スポーツ

全国高校eスポーツ選手権/見逃し配信/動画/再放送2019年第2回9月1日無料視聴

全国高校eスポーツ選手権見逃し配信2019年第2回9月1日無料視聴再放送

 

2019年9月1日21時54分からテレビ東京で放送されます『高校生ぃぃeeeee!STAGE:0eスポーツ甲子園 全国1475校!高校日本一は(全国高校eスポーツ選手権[甲子園])動画2019年第2回9月1日を無料視聴できるURLと視聴者評価をまとめています。

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国高校eスポーツ選手権[甲子園]動画2019年第2回9月1日無料視聴
 

全国高校eスポーツ選手権[甲子園] 2019年第2回9月1日動画/番組内容

 

eスポーツというのは最近広まった言葉で、ゲームでの戦いをまるでスポーツのように見立て、優勝者を決めたりみんなでそれを観戦して楽しむことを言います。

一昔前ではゲームをスポーツにするなんていうことは考えられなかったですが、世界中で大会が行われるほど大きくなっていることから、eスポーツは立派な文化として発展を遂げていることが分かると思います。

今回の高校生eスポーツ選手権も、未来のプロゲーマー達が競い合い、切磋琢磨していく様子が見られそうで楽しみです。

プロゲーマーとしてデビューをしたら会社がスポンサーにつき、ゲームをしながらお金を貰えるということで今では中学生や高校生からプロゲーマーの道へ進もうとする人もいるそうです。

最近小学生のなりたい職業ランキング1位にYoutuberがランクインしたように、これから時代の発展と共にプロゲーマーを仕事にしたいという子供がたくさん増えてくるのではないかと予想しています。

そしてこの高校生eスポーツ選手権ではそんな子供たちに希望を与えるような大会になってほしいと願っています。そしてプロゲーマーが増えれば日本でのゲーム供給率も上がり、どんどんエンターテイメントの可能性が広がっていくと思います。

 

高校生ぃぃeeeee!STAGE:0eスポーツ甲子園 キャスト

 

大会アンバサダー
田中卓志(アンガールズ)、池田美優

STAGE:0スペシャルサポーター
アルコ&ピース(平子祐希、酒井健太)

STAGE:0応援マネージャー
日向坂46(金村美玖、富田鈴花、渡邉美穂、丹生明里、松田好花、佐々木久美)

司会進行
鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)、田口尚平(テレビ東京アナウンサー)

解説者
ドズル、きおきお、岸大河、リテイルローのおじさん、ねこ

フォートナイトスペシャル解説者
ELLY/CrazyBoy(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)

ここ数年で広げようとしているeスポーツ。

これはそのeスポーツを文化にしようとする想いから生まれた高校生による選手権です。

記念すべき第1回では153チームも出場みたいです!

今年は第2回。ロケットリーグとリーグ・オブ・レジェンドという二つのリーグを開催するようです。

ロケットリーグ部門は3対3で行われて2ゲーム先取のオンライン予選大会に準決勝と決勝戦はオフラインで会場で戦うみたいです。

どちらも3ゲーム先取で勝利です。

対象ゲームはバトルカーを使ってサッカーをするゲームです。eゲーム初心者やわからない人でもわかりやすいゲームなので視聴者も取っ付きやすいとされています。サッカーやフットサルと似ているのでチームワークは必須でしょう。

リーグ・オブ・レジェンド部門は5対5になります。

尚こちらはコーチも付ける事ができるようですが何を指示したりするんでしょうか気になりますね。

こちらの部門は予選と準決勝が1発勝負、決勝は2ゲーム先取というルールです。競うゲームはリーグ・オブ・レジェンドのようです。

141体もいるキャラの中から1体ずつ選択して5人が一丸となってタワーを破壊しながら相手のネクサスと呼ばれる本拠地を攻略していくという頭を使うゲームなだけに見どころ満載でしょう

進軍エリアも大きく分けて3つあるようで、心理戦も要求されるかもしれません。高校生の熱き戦いは何が起きるかわからないので楽しみですね! 

視聴者評価

 
全国高校生eスポーツ選手権(甲子園)では、日本においてのゲームの競技になっています。そして今回は高校生だけでの参加になっています。

これはゲームをスポーツ選手のように対決する旨になっているので、実際にしている人にとってはスポーツ選手と同じくらいに神経な勝負になっているのではないかと思います。

今回のゲームにおいては、第2回大会も、「ロケットリーグ」と「リーグ・オブ・レジェンド」の2つのタイトルで開催します。

こちらのゲートに関してかなりの人気のあるゲームになっており、世界においてもかなりの知名度のあるゲームになっています。

こちらの大会を日本において開催する理由に関しては、eスポーツを日本の新しい文化にしたい”という想いによって誕生した「全国高校eスポーツ選手権」になっています。

第1回大会は全国から153チームが出場しており、数々の熱戦を繰り広げました。今回は前回以上において規模の大きい大会になるのではないでしょうか。

これはかなり期待できる大会になるかと思います。

ロケットリーグ部門とリーグ・オブ・レジェンド部門に今回も分かれているので、白熱のあるゲームバトルが第二回大会においても繰り広げられるのではないでしょうか。

これは非常に楽しみです。

『全国高校生eスポーツ選手権』。

今回で第2回の開催だそうですが、「eスポーツ」という言葉を聞く機会が日増しに増えていますね。正式にはエレクトロニック・スポーツ(electronicsports)と言い、略してeスポーツで、電子競技と言い換えられることもあるそうです。

基本的には、コンピューターゲームの競い合いなのですが、海外では多額の賞金が賭けられた大会が大いに盛り上がり、巨大な会場を埋め尽くすような観客がいることにも驚かされます。

日本は、海外に比べるとeスポーツの普及が遅れている感が強かったのですが、近年急速に注目が高まっていると言っていいでしょう。

そのような状況下で、eスポーツに関する高校生の大会が開かれるようになったのは必然だったと思います。

元々コンピューターゲームと言えば、少年少女の世代が熱中するものだったという印象も強いです。実際に身体を動かして運動を行う競技の関係者からは、eスポーツをスポーツとして認めることに抵抗があるとの主張も聞かれるのですが、今の世界的な流れは抗いようがないでしょうね。

日本からもeスポーツで世界を舞台に戦える選手を輩出するには、この高校生の大会のように、若い人材が活躍できる舞台を整備することが大切だと思います。

 

まとめ

 

ようやく日本でも認知され始めたeスポーツ。

プロ資格も出来るなど今注目されているイベントのひとつです。ルールや使用されるゲームが様々でよく分からない人には未だ興味が薄いかと思いますが、将来的にはもっと大掛かりなるでしょう。

数あるe-スポーツ大会で今後期待されるのが高校生eスポーツ選手権ではないでしょうか。

まだ始まったばかりで今回が2回目となる大会ですが白熱の対戦が配信で見られるなど今までには無い試みが多く見られます。

使用されるゲームは「ロケットリーグ」と「リーグ・オブ・レジェンド」の2つのタイトル。

どちらもチーム戦のため複数のメンバーの協力が不可欠です。

かつてゲームは一人でするもと思われていましたが、技術の発達でオンラインでも知らない人同士が協力してプレイするゲームが多く開発されています。

その中でも注目タイトルが大会用のゲームとして選ばれたので見ているだけでもかなり面白いことでしょう。

高校選手権ですから当然同じ学校の生徒同士がチームを組むことになります。

大会のために練習しその成果を発揮しようとするのは他の一般的な部活の大会となんら変わりはありません。

好成績をあげれば学校内でも注目される存在になるでしょう。

予選をオンラインでどこでも誰でも参加が可能となっています。

予選や決勝の手に汗握る戦いが動画でどこにいても見られるのも時代の変化といえるでしょう。

最近の小学生が将来について考えるときに、なにになりたいかの選択肢のなかにもスポーツ選手があったかと思いますが、今ではe-Sportsも立派なスポーツであり、その仲間いりをして、子どもには自然に受けいれられ、目指すものになってきています。

いろいろな企業が参加しておりますのでスポンサーもたくさんいますし、大会もいろいろなところで開催されています。

大きなショッピングモールの中でされるものや、ゲームセンターや、規模が小さいステージから大きなところまで、全国大会までのぼりつめた猛者たちが集うというのはかなりの魅力的なものです。

そして、幕張メッセなどの何万人も入るおおきな会場でたくさんのゲームの大会がもよおられているので、それだけ注目度もかなりたかく集まっています。

甲子園なのでかなりよいパフォーマンスがみられると思いますし、時間と制作費がふんだんにかけて作られた贅沢感があります。

戦いも選手それぞれの意識が反映されており、ゲームの組み立ての方法などが細部までこだわりがあり、見ているほうがはらはらして緊張感がありました。

いろいろな見方ができると思いますし将来性のあるこの競技を通してより具体的なこの世界を知りたいと思わされるようなつくりになっているなと思います。
 

総評

「全国高校生eスポーツ選手権(甲子園)」では、高校生らによるeスポーツの対決が観られる番組となっています。eスポーツというのは、ビデオゲーム、コンピューターゲームによる対戦のことで、スポーツと呼べる要素は一見するとありません。

しかし、日ごろの練習とか、本番での熱気あふれる試合などを観ると、スポーツそのままだなと思う人は多くいるのです。

しかも、人によってはスポンサーがついたりして、プロのゲーマーというのも存在し、プロのスポーツ選手さながらの扱いを受けることもあります。

したがって、eスポーツは完全にスポーツのような雰囲気を帯びており、今後さらに注目される可能性が高いでしょう。オリンピックの競技になるのではないか?という話もあり、eスポーツは世界的に注目されている競技になります。

そのeスポーツの高校生らによる全国大会ということになるので、非常に見ごたえがあるでしょう。ゲームは子供の頃に少なからずやってきた人たちばかりでしょうから、全く興味がないという人は少ないと思います。

かなりレベルの高い人たちの技を観ることで、ゲームというスポーツに対する見方が変わる可能性があるでしょう。自分たちの知らない世界を観る瞬間もあると思いますが、彼らが熱中する理由がよく分かるのではないか?と思いますし、eスポーツとは何か?というのが理解できるはずなので、そこが見どころになると言えます。

1. まずeスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ(ElectronicSports)」の略で、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称を指す。

電子機器を使う娯楽や競技、スポーツなどのことです。海外では、大きな規模の大会になると、1万人を超える観客が大きな会場を埋め尽くし、選手の一挙手一投足に熱狂する。その様子は、さながらプロスポーツ大会のようです。

行政関係でもeスポーツを利用して地域活性化につなげたいという動きもあるようです。

全国高校生eスポーツ選手権はeスポーツを新しい文化にしたいとのことではじまったようです。第1回大会は全国から153チームが出場して熱戦が繰り広げられました。

第2回は「ロケットリーグ」と「リーグ・オブ・レジェンド」の2つのタイトルで開催します。

ロケットリーグの説明をしますと、プレイヤーはジャンプや飛行が可能な「バトルカー」を操作してサッカーを行う。相手ゴールにボールを入れると1点を獲得し、制限時間内により多くの得点を獲得したチームの勝利となるそうです。

乗り物に乗って相手ゴールにボールを入れるのはリアルの競技ではいまだにできないことだとおもいます、仮想現実空間だからこそ楽しめることでしょう。

eスポーツを体験したことありませんが、スポーツというのは見る楽しみもあるので、機会があればぜひ見たいと私は思っています。

全国高校eスポーツ選手権[甲子園]動画2019年第2回9月1日無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー)でみれないときは

下記で

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全国高校eスポーツ選手権[甲子園]動画2019年第2回9月1日無料視聴