バラエティ倉庫

8月31日の夜にamazarashi 動画/無料視聴/8月31日/中川翔子/生駒里奈出演

8月31日の夜にamazarashi 動画8月31日2019年(無料視聴)nhk

ということで記事をお伝えします。

2019年8月31日22時からEテレで『#8月31日の夜に。~2019年夏休み ぼくの日記帳~』が放送されます

 

当記事では8月31日の夜にamazarashiの無料視聴できるサイトのURL紹介

さらに8月31日の夜にamazarashiの動画配信を視聴してのみんなの感想をまとめました。

8月31日の夜にamazarashi 動画8月31日2019年は

下記のURLにて
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

8月31日の夜にamazarashi 動画8月31日

#8月31日の夜に。2019年8月31日動画/番組内容

 

夏の終わり。10代のみなさんは今、どんな気持ちで過ごしていますか?「学校に行きたくない」「死にたい」。10代にとって、新学期が始まるこの時期は憂うつかもしれません。この夏10代からよせられた投稿「ぼくの日記帳」。部活や勉強、友達や家族との出来事…。うまく言葉にならない、誰にも言えない気持ちの数々。“元10代”のゲストと共に、生放送とライブ配信で振り返ります。「#8月31日の夜に」でメッセージ募集。

 

#8月31日の夜に。 キャスト

 

中川翔子,石井志昂,ヒャダイン,山戸結希,生駒里奈,戦慄かなの,amazarashi

 

みんなの感想

 

8月31日の憂鬱さ

8月31日の憂鬱さは誰もが味わったことあると思います。

この番組は今の子供達もそうだし大人も思いだして共感できる内容だと思います。大人になってもあの8月の夏休みの終わりが段々近づく辛さは脳裏に残っています。

今思えば休みが長すぎるんじゃないかと思います。

夏休みはあ7月20日から8月31日まで40日位あったと思うんですが長すぎて最終的にダラダラ過ごしてたイメージしかないですから。

大人でも40日休んだら死ぬほど仕事行くの嫌になると思うんで子供達が嫌がったり苦しい気持ちになるのは必然的です。

一時期日曜日しか休み無く平日は全て残業、土曜日祝日も仕事の会社で働いていた時に世間は土、日、月曜祝日で三連休とかよくありました。

火曜日仕事行くの辛いというの聞いた時、ずっと働いているとそういう辛さが無いのがメリットだと感じたの思い出しました。

夏休みが終わる終わらない付近で自殺する子供が増えるとデータでてるのも当たり前だと自分は思います。今回この番組に出演している中川翔子さんも昔学校でイジメにあい学校辞めたこと話していました。

そして死んだらダメと語ってくれてましたが中川翔子さんのように学校辞める方向に向かえば良いが命落とす方向には向かって欲しくないです。

番組で生きるのがつらい10代のあなたへとあるんで良い方向に向かう言葉を投げかけてほしいです子供達に。

 

番組の見どころ

#8月31日の夜に。は、悩みを抱えている人もそうでない人も、全国の10代の人に見てもらいたい番組だと思いました。

365日で一番自殺する人が多い日が8月31日だというのはとても悲しいことだと思います。学校に行くくらいならと命を自ら絶ってしまうなんて、どんな気持ちで自殺を決意するんだろうかと胸が痛いです。

そんな悩みを抱えている10代の子どもたちを一人でも多く救えたらいいなと思いました。また、悩みを抱えていない人も、こんなふうに悩みを抱えて自殺まで考えてしまう人がいるんだということを知って人の気持ちを考えられるようになってくれたらいいなと感じました。

出演者である中川翔子さんは自身が子供の頃にいじめを受けていた自殺を考えたこともあると言っていたのが衝撃的でした。

それでも今中川翔子さんは生きていて、とても輝いているのは何故なんだろうかと思いました。

きっと自分の悩みを乗り越える転機となった出来事があると思うので、そのことについて語ってもらいたいなと思いました。

また、同じような悩みを抱えている人の話を聞くだけでも心を救われるところがあると思うので、いろんな人の悩みが紹介されるといいなと思いました。

一人でも自殺を考える人が少なくなるといいなと思います。

学生の頃を思い出す

学生にとって夏休みの終わりは、微妙な気分になると思います。

学校生活の始まりは、いろんな問題を抱えている人にとってイヤな気持ちになってしまうのも分かります。

しかし、この番組の日記を読んでそんな気持ちでいる人が、全国にもいるという事を知るだけでも同志を得たような気持ちになり勇気づけられるのではないかと思います。

夏休みにおきた何だか消化しきれない想いなどを日記にする事で消化できると思います。

他の人にとっては、何でもない問題でも当人にとっては、とても深い問題だと感じる事が、ありそういう想いを日記を読むことで分かち合える場所でもあると思います。

MCの中川翔子さんは、学生時代につらい経験をされているとテレビ番組で語っていたので夏休み明けに学校に行きたくないと言う気持ちを理解してくれると思います。

夏休みは、長期間の休暇なだけに9月になってすぐに学校生活に馴染めるのかは、誰もが、もつ問題だと思います。

10代という思春期の若者なので繊細なこころを持っていると思います。

それだけに傷つきやすい年代だと思うのでこの番組でいろんな日記を読んでこんな考え方の人もいるのかなども知る事も良いと思います。

とてもシリアスなテーマだと思います。

大人の方にも見てほしい

この番組は、たくさんの人に見てもらいたいと思います。

子供たち、学校の先生、そして子供たちの家族のみなさん、みんなで見るべきです。

夏休みが終わり、学校が始まるのが死にたいくらい辛い子供がたくさんいること。これは、大人が考えてあげるべき大問題だと考えます。

辛さで押しつぶされそうな子供たちには、この番組で自分に近い人を見つけてもらいたいです。この番組の特設サイト『僕の日記帳』には、さまざまな10代の悲痛な叫びが書き込んであります。

その中で気になったものとして、HSCの高校生の日記がありました。HSCは、highlySensitiveChildの略で「人一倍敏感な子」のことです。

あらゆる刺激に非常に敏感なので、学校の教室が辛い場所なのです。人がたくさんいて、音がうるさく、授業の緊張など、疲れることばかりです。

こういう繊細な子にとって、普通の学校生活がまた始まることは、生きるのが嫌になるほどの苦痛だと思います。

他にも、学校でのいじめに怯える子もたくさんいます。こういう辛さを抱えた子たちに、自分だけではないことを知ってもらいたいです。

そして、自分を責めるのをやめてもらいたいと思います。大人の社会では多様性という言葉が当たり前に使われているのです。子供たちも、いろいろであっていいはずです。

この番組で、いろんな人がいろんな思いを抱えて生きている現実を私も知りたいです。

みどころ

その日に、40日もあった夏休みを振り返ってみると、いろいろな思いが湧いてきます。10代というのは多感な年頃です。

両親も学校の先生も、もちろん学校の友達も、あるいは自分自身さえ知らない「自分」がいます。

夏休みというのは、学校を離れて生活するので、その「自分」と向き合う時間が一気に増えてしまいます。

普段なら朝起きて学校に行って、という生活のペースがあるためにあまり考えないことを、夏休みには考えてしまいます。

それが溜まってくると、自分でもどうしようもなくなって、最悪の場合には、自殺などということをやりかねません。

この番組は、夏休みを振り返って、「自分」と向き合いながら、日記を書き、それを投稿して、投稿された日記を番組で共有するというものです。

あのショコタンが司会をしているというのも面白いですね。悩みと向き合いながら生きてきて、新しい自分をつかんだ人ですから、10代の人たちの悩みとうまく付き合えそうです。日記というのは、他人に読んでもらうために書くものではありません。

ですから、誰にも言えないようなことまで書くことができます。

それを共有することで、誰にも言えない悩みを共有し、悩んでいるのは自分一人ではないということがわかります。あるいは、そこから解決の道が見えることもあるでしょう。どんな日記が投稿されるのか、楽しみです。

それに、10代だけではなく元10代でもいいということなので、その人たちの日記にも興味が湧いてきます。

精神的支えになる

夏休みというのは1か月以上あって、学校に行かないということが完全に習慣化される期間になります。

そして、夏休み明けとか関係なく、日ごろから少なからず学校に行くのが憂鬱であると感じている人にとっては、学校に行かなくて良い期間が存在した後に学校に行かないといけない瞬間がいきなりやってくるというのは非常に辛いのです。

だからこそ、8月31日というのは多くの人たちにとって、本当に辛い瞬間となっているのです。この番組ではそういう気持ちを共有することを1つの目的にしているので、悩んでいるのは自分だけじゃないということ、同じ憂鬱な気持ちというのは全国の人たちが平等に抱えているということが重要なのです。

人間というのは、自分と同じ仲間のような人たちを発見すると安心感を覚える傾向にあるので、どれだけ辛い思いをしていても仲間のような存在がいると思えれば気持ちは変わるのでしょう。

学校に行きたくないという気持ちを抱えている人は世の中に多くいますし、学校だけじゃなくて会社に行きたくないという人も多くいるでしょう。

そういう存在を知ることで、悩んでいるのは自分だけじゃないということを知るいい機会になるのがこの番組だと思いますし、そこが見どころとなるのです。

まとめ

テレビ番組『#8月31日の夜に。』では、もう学校では夏休みも終わり、そして熱い夏の終わりも近づいてきました。

そんな中において10代のみなさんは今の時点においてどんな気持ちで過ごしているのでしょうか?

学校がまた始まると「学校に行きたくない」や「死にたい」などなどの学校や友達関係において、どんな時においても生き方に悩んでいる10代の多感な時期にとっては、学校の新学期が始まるこの時期はかなりしんどい時期になっているかもしれません。

この番組では夏休みの始まりの時期にオープンしたサイト「2019年夏休みぼくの日記帳」では、全国の10代の学校や友情や恋愛などのエピソードがたくさん寄せられました。

この色々な悩みを誰にも言えなかったりした気持ちなどを元10代だったゲストと一緒に、番組では生放送で振り返りな、8月31日の夜を一緒に過ごしていく番組になっています。

これは本当に大事な番組ではないでしょうか。

長期の夏休み期間が終わるとまた学校が開始してい、以前とは環境の変化によって気持ちが変わる可能性があるので、この番組では10代の頃の悩みを生放送で一緒に悩みながら話し合うテーマになっているので、とても頼もしい番組ではないでしょうか。

生放送であることもポイントだと思います。

総括

8月31日という夏休み最後の日は、子供たちにとって憂鬱な日とされてます。

明日からは学校へ行かなければならないという義務に、色々な悩みがある子供だけではなく、特に悩みがない子供でも「行きたくないな」という概念が沸いてきます。

そんな「行きたくないな」を番組で取り上げ、悩みを共有したり、他人に打ち明けることにより、心にある負担を軽くしようと、様々なゲストが登場するようです。

私としては一番興味があるというか参考になる意見は、実際にいじめを受けて不登校になってしまった中川翔子さん。

今では多方面で活躍され、明るい笑顔を振り撒いてくれる彼女ですが、過去の暗い学生時代の不登校だった期間。

どのような気持ちで学校に行かなくなり、行かない間のご本人の心の葛藤は、胸に突き刺さります。今は携帯電話で意見を述べるのが当たり前の時代。

世の中の8月31日を恐怖だとも思っている子供たち。そしてその子供たちを支える親も同じく不安でたまりません。気軽に色々な意見が携帯電話などで発することが出来る現代。

悩みが少しでも共有してもらえれば、またこのように8月31日が恐怖だと思っているのが、自分だけではないということが分かれば、自殺なんてなくなると思います。

こうした番組が増えることを願います。

8月31日の夜にamazarashi 動画8月31日youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】
tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないです

下記にて
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

#8月31日の夜に。