ドラマ

警視庁強行犯係 樋口顕 聖域/見逃し配信/動画/9月2日2019年無料視聴再放送

聖域 警視庁強行犯係 樋口顕 /見逃し配信/動画/9月2日2019年無料視聴再放送
 

につての記事です

2019年9月2日20時からテレビ東京で『今野敏サスペンス「聖域 警視庁強行犯係・樋口顕」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

聖域警視庁強行犯係樋口顕/見逃し配信/動画/9月2日2019年無料視聴再放送
 

聖域警視庁強行犯係樋口顕/見逃し配信/動画/9月2日2019年無料視聴再放送番組内容

 

少年院に送致中の原田達也(葵揚)が脱走し、少年課の氏家譲(佐野史郎)が原田を追っていると、偶然6歳の少年・井沢祐基に遭遇。少年の母親・叔江(中島亜梨沙)の遺体を発見する。警視庁強行犯係の樋口顕(内藤剛志)も現場に駆け付け、警察は原田が犯人ではないかとにらむが…。一方で、樋口は叔江の夫で祐基の父・則之(高橋和也)の言動に違和感を抱く。

アリバイの無い「空白の2時間30分」があったのだ…。自分に疑いの目が向けられていることを感じた則之は、妻が結婚前に勤務していた弁護士事務所の黒崎雅夫(宅間孝行)に自身の弁護を依頼。 一方、被害者の通話記録を調べると公衆電話から毎月2回ほど通話履歴が。叔江には不倫相手がいたのではとの疑惑が浮上する。

そして警察は祖父・勝治の家に身を潜めていた原田の身柄を確保。しかし原田は殺しを否定。その後、荒らされた家の中から勝治の他殺死体も発見される…。

いぶし銀の渋い芝居が魅力の内藤剛さん主演。また周りには佐野史郎さんや川上麻衣子さん矢田亜希子さんなど錚々たる面々が出演しているのが期待できます。

(確か以前も内藤さんが樋口顕を演じていたと思います)ストーリーの展開として、最初の叔江の遺体発見から少年院に送致中の原田達也が疑われる所から、叔江の夫・則之に疑いが変わります。

そこで則之のアリバイの無い「空白の2時間30分」というのが今回のキーポイントになりそうな事が。やはり刑事物の「アリバイが無い」という事には視聴者としてはドキドキが増してきます。 

そこから更に話が広がり、叔江の携帯電話の通信記録に2回残っている謎の公衆電話。不倫への疑いと話は急展開を感じます。

それは浮気なのかまたは事件に関する何かの連絡なのか?ここで、最初に疑われた原田達也が再び注目されてきます。

原田達也の祖父・勝治の所に身を寄せていたのだが、そこで荒らされた部屋から勝治が他殺死体で発見されるとなると、原田達也に再度疑いがかけられるのは必須ですね。

犯人は原田なのか、則之なのか。はたまた叔江の不倫が関係しているのか。これだけの多数の事件を同時に見て行くと犯人は誰だ。同一犯の事件なのか、別の事件なのか。

等と色々な想像を掻き立てられます。放送時間は2時間弱ですがあっという間に感じる様なドラマだと思います。
 

警視庁強行犯係・樋口顕 キャスト

 

樋口顕…内藤剛志 氏家譲…佐野史郎 樋口恵子…川上麻衣子 樋口照美…逢沢りな 藤本由美…片山萌美 天童隆一…榎木孝明 遠藤貴子…矢田亜希子 井沢則之…高橋和也

黒崎雅夫…宅間孝行 菊池和馬…佐野岳 黒崎志桜里…高橋由美子 井沢叔江…中島亜梨沙 中田裕之…小松利昌 関修志…大高洋夫 小林英昭…内野謙太 原田達也…葵揚 原田勝治…不破万作 丸山清…吉岡睦雄

顔を知っている役者さんが多数出るだけでも魅力的でワクワクするものですが、その上見てみたいとかお気に入りのという言葉がプラスされると本当にワクワクするものです。

主役の内藤さんは刑事役も多く安定した安心感もありますし、男性陣は全体的に落ち着いたとかいぶし銀とかベテランというように安心して見ていられるのが魅力に映りました。

そのベテラン勢に混じり若い世代の佐野岳さんがどういう存在なのか、目力も非常にありますしほんの少しの出演だとしてもとても印象に残ると思いますので彼にも注目したいです。

女性陣は逆に若手から中堅どころが多いという印象で、中でも片岡萌美さんはあるドラマで見て以来もう1度ずっとまた見てみたいと思っていたので漸く念願叶うという感じで嬉しいですし、このドラマではどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

もう一人女性陣で気になるのが矢田亜希子さんで、あまり2時間ものの刑事ドラマに出ているイメージがありませんので、新鮮に思えますしあらすじにはどういう役なのか書かれていないのでどんな役で出演してドラマでどのようなカギを握るのかも楽しみです。ストーリーで1番目が行ったのがアリバイのない2時間半の空白です。

2時間半と言えばかなりの長い時間ですしその長い時間においてアリバイが無いというのは大変不利な状況でもあると思いますのでその2時間半に何があったのか非常に気になりますし、事件の行方を大きく左右される2時間半とも思いますのでそこには大いに注目したいです。

個人的に大変注目しているのが女性キャストです。

まずは矢田亜希子さん。清純派から一転押尾学さんと結婚したりとなかなか破天荒な印象でしたが、近年は改めて女優として活躍中。

やっぱりとてもお綺麗なので、彼女が出ていると画面に華があります。最近はコストコ大好き女優としても人気ですよね。

今回の演技にも期待しています。そして逢沢りなさん。当時CMで初めて彼女を見た時にその可愛らしさに驚きました。

というか、矢田亜希子さんと逢沢りなさんが出演するって顔面偏差値がすごく高いですよね。綺麗どころな若手女優を集めた作品ではなく、あくまで内藤剛志さんが主役のサスペンスドラマなのに美人さんがいっぱいです。

川上麻衣子さんもこう言っては失礼ですがなかなか年齢のわからない方。いつ見てもお綺麗ですし、知的な雰囲気がとても好きです。他にも片山萌美さん、中島亜梨沙さんなど美人ばかり。

こちらの作品は非常に人気のあるシリーズで、今は内藤剛志さんが主演ですが以前は鹿賀丈史さんや緒形直人さんら実力派の俳優さんが主演を務めていました。

ストーリーも重厚ですし人間の心情描写も繊細で面白いです。そんな作品に美女がたくさん登場するとなると、やはり雰囲気も華やかで良いですね。

 

みんなの感想

 

あらすじ

今回の物語では脱走した少年、そして殺された主婦なの全く接点のない関係のはずが事件を追うことによってその1つが絡み合う事件になっています。

今回の注目ポイントになっているのは「空白の2時間30分」であり、この空白の時間こそが隠された父と子の秘密になっているのではないかと思います。

ドラマのあらすじは、少年院に送致中であった原田達也(葵揚)が脱走することによって物語が動き始めるのでした。

少年課である氏家譲(佐野史郎)が原田を追っていると、偶然にも6歳の少年である井沢祐基に遭遇するのでした。

しかしながらこの少年の母親である叔江(中島亜梨沙)の遺体を発見してしまいます。

警視庁強行犯係の樋口顕(内藤剛志)も現場に駆け付けて、警察ではこの事件の犯人は原田ではないかとにらむのですが、一体この事件の真相はなんなのでしょうか。

そして犯人の目的は果たしてどうなのかかなり気になる内容のサスペンスドラマになっているのではないかと思います。

人気シリーズの最新作であり、期待度も高いサスペンスドラマではないでしょうか。

「今野敏サスペンス聖域警視庁強行犯係・樋口顕」では、ある殺人事件の真相を描いているのですが、アリバイのない空白の時間というのがかかわってきます。

少年院に送致をする段階で、ある人物が逃走を図り、その人物を追っている中で、ある殺人事件が発生することになります。

当然ながら、その逃げだした人物が殺したのではないか?と、当初は疑われてしまうのですが、その後いろいろな人間が登場し、事態は複雑な状況になっていきます。

その中で出てくるのがアリバイのない空白の時間であり、これが事件の捜査に大きくかかわってくることになります。

こういった殺人事件を扱うドラマでは、当然アリバイが重要な要素となり、それによって犯人を絞り込んでいく過程がよく描かれています。

犯行時刻のアリバイがないからといって犯人であると断言はできませんが、疑われる理由にはなってしまうのでしょう。

少年院の送致の際に逃げ出した人物なども含めて、容疑者が何人か出てくる中で一体誰が犯人なのか?最終的に何を決め手にして犯人を絞り込むのか?そこがこのドラマの見どころですし、事件解決に至るまでにおける視聴者を楽しませてくれる最大のポイントになるのではないか?と思うのです。

原作の魅力について

警視庁強行犯係・樋口顕とは、今野敏さんの小説を原作にしたドラマ化になっており、樋口顕の性格とキャラクター性が見どころの作品になっているところでもあります。彼の警察としての洞察力や推理力はかなり高く、そして事件の真実を追求することに掛けては一切の妥協を許さないキャラクター性でもあります。

しかも無理やりに犯人に事件の真相などを喋らせるのではなくて、その相手から話をさせるというやり方で取り調べをするところも彼のスタイルではないでしょうか。

ですがその理由があるように基本的に他人の事を信用しておらず、以外と嫉妬深いところもあるのも彼の人間性ではないでしょうか。

今回の物語は、脱走した少年が突然として現れて、殺された主婦などが色々な理由によって絡み合う事件が今回は展開されています。

その中でも一番のキーワードになっているのが「空白の2時間30分」に隠された父と子の秘密ではないでしょうか。

今回は果たしてどんな事件が樋口顕に待っているのでしょうか。

しかしながらこの事件も樋口顕は解決してくれるでしょう。
 

シリーズ傑作

「樋口顕」シリーズ!脱走した少年、殺された主婦…絡み合う事件のおもしろそうなところは、2つの遺体から導き出される結末が気になりますね。

内藤剛志さん演じる”樋口顕”かっこいいなぁ。

余談ですが、刑事役の内藤さん、渋くて良いですね。今回の事件は、少年院に送られるはずの少年、原田達也が脱走したことから話が展開していくのですが、何故逃げたんでしょうね。何かしら理由があるんでしょうけど…。

原田を追っていた氏家譲と井沢祐基少年との遭遇は物語の展開に必須な気がします。よく氏家さんが良い情報を流してくれるから、その手がかりに繋がる出会いとなるのかな…と。

1つ目の遺体、井沢祐基の母が亡くなった原因と犯人と思われる人のアリバイの無い時間も気になります。

2時間30分という限られた時間で、何が起きたのか?もしくは、何をしたのか。アリバイの無い空白の時間の謎を解く鍵となるのは、誰なのか。樋口さんがどう詰めていくのか楽しみです。

疑問を持ったらそこから掘り下げて調べあげていく。見えない糸を手繰り寄せるような捜査は、見ていてなんともおもしろいです。

実際に殺される…なんて不愉快な気持ちになりますが、サスペンスドラマは事件の真相を調べて、見極めるところがとてもおもしろく思います。2つの遺体にどんな理由が隠されているのか気になるところです。

最新作シリーズ

大人気シリーズの最新作。今回は色々な事件が絡み合い、より一層複雑かつ面白そうな話になっています。

物語のきっかけとなるのは、ある少年の脱走から。少年院に送致する最中だった少年が脱走してしまうのですが、これを追うのが佐野史郎さん演じる少年課の氏家譲。

しかし、追っている最中に今度は6歳の小さな男の子と遭遇します。そして、なんと少年の母親の遺体を発見してしまうのです。

そこに登場したのが主人公であり、内藤剛志さん演じる樋口顕。氏家譲は少年課ですが、こちらはタイトル通り警視庁の強行犯係です。強行犯係とは、殺人や法科、強盗など凶悪事件の捜査を担当する係ですね。逃走中の少年が犯人ではないかと考えるのですが、その一方で被害者の夫が発する言動に不審な点が。

さらには被害者の携帯の通話履歴を調べると、月に2回公衆電話からの連絡がありました。非通知だと目立ってしまいますし、普通の番号だとなにかのきっかけからバレてしまうかもしれません。

そのため、この公衆電話からの電話というのは、被害者が不倫をしていた可能性も考えられます。少年院送致中に脱走されるというとんでもない事件から殺人へ。

そして、殺人の内容も妙に怪しいことばかり。この絡み合う時間がどのように解決していくのか期待です。

みどころ

『今野敏サスペンス聖域警視庁強行犯係・樋口顕』は今野敏原作の人気警察ドラマとなっていて、これは楽しみにしている番組であり、内藤剛志さんが主演を演じるので迫力ある演技とちょっとしたアクションとかもありそうなのでこれは期待したいと思っています。

今回は警察署から脱走した少年と殺された主婦が何かしらの関係を持っていて、それにとりまく環境や人間関係に色々と疑問を持った主人公が捜査のメスを入れることになりそうですが、ここでもハラハラ・ドキドキしそうな展開とかまさかのアクシデントとかもありそうであるため、見ごたえがありそうです。

今野敏さんの警察ドラマは主人公に何かしらのアクシデントとかトラブルとかに巻き込まれたりすることもあったりするため、手に汗握るシチュエーションとかもありそうな予感がします。

そして、事件に関わる手がかりの一つである「空白の2時間30分」に隠された父と子の秘密を暴くためにも命をかえりみずに主人公がそういった場所に入っていきそうであるため楽しみであります。

解説放送もあったりするため、みている人たちが理解しやすくわかりやすいように説明してくれそうであるため、こちらも一緒に謎解きをしていけそうであります。

脱走した少年と殺された主婦が何かしらの関係をもつ事件が発生し「空白の2時間30分」に隠された父と子の秘密を暴くために刑事としての誇りを胸に主人公が翻弄する作品となっているため、これは色々と楽しみであります。

謎の事件が発生したため主人公を含む仲間の刑事や警察官たちは頭を抱えることになってしまい、脱走した少年の確保もしないといけないことになり、その脱走した少年と謎の死を遂げている主婦にも何かしらの関係があったりするため、それもふまえて事件の捜査をしないといけなくなってしまったのであります。

今野敏さんの作品であるため、解説放送があったりするのでわかりやすいように放映してくれるため、これは見ている人たちも一緒に謎をといていかないといけないということです。

主人公に内藤剛志さんを起用したのもまたいい感じであり、周囲を固めるキャスト陣も豪華であったりするため、これは放送日が楽しみであり、果たして主人公は無事に事件を解決することができるのか乞うご期待となっています。

まとめ

 

内藤剛志さんが主演を演じる、「樋口顕」シリーズの聖域警視庁強行犯係・樋口顕が9月2日月曜日に放送されます。あらすじは、少年課の氏家譲は少年院に輸送する途中に脱走した原田達也を追っています。

すると、偶然6歳の井沢祐基と遭遇します。そして少年の母親の遺体を発見してしまいます。

樋口顕も現場に駆け付け、警察は原田が犯人でないかと考えます。しかし、樋口は祐基の父・則之の言動に違和感を抱きます。

それは、アリバイのない空白の2時間30分があったのです。自分が疑われていると感じた則之は、妻の以前の勤務先である護士事務所の黒崎雅夫に自身の弁護を依頼します。

一方で、被害者も通話記録を調べていると、公衆電話から毎月2回ほど電話がかかっていたことが判明します。それにより、叔江には不倫相手がいたのではとの疑惑が浮上する。

そして警察は祖父・勝治の家に潜んでいた原田の身柄を確保しますが、原田は殺しを否定します。その後、荒らされた家の中から勝治の他殺死体も発見されてしまいます。

原田は本当に殺しをしていないのか、またほかに犯人がいるのか、気になります。

空白の2時間30分と公衆電話からの着信がどのように事件と絡んでくるのか楽しみです。

総括

今、世間でも捕まった犯人が脱走するなど、ニュースでよく見かける気がします。

今回このドラマでは、犯人が脱走中にさらに事件が起きて、犯人ではないかと疑われてしまいます。

しかし、殺された女性の夫も怪しいという展開に、読んでいるだけで、ハラハラドキドキします。

しかし、この夫も弁護士を頼んで調べてもらうみたいなので、殺人犯ではないのか?通話記録の相手は誰なのか?殺された女性は、本当に不倫していたのか?夫婦関係に何かあったのか?不倫相手との間に何かあって、殺されてしまったのか?気になるところがいっぱいです。

さらに、逃走中の原田は、隠れていたお祖父さんの家で、お祖父さんが亡くなっているのが発見されるという展開にも、またまた衝撃的を受けました。

お祖父さんの家に隠れていた理由は何なのか、なぜ捕まったのか、わざと捕まったのか、原田が殺してしまったのか、そもそもなんで逃走していたのか、逃げ続けていた理由は何なのか、原田については謎が多いところが多いと感じ、気になります。出演される俳優さんも、ベテランの方ばかりで、豪華だと思いました。今回一番気になる原田役を演じる葵揚さんは、初めて見る方なので、楽しみです。

 
聖域警視庁強行犯係樋口顕/見逃し配信/動画/9月2日2019年 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)ではみれません

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

聖域警視庁強行犯係樋口顕/見逃し配信/動画/9月2日2019年無料視聴再放送