バラエティ倉庫

100分de名著 大江健三郎 見逃し配信 動画 9月2日 第1回無料視聴/見逃し配信/再放送

100分de名著/大江健三郎/動画/9月2日無料視聴/見逃し配信/再放送

 

2019年9月2日22時25分からEテレで『100分de名著 大江健三郎“燃えあがる緑の木”1▽“四国の森”と神話の力』が放送されます

 
当記事では
100分de名著/大江健三郎/の9月1日放送分の無料視聴動画のURL紹介や

視聴者の評価などをまとめています。

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

100分de名著/大江健三郎/動画/9月2日
 

100分de名著/大江健三郎/ /9月2日動画 /番組内容

 

「燃えあがる緑の木」は、一人の「救い主」の誕生と「教会」創生の物語である。舞台は大江の故郷でもある「四国の谷の森」。

主人公・隆は、さまざまな挫折を経て「魂のことをしたい」と願うようになり谷へ向かう。
そこで古くからの伝承を語り継ぐ「オーバー」という長老に出会い、かつてこの村のリーダーだった「ギー兄さん」の後継者に指名される。

第1回は、小説に込められた「神話の力」や「辺境の意味」を読み解いていく。

 

100分de名著 キャスト

 

講師
芥川賞受賞作家/早稲田大学教授…小野正嗣,
司会
伊集院光,安部みちこ,
朗読
寺島しのぶ,
語り
加藤有生子

 

視聴者の評価

 

みどころ

大江健三郎著の燃えあがる緑の木です。

四国の森と神話の力ですが、四国には秘境が沢山存在します。作っているのは木で増えると森になります。

四国の人達は知っていますが、四国に行った事のない人達は知らないと思います。

山は有名ですがその下に秘境があります。

山には木で下には秘境で鍾乳洞が多いのです。

神話は宗教に間違えられる事がおおいです。

宗教にしてしまうと争い事が増えるので、燃えあがるを使っていますが緑の木でまとめました。

人間のあり方等を書いていますので面白いと思います。

秘境の鍾乳洞には新鮮な水があるので、それこそが神話になります。時をかけて自然が作り出した物で自然の力でもあります。

その事を説明してくれるテレビですから、生態系を大事にしておきましょうと言うと思います。

小説の舞台は四国で大江さんの故郷になりますから詳しいのです。

秘境巡りをしたくなるテレビですが、なかなか出来ないのでしてくれます。神話の世界何を信じるのかが深い作品です。表紙に山があり木そして湖がありますから、読み解いてほしいです。

何かをめぐっては争い事が絶えない、何をめぐって争っているのか協会があれば争わなくていいのです。

神話と神秘を作り出している自然で山と木に必要な物は地下水です。

大事な所をまとめて説明してくれます。

戦後のお話ですから大切な事を現代に伝えてくれています。

あらすじ

『100分de名著』は、NHKがさまざまな名著を25分を4回、つまり100分で読み解く番組です。ごく短い短編なら話は別ですが、普通の本を100分で読み切るのは不可能です。

しかも、読んだからといって、その本を正確に理解することがてきるとはかぎりません。

この番組は、伊集院光の案内で、名著の成立した背景、名著の内容などを探ってくれます。

今回はノーベル文学賞受賞者である大江健三郎の「燃え上がる緑の木」がテーマです。

大江健三郎は、四国の田舎の出身で、フランス文学者を目指して上京したことはよく知られています。

結局フランス文学者への道は諦めて、ノーベル賞作家への道を歩くことになるのですが、この作品は、大江健三郎の故郷である四国の森が舞台になっています。

いえ、作品の舞台というよりは、四国の深い神秘的な森が作品そのものと解釈する方がいいでしょう。

主人公は、深い森を守るオーバーという人から、その役目を引き継ぐということですから、森の守り人、いや、森の神になるということになります。

この番組では、この作品をどのように読み解き、どのように視聴者に伝えてくれるのでしょうか。

テレビですから、作品の朗読に加えて、四国の神秘的な森の映像が映し出されるでしょう。
言葉の一つ一つとその映像がどのように見えてくるのか、一人で本を読むよりずっとワクワクします。
 

まとめ

 

人気番組であるこちらの『100分de名著』は多くの人たちが見ている傾向である、ためになる情報とか様々な知識を覚えることができたりする番組であり、9月2日に放送される回では「大江健三郎“燃えあがる緑の木”

▽“四国の森”と神話の力」がタイトルとなっているため、気になるところであります。

生前の大江健三郎が作った「最後の小説」と位置付けられた集大成ともいうべき作品をゲストのプレゼンターが、作品を読みつつ、多くの人たちにわかりやすいように説明を交えつつ、アニメーションや紙芝居、コントなどなど、あの手この手の演出を駆使して奥深い“名著”の世界に迫るため、思わず見入ってしまうこと間違いなしであります。

偉大な先人の教えから、困難な時代を生き延びるためのヒントを探ることができ、新たな発見とかもできそうなので、これは期待したいと思っています。

9月2日に放送される第一回としては作品の執筆背景にも触れながら、小説に込められた「神話の力」や「辺境の意味」を読み解いていくようになっているため、見ている人たちを作品の世界に導いてくれそうであります。

作家の小野正嗣さんの力作であり「最後の小説」でもあるこの作品は多くの人に知ってほしいと思います。

違法動画は危険

 

違法動画あるいは違法ぎりぎりの動画は今現在の社会では悪影響を及ぼしています。

どんなことで悪影響を及ぼしているかというと、例えば動物にいたわる気持ちがない人がいます。

面白がって小さな水槽に大きな魚を入れてそれを動画にしている人がいました。

確かに入れている方は若干面白い人もいるかもしれませんが、魚にとっては水槽は水がないと泳げないし、はみ出しているほど水槽が大きいと動くことも出来ません。

問題は他にもあります。コンビニのアイスボックスで遊んでいる人もいます。

以前動画が流れていたことがありましたが、最近ではこうした人の気持ちや場をわきまえない自分勝手な動画がよく流れています。

当然見ている方は面白くもないし、人によっては違法動画を見て真似をしてしまう人もいます。

今まで違法動画というと認められていないアニメやウイルス感染などの問題もありましたが、最近はこうした悲しい動画が多く感じます。

今社会は場をわきまえない自動車運転や問題を起こしている人がいますが、一部はこういう動画も流行り出していることからいいことと悪いことの区別が分からない人や知らない人が増えています。

今まで真面目に生きてきた人に対しても悪影響を及ぼしています。

100分de名著/大江健三郎/動画/9月1日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれません

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

100分de名著/大江健三郎/動画/見逃し配信9月2日