本人はその反面拝金主義という部分もあります。動画の再生をカウントされるとそれによって広告費が入ります。

お金欲しさに違法性が強い、あるいは当人には知らないところで顔が流布されたりトラブルになる場合もあります。

問題は会社などの場合、プロなので法律的にどれがアウトであるとか、放送倫理審査会などの指摘も受ける事がありますが、巷にある動画はほとんどが素人です。かといってそれを教える機関が特別にあるわけでもありません。

認識不足から違法性に気が付かない場合もあり、ここがこれからの課題ではないでしょうか

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

土曜プレミアム・ワールドポリスカム見逃し配信/再放送8月31日
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

土曜プレミアム・ワールドポリスカム見逃し配信/再放送