バラエティ倉庫

全国高校eスポーツ甲子園/動画2019年第2回9月1日無料視聴再放送見逃し配信NHK放送

全国高校eスポーツ選手権[甲子園]2019年動画 第2回9月1日無料視聴再放送見逃し配信NHK放送

 

2019年9月1日21時54分からテレビ東京で放送されます『高校生ぃぃeeeee!STAGE:0eスポーツ甲子園 全国1475校!高校日本一は(全国高校eスポーツ選手権[甲子園])動画2019年第2回9月1日を無料視聴できるURLと視聴者評価をまとめています。

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国高校eスポーツ選手権[甲子園]動画2019年第2回9月1日無料視聴
 

全国高校eスポーツ選手権[甲子園] 2019年第2回9月1日動画/番組内容

 

国内最大級の“全国高校対抗eスポーツ大会”を開催!全国1475校1780チームの中から勝ち上がった強豪校が終結!初代“高校生日本一”の王座に輝くのはどのチームか!?

 
eスポーツとはエレクトロニックスポーツ。

広い言い方をすれば電子機器を用いて行う、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、昔の分かりやすい言葉で言うのであればテレビゲームである。

昔はよく、「ゲームなんてやってないで勉強しなさい」「ゲームは1日1時間まで」と親に言われたものであるが、そんなテレビゲームにも今やプロプレイヤーが存在し、年収数億と稼ぐ人たちも出てきている。

そのプロプレイヤーを目指して日々活動し、 挑戦する者たちが多数いる。LOLとは全世界で最もプレイヤー人口が多いといわれているテレビゲームで世界中から注目を集めているタイトルである。5vs5の対戦型ストラテジー、陣取りゲームともいえよう。

日本にもLOLプロプレイヤーが多数存在し、日々練習に明け暮れ、LJLという戦いの場で競い合っている。

ゲーミングハウスと呼ばれる集合住宅でプロプレイヤー達はチームに属し、朝起きる時から夜寝る時まで互いに共同生活をして、1日10時間をも超える練習を毎日こなし頂点を目指している。

そんなプロプレイヤーを目指し、練習し、スカウトされることを夢見る高校生たちが頂点を決める場、それが『全国高校生eスポーツ選手権(甲子園)』である!!

高校生ぃぃeeeee!STAGE:0eスポーツ甲子園 キャスト

 

大会アンバサダー
田中卓志(アンガールズ)、池田美優

STAGE:0スペシャルサポーター
アルコ&ピース(平子祐希、酒井健太)

STAGE:0応援マネージャー
日向坂46(金村美玖、富田鈴花、渡邉美穂、丹生明里、松田好花、佐々木久美)

司会進行
鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)、田口尚平(テレビ東京アナウンサー)

解説者
ドズル、きおきお、岸大河、リテイルローのおじさん、ねこ

フォートナイトスペシャル解説者
ELLY/CrazyBoy(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)

出場校1
リーグ・オブ・レジェンド出場校
札幌新陽高等学校、仙台城南高等学校、 朋優学院高等学校、横浜高等学校、 松本工業高等学校、岡山県共生高等学校、 ルネサンス大阪高等学校、 学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校

出場校2
クラッシュ・ロワイヤル出場校
関西大倉高等学校、湘南学園高等学校、 北海道旭川工業高等学校、 徳島県立徳島科学技術高等学校、 学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校、 八戸工業高等専門学校、愛知高等学校、 渋谷教育学園渋谷高等学校

出場校3
フォートナイト出場校
函館工業高等専門学校、 北海道札幌琴似工業高等学校、 福島県立清陵情報高等学校、 小山工業高等専門学校、桐生第一高等学校、 桐生市立商業高等学校、 栃木県立佐野松桜高等学校、 群馬県立伊勢崎商業高等学校、 埼玉県立川越工業高等学校、 埼玉県立狭山工業高等学校

出場校4
フォートナイト出場校つづき
千葉県立下総高等学校、日出学園高等学校、 千葉県立千葉工業高等学校、 東海大学付属浦安高等学校、 二松學舎大学附属高等学校、 東京都立大田桜台高等学校、 湘南工科大学附属高等学校、 山梨県立ひばりが丘高等学校、 長野県中野立志舘高等学校、 中京学院大学附属中京高等学校

出場校5
フォートナイト出場校つづき
岐阜県立加納高等学校、鹿島朝日高等学校 岐阜県立揖斐高等学校、三重高等学校、 愛知県立一宮北高等学校、 愛知県立岡崎工業高等学校、 愛知県立豊川工業高等学校、 京都市立紫野高等学校、京都翔英高等学校、 ルネサンス大阪高等学校(2チーム出場)、 大阪府立みどり清朋高等学校、 大阪スクールオブミュージック高等専修学校

出場校6
フォートナイト出場校つづき
兵庫県立三田祥雲館高等学校、 奈良県立奈良朱雀高等学校、 和歌山県立紀央館高等学校、 星槎国際高等学校福岡東学習センター、 長崎県立長崎工業高等学校、 熊本高等専門学校、 学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校 (5チーム出場)

 

視聴者評価

 
全国高校生eスポーツ選手権(甲子園)では、日本においてのゲームの競技になっています。そして今回は高校生だけでの参加になっています。

これはゲームをスポーツ選手のように対決する旨になっているので、実際にしている人にとってはスポーツ選手と同じくらいに神経な勝負になっているのではないかと思います。

今回のゲームにおいては、

第2回大会も、「ロケットリーグ」と「リーグ・オブ・レジェンド」の2つのタイトルで開催します。

こちらのゲートに関してかなりの人気のあるゲームになっており、世界においてもかなりの知名度のあるゲームになっています。

こちらの大会を日本において開催する理由に関しては、eスポーツを日本の新しい文化にしたい”という想いによって誕生した「全国高校eスポーツ選手権」になっています。

第1回大会は全国から153チームが出場しており、数々の熱戦を繰り広げました。

今回は前回以上において規模の大きい大会になるのではないでしょうか。

これはかなり期待できる大会になるかと思います。

ロケットリーグ部門とリーグ・オブ・レジェンド部門に今回も分かれているので、白熱のあるゲームバトルが第二回大会においても繰り広げられるのではないでしょうか。

これは非常に楽しみです。

 

まとめ

 

この大会は高校生の大会なんで賞金はないでしょうがゲームで賞金が貰える時代になってきて時代も変わったなと思います本当に。ただ良い傾向だと個人的には思います。

体育会系の人間は野球部なら甲子園、サッカー部なら国立競技場を目指すなどありますし他のスポーツ競技も目指す大会、目標があると思います。

ただ今回の大会に出るゲーム好きな人たちにとって大会、目標は過去には無かったと思います。

まああったかも知れないですがここまで有名でメディアが取り上げる全国大会レベルはなかったかなと思います。

友達と遊んで楽しかった、面白かっただけで自己満足だけでやっていただけなのが、かっこ良くいうと青春みたいな感じになれてeスポーツ選手権というのは良い大会が出来たなと思います。

第1回大会のリーグオブレジェンド部門をユーチューブで見たんですが5対5で対戦していてゲームという概念を超えた本気の勝負ですね。

実況解説も真剣に戦い方、状況を説明していてeスポーツと言われるのがわかります。5人の団体勝負なんでやはりチームワークも大事だろうし、戦略、練習など団体競技と同じだなと思いました。

凄い盛り上がりもあり、時代の変化を受け止めながら白熱した勝負を見させてもらいました。面白かったです。

最近の小学生が将来について考えるときに、なにになりたいかの選択肢のなかにもスポーツ選手があったかと思いますが、今ではe-Sportsも立派なスポーツであり、その仲間いりをして、子どもには自然に受けいれられ、目指すものになってきています。いろいろな企業が参加しておりますのでスポンサーもたくさんいますし、大会もいろいろなところで開催されています。

大きなショッピングモールの中でされるものや、ゲームセンターや、規模が小さいステージから大きなところまで、全国大会までのぼりつめた猛者たちが集うというのはかなりの魅力的なものです。

そして、幕張メッセなどの何万人も入るおおきな会場でたくさんのゲームの大会がもよおられているので、それだけ注目度もかなりたかく集まっています。

甲子園なのでかなりよいパフォーマンスがみられると思いますし、時間と制作費がふんだんにかけて作られた贅沢感があります。

戦いも選手それぞれの意識が反映されており、ゲームの組み立ての方法などが細部までこだわりがあり、見ているほうがはらはらして緊張感がありました。

いろいろな見方ができると思いますし将来性のあるこの競技を通してより具体的なこの世界を知りたいと思わされるようなつくりになっているなと思います。
 

全国高校eスポーツ選手権[甲子園]動画2019年第2回9月1日無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー)でみれないときは

下記で

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国高校eスポーツ選手権[甲子園]動画2019年第2回9月1日無料視聴